アルメニアの映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルメニアの映画の歴史は、1923年4月16日にアルメニア政府がArmenian State Committee on Cinema(アルメニア国立映画委員会)を設立したことから始まった。

1924年3月、初の映画スタジオであるアルメンフィルム (英語: Armenfilm,アルメニア語: Հայֆիլմ "Haykino," ロシア語: Арменкино "Armenkino")がエレバンに設立された。1924年のドキュメンタリー映画 "Soviet Armenia" がアルメンフィルムの制作した初めての作品である。

1925年にハモ・ベクナザリアン英語版が監督した"Namus"はアルメニア初のフィーチャー映画である。この作品は Alexander Shirvanzade の戯曲が元となっている悲恋物語であった。初のトーキーは1935年にベクナザリアンが監督した "Pepo" である。

著名なアルメニア出身の映画人[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]