台湾のバス交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

台湾のバス交通(たいわんのバスこうつう)では台湾におけるバスについて概説する。

台中客運の車両

歴史[編集]

現況[編集]

台湾では市内を運行する路線バスを一般に公車市区公車、あるいは県市区公車)、中距離輸送の路線バスを公路客運もしくは長途客運、中長距離輸送の路線バスを国道客運と称する。またバス事業者は客運公司と称する。バス停は「站」、バスターミナルは「客運站、公車站、転運站」などと表記される。

市轄・県轄バス(県市区公車)[編集]

地方政府の交通局により管轄されている。運賃は地方政府が決定し、それぞれに均一料金、区間料金、従量料金などの体系が存在している。路線系統は3桁未満の数字が基本だが、直轄市の一部で他県市を跨ぎ、かつて公路総局管轄だった委譲路線は4桁のままで運行しているものもある。 また、台北市では台北市交通局中国語版傘下の台北市公共運輸処により管轄され、一般に聯営公車と称されている。路線の特徴に従い一般、小型、捷運連絡路線と更に細分化されている。高雄市では高雄市政府中国語版交通局により管轄され、一般に市公車と称されており、ここでも路線の特徴に従い一般、小型、地下鉄連絡線と細分化されている。

2016年末現在、澎湖県を除いては全ての県市轄バスでIC乗車カードのうち悠遊卡(Easycard)一卡通(iPass)が、一部の県市轄バスではさらに愛金卡(icash2.0)有銭卡(HappyCash)も利用できる。

中距離バス(公路客運・長途客運)、長距離バス(国道客運)[編集]

交通部公路総局により管轄されている。運賃体系は従量制となっている。系統番号は原則4桁の数字が割り当てられている。

中長距離路線の事業者には国営の台湾汽車を民営化した国光客運のほか、高雄客運統聯客運日統客運中国語版建明客運(飛狗巴士)中国語版阿羅哈客運和欣客運などの民間企業があり、台湾全土を連絡している。運行本数は極めて多く、一部路線では24時間運行している。また運賃も空路や鉄路より廉価であるため、台湾での利用頻度の高い交通手段となっている。

長距離バスは、多くの路線で高速道路を使用する国道客運、いわゆる高速バスとなっている。

乗車券は各営業所および各バスターミナル、コンビニで購入でき、一部路線ではインターネットでの予約・支払、各IC乗車カードの利用が可能。

定期観光バス[編集]

2016年台北市と高雄市に定期市内観光バス路線が開設された。どちらも2階建て車両によるオープントップバス

観光路線バス[編集]

通常の公路客運路線を補うために公路総局ではなく交通部観光局の管轄で台湾好行中国語版という名称の路線が各地に設定されている。 多くは各事業者のバスターミナルではなく、台鉄台湾高鐵の駅を発着、鉄道と連携することで外国人を含めた観光客の便宜を図っている。 事業者にもよるが、各種IC乗車カードも大半が利用可能。運賃は総じて高めに設定されている。


台灣交通系列
台湾の交通関連項目

交通部
 公路総局
 電信総局
 民用航空局
 国道高速公路局
 台湾鉄路管理局
 桃園機場公司

道路
鉄道
海運
航空

国道(高速道路)
省道県道、市道郷道
港湾
空港

中華郵政

台湾の交通史

台湾のバス交通
台湾高速鉄道
捷運
台鉄捷運化

関係法令:
郵政法中華郵政条例
公路法
鉄路法大衆捷運法
航業法
海商法船舶法
商港法漁港法
民用航空法

関連項目:
台湾糖業鉄道
国光汽車客運
台湾鉄路貨運
台湾バス事業者一覧
台湾のIC乗車カード・電子マネー一覧

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 歴史


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 公路客運と6大直轄市の市公車路線
  • 公路客運と地方県市の県市区公車路線