台湾の鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界の鉄道一覧 > 台湾の鉄道
台灣交通系列
台湾の交通関連項目

交通部
 公路総局
 電信総局
 民用航空局
 国道高速公路局
 台湾鉄路管理局
 桃園国際空港公司

道路
鉄道
海運
航空

国道(高速道路)
省道県道郷道
港湾
空港

中華郵政

台湾の交通史

台湾のバス交通
台湾高速鉄道
捷運
台鉄捷運化

関係法令:
郵政法中華郵政条例
公路法
鉄路法大衆捷運法
航業法
海商法船舶法
商港法漁港法
民用航空法

関連項目:
台湾糖業鉄道
国光汽車客運
台湾鉄路貨運
台湾バス事業者一覧
台湾のIC乗車カード・電子マネー一覧

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 歴史

台湾の鉄道(たいわんのてつどう)は、台湾で運行されている鉄道の概要を記す。 また、日本統治時代の台湾台湾総督府が経営する鉄道は台湾総督府鉄道を参照。

概要[編集]

台湾の特急列車「自強号
(2005年6月)

台湾の鉄道は台湾島内にのみ存在しており、その種類は経営主体別に、中華民国行政院の各局が経営する国営路線、各公社が運営する公社路線、及びに糖業、塩業、林業会社などが運営している軽便鉄道(地元では「五分車」と呼ぶ、軌間は標準軌の半分の意味である)の3種類に大別する事ができる。

歴史[編集]

清朝統治時代[編集]

清朝統治時代の数少ない遺構である基隆市内の獅球嶺トンネル

台湾の歴史上で最初に鉄道の施設を決めたのは、清朝統治時代末期台湾巡撫として台湾に赴任していた劉銘伝である。軌間は1067mm(狭軌)を採用し、1887年光緒13年)に基隆から台北を経て新竹に至る区間の工事が始まった。路線は先ず1888年7月に初代台北駅大稲埕、現台北市大同区) - 錫口(現台北市松山区)間が先行開通し、中国初の鉄道トンネルとなる獅球嶺トンネルの完工(1890年8月)を経て、1891年光緒17年)10月に台北駅 - 基隆駅間の28.6kmが開通した。当初、1日1往復の運行(旧正月運休)で、所要時間は1時間強であったと言う。その後、路線は1893年10月(光緒19年)に新竹駅まで延長され、総延長は約100kmとなった。

清朝当局は線路の終着点を台南にまで延ばす構想を持っており、新竹駅から崎頂付近まで線路の基盤工事を行っていた。だが、日清戦争以降の混乱で建設はとん挫し、台湾総督府が設置されるまで本格的な鉄道建設は行なわれなかった。

日本統治時代[編集]

日本統治時代の面影を残す台鉄平渓線菁桐駅
糖業鉄道烏樹林駅

その後、日清戦争を経て台湾が日本統治下に入ると、日本は台湾の経営のためには鉄道整備が欠かせないと考え、1895年明治28年)6月10日に「台湾鉄道線区司令部」を、8月25日には「臨時台湾鉄道隊」を設置して既存の鉄道の管理・輸送を担当させた。台湾総督府が設置されて台湾統治の基礎が固まると、1899年(明治32年)には「総督府鉄道部官制」が公布されて鉄道が総督府鉄道部の管轄となり、それまで軍用中心であった鉄道を次第に民間輸送へも開放するようになり、本数も日4往復へ増発された。そして総督府は続いて台湾縦貫鉄道の建設に取り掛かり、既存の施設を抜本的に改修したうえで、1908年(明治41年)4月に縦貫線の基隆 - 高雄間404.2kmを全通させるに至った。他にも、軽便鉄道規格の台東線(東花蓮港 - 台東)や、阿里山森林鉄路なども敷設し、台湾の近代化を進めるに大きな役割を果たしたという。

その日本統治時代の鉄道最盛期といえる1940年(昭和15年)10月には、縦貫線に食堂車を連結した急行列車が2往復、台東線にも1往復の急行列車が走っていた。

なお、軽便鉄道規格の製糖鉄道や森林鉄道も旅客営業を実施し、最初の営業が新営庄(現新営)-塩水港(現塩水)間で始まったのを皮切りに、台湾西部を中心に路線網を築いていった。

中華民国時代[編集]

フランスの技術で電化された線路を走るイギリス製のEMU100型電車樹林駅にて。)

太平洋戦争大東亜戦争)で1945年日本が敗北すると、台湾は中華民国南京国民政府)の統治下に入り、台湾総督府鉄道も中華民国当局によって接収され、台湾鉄路管理局に組織改編された。その後、国民政府は国共内戦の敗北で中国大陸中国共産党に奪われ、1949年に中央政府を台湾へ移転せざるを得なくなった。以後、台湾国民政府中華人民共和国と共に「中国代表」国家の座の正当性を主張する「二つの中国」の時代に入り、台湾でも1987年7月まで戒厳令動員戡乱時期臨時条款)が発動されるという異常事態となった。鉄道はそんな中でも台湾の重要な産業、軍事設備と見なされて整備が進み、まず1978年から1979年にかけて縦貫線電化が進められた。また、1980年2月に北廻線が完成して台東線と花蓮新駅(現 花蓮駅)で接続、1982年にはその台東線が1067mmに改軌されて北廻線との直通が実現し、更に1991年には南廻線が開通して「環島鉄路」(台湾一周鉄道)がようやく完成した。

製糖鉄道の最盛期の1950年代には3000kmに達する路線があり、このうち41路線、延長614kmでは旅客営業も実施。しかし、1982年7月16日の嘉義線(北港-嘉義間)を最後に旅客扱いは全廃されてしまったが、今一部の製糖工場は定期のトロッコ列車が運行されている。

2007年には、車両は日本の新幹線方式を、電気・制御系統はヨーロッパのTGV方式を採用した台湾高速鉄道1月5日に試験開業し、3月2日に台北 - 左営間で正式開業した。この高速鉄道の開通に伴い、台鉄は西部幹線の輸送体系を従来の長距離輸送主体から近距離の通勤通学輸送を主体とする体系にシフトする事を決定し、「台鉄捷運化」という計画を作成した。

中華民国による台湾鉄道の動力近代化は1950年代から始まり、ディーゼル機関車アメリカ気動車日本で製造されたものが台鉄に投入された。その後、1972年日中国交正常化日華関係が冷却化したこともあり、1970年代後半の西部幹線の電化フランスの技術支援によって行われ、電気機関車はアメリカ、電車イギリス南アフリカ等日本以外の国から導入された。そのため、台湾の鉄道は様々な国の技術を混載したものとなっている。ただ、2000年代以降は日本からも電車を導入している他、台湾で製造された車両(台湾車輌)も登場し始めている。

経営路線[編集]

台湾の環状鉄道(西部幹線東部幹線南廻線

国営路線[編集]

東部幹線(宜蘭線)三貂嶺駅に入る列車
阿里山森林鉄路(阿里山線)の列車
太平山森林鉄道の観光用列車

公社路線[編集]

台北捷運板南線のラッシュ・アワー

軽便鉄道[編集]

  • 烏来観光台車
  • 台糖(臺灣糖業股份有限公司)
    • 渓湖五分車
    • 蒜頭五分車
    • 烏樹林五分車
    • 新営八老爺五分車
    • 橋頭五分車
    • 南州五分車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]