ラトビアの映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラトビア映画は、初めて短編映画が製作された1910年まで遡ることができる[1]。また1886年5月28日にリガで初めて映画が上映された[2]

1930年、史上初のラトビアのフィーチャー映画『Lāčplēsis』(Aleksandris Rusteikis 監督)が公開された。また1939年公開の『Zvejnieka dēls』(ヴィリス・ラテニークス監督)はラトビアの古典作品と言われている[1]

1940年にソ連がラトビアを占領するとヴィリス・ラテニークスは移住し、戦後、彼の息子は撮影監督として国際的に活動し、63作品にクレジットされた[3]

1953年にスターリンが亡くなると、ソ連の文化政策により自由化が進んだ。映画作家たちはモスクワのGoskinoから資金提供を受け、検閲団体のGlavlit共産党文化部は、映画の公開を制御していた[1]

1963年、リガフィルムスタジオ英語版は1890平方メートルの映画スタジオを完成させた[2]

参考文献[編集]