海岸線 (台湾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海岸線
海岸線の台湾海峡近くを走る普悠瑪自強号(TEMU2000型)
海岸線の台湾海峡近くを走る普悠瑪自強号TEMU2000型
基本情報
中華民国の旗 中華民国 (台湾)
起点 竹南駅
終点 彰化駅
駅数 16駅
開業 1920年12月25日
全通 1922年10月11日
所有者 台湾鉄路管理局
路線諸元
路線距離 90.2 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線複線
電化方式 交流25,000V・60Hz 架空電車線方式
路線図
TRA Taiwan Trunk Line (coast).svg
縦貫線の中段で2つに分かれる路線のうち、海に近いほうが海岸線。
テンプレートを表示
海岸線
各種表記
繁体字 海岸線
簡体字 海岸线
拼音 Hăiànxiàn
通用拼音 Hăiànsiàn
注音符号 ㄏㄞˇㄢˋ ㄒㄧㄢˋ
発音: ハイアンシェン
台湾語白話字 Hái-hoāⁿ-soàⁿ
客家語白話字: Hói-ngan-sien
日本語読み: かいがんせん
英文 Coastal Line
Sea Line
テンプレートを表示

海岸線(かいがんせん)は、台湾苗栗県竹南鎮竹南駅から台中港駅を経て彰化県彰化市彰化駅に至る台湾鉄路管理局鉄道路線

台湾鉄路管理局の西部幹線の一部として建設された。通称は海線。実際の運行形態は縦貫線を参照。

概要[編集]

  • 台湾有数の大都市である台中市も経由する路線であるが、基本的に市街地側は台中線(山線)を経由する形であり、この海岸線(海線)を経由するのは台中市内の郊外を走る路線となっている。そのため、台中市内とは言えど、主要駅となる豊原駅台中駅も経由しないため、本数は毎時1~2本程度しか運行がなく、利用する駅によってはかなり不便な路線となる。
  • また北側に位置する苗栗県においても市街地に当たる苗栗駅は同様に山線の経由となるため、こちらも同様に県内の郊外しか走らない。
  • 海岸線(海線)経由の列車は両端の駅となる竹南駅彰化駅自強号など対号列車も全列車が停車する。なお、この両駅は台中線(山線)経由は対号列車が一部停車しないため、海線経由は本数こそ少ないが、海線を利用する際は特にそこに近い時間ならこれを利用するほうが無難だろう。
  • 西部幹線の対号列車となる自強号は山線経由がメインで、稀に当路線の海線経由となるくらいで、この海線経由は自強号より遅めの莒光号が当路線のメインとなっているが、1往復だけ最速達型の太魯閣号が海線経由となっており、普悠瑪号は全部山線経由となっている。
  • 線内の主要停車駅は後龍通霄苑裡大甲清水沙鹿となるが、このうち大甲と沙鹿は全列車停車、この2駅以外は1往復だけ自強号が停車しない。また一部で白沙屯大肚にも停車が発生する。なお、区間快車も運行されるが、大肚には彰化方面に停車し、新竹方面は停車せず、白沙屯は双方とも停車する。
  • 区間車系統は北側は主に新竹か竹南発着、一部竹北北湖にも直通、区間快車は七堵ならびに基隆まで乗り入れる。逆に南側は海線経由の列車は全列車が彰化止まりとなり、員林などへは乗り入れず。一部は成追線経由で山線(台中など)へ乗り入れている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

縦貫線 (台湾鉄路管理局)#歴史」も参照

台湾総督府により台湾縦貫鉄道が計画された際に、内陸を通るルートと沿岸を通るルートの双方が比較された結果、台中市を経由する内陸ルートの方が旅客及び貨物の運輸需要が大きいこと、有事の際に艦砲射撃による被害を防止できることから内陸ルートで建設することが決定され、山線(現在の台中線)が建設された。

しかし、山間部を抜ける苗栗駅 - 豊原駅間には急勾配が存在し、輸送上のネックとなっていた。第一次世界大戦の影響を受けて貨物需要が増加すると縦貫線の輸送力不足が表面化し、運びきれなかった大量の貨物が駅に積み残される事態が発生した。1919年大正8年)、当時の台湾総督明石元二郎は急勾配区間を通る列車を分散させて縦貫線の輸送力増強を図るため、平坦な海岸部に新線を建設することを決定した。

1920年(大正9年)12月25日、山線の王田駅(現在の成功駅)から清水駅までの通称・王田支線(現在は一部が成追線となっている)が開通し[2]、1922年(大正11年)10月11日には海岸線の竹南駅 - 彰化駅間が全線開業した[3]。それと同時に海岸線は縦貫線の一部に編入され、追分駅を設置、海岸線から彰化駅への直通運転を実現した。これにより貨物列車が急勾配区間を経由する必要がなくなり、台湾の南北輸送が大幅に改善された。

戦前は急行列車を含めた長距離列車の多くが海岸線を経由するなど実質的な縦貫線本線として扱われてきたが、電化の進展や山線(台中線)の路線改良により、現在は山線が縦貫線のメインルートとして扱われている(対号列車の大部分が山線を経由している)。

運行形態[編集]

使用車両[編集]

過去の使用車両[編集]

駅一覧[編集]

○は停車 △は彰化方面のみ停車 │は通過
駅名 駅番号 区間快 駅間
キロ
竹南
累計
キロ
基隆
累計
キロ
等級 接続路線・備考 線路 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
竹南駅 竹南車站 Zhunan 118 0.0 0.0 125.4 一等 縦貫線と接続
台中線と分岐
苗栗県 竹南鎮
談文駅 談文車站 Tanwen 119 4.5 4.5 129.9 招呼   造橋郷
談文南信号場 談文南號誌站 South Tanwen
Signal Station
6.3 131.7 號誌  
大山駅 大山車站 Dashan 120 6.7 11.2 136.6 甲簡   後龍鎮
後龍駅 後龍車站 Houlong 121 3.8 15.0 140.4 三等  
龍港駅 龍港車站 Longgang 122 3.6 18.6 144.0 招呼  
白沙屯駅 白沙屯車站 Baishatun 123 8.1 26.7 152.1 三等   通霄鎮
新埔駅 新埔車站 Xinpu 124 3.1 29.8 155.2 乙簡[4]  
通霄駅 通霄車站 Tongxiao 125 5.8 35.6 161.0 三等  
苑裡駅 苑裡車站 Yuanli 126 6.1 41.7 167.1 三等   苑裡鎮
日南駅 日南車站 Rinan 127 7.7 49.4 174.8 乙簡[4]   台中市 大甲区
大甲駅 大甲車站 Dajia 128 4.6 54.0 179.4 二等  
台中港駅 臺中港車站 Taichung Port 129 5.3 59.3 184.7 二等 台中港線(貨物線)が分岐 清水区
清水駅 清水車站 Qingshui 130 6.0 65.3 190.7 三等  
沙鹿駅 沙鹿車站 Shalu 131 3.2 68.5 193.9 二等   沙鹿区
龍井駅 龍井車站 Longjing 132 4.6 73.1 198.5 三等   龍井区
大肚駅 大肚車站 Dadu 133 5.0 78.1 203.5 三等   大肚区
追分駅 追分車站 Zhuifen 134 5.0 83.1 208.5 三等 成追線と接続
大肚渓北信号場 大肚溪北號誌站 Dadu River North
Signal Station
      84.6 210.0 廃止 廃止
旧名南王田
 
大肚渓南信号場 大肚溪南號誌站 Dadu River South
Signal Station
  85.2 210.6 號誌 台中線と分岐 彰化県 彰化市
彰化駅 彰化車站 Changhua 149 7.1 90.2 215.6 一等 縦貫線と接続
  • 大肚渓北信号場、大肚渓南信号場、彰化駅は海岸線経由で距離を計算
  • の駅は廃止された駅である。
  • 背景色がである部分は現在施設が供用されていない、または完成していないことを示す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 各站營業里程 - ウェイバックマシン(2009年7月20日アーカイブ分) 台湾鉄路管理局
  2. ^ 台湾総督府 (1920-12-10). “台湾総督府告示第213号”. 官報. 1921年04月09日 (第2604号 ed.). 大蔵省印刷局. p. 275. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2954719/6  国立国会図書館
  3. ^ 台湾総督府 (1922-09-17). “台湾総督府告示第141号”. 官報. 1922年11月11日 (第3085号 ed.). 大蔵省印刷局. pp. 314-315. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955203/3. "竹南清水間鐵道竣成ニ付大正十一年十月十一日ヨリ運輸營業ヲ開始シ同時ニ基隆高雄間停車場名竝營業哩程ヲ左ノ通リ改正ス"  国立国会図書館
  4. ^ a b “改善血汗 台鐵將增2860人”. 台灣蘋果日報. (2017年9月22日). http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20170922/37789246/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]