深澳線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深澳線
太平洋と石炭列車、八斗~深澳間(2007年2月)
太平洋と石炭列車、八斗~深澳間(2007年2月
基本情報
 台湾
起点 瑞芳駅
終点 八斗子駅
駅数 3駅
開業 1967年8月25日
2014年1月9日 (一部再開)
廃止 2007年9月6日
運営者 台湾鉄路管理局
路線諸元
路線距離 4.2 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 非電化
路線図
TRA Route Map 201301.svg
北東部の宜蘭線から海側へ伸びる支線は深澳線
テンプレートを表示
深澳線
各種表記
繁体字 深澳線
簡体字 深澳线
拼音 Shēn'àoāng xiàn
注音符号 ㄕㄣ ㄠˋ ㄒㄧㄢˋ
発音: シェンアオシェン
台湾語白話字 Tshim-ò-suànn
日本語読み: しんおうせん
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
CONTg
宜蘭線経由平渓線直通
BHF
0.0 瑞芳
ABZgl
宜蘭線→
TUNNEL1
eABZg+l
金瓜石線(→八尺門) -1967
BHF
4.2 海科館 2014-
TUNNEL2
BICYCLE mKBHFea WDOCKSaq
4.7 八斗子(八斗) -2007/2016-(旅客扱い再開)
uTUNNEL1
↓レールバイク区間
uemABZgr
深澳発電所支線 -1989
BICYCLE umKBHFxe WDOCKSaq
6.0 深澳 -1967/1985-1989
exTUNNEL1
exBHF WDOCKSaq
7.5 瑞浜
exBHF
8.6 海浜 -1977/1978-1989
exSKRZ-G2o
台2線
exTUNNEL1
exKBHFe
12.3 濂洞 -1977

深澳線(しんおうせん)は、新北市瑞芳区瑞芳駅から基隆市中正区海科館駅を経て八斗子駅に至る台湾鉄路管理局鉄道路線である。

かつては、太平洋沿いの東北角海岸中国語版を走り、新北市の濂洞駅まで延びていた。1989年8月21日に全線の旅客営業が、2007年9月6日には途中の深澳駅まで行っていた貨物営業も廃止され全線廃止となっていたが、2014年1月9日、瑞芳 - 八斗間に国立海洋科技博物館のアクセスのための新駅である海科館駅が設置され、一部区間で旅客営業を再開した。

路線データ[編集]

  • 管理者:台湾鉄路管理局
  • 区間(営業キロ
    • 瑞芳 - 八斗子駅間 4.7km
    • 瑞芳 - 濂洞駅(廃駅)間 12.3km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:3(起点駅を含む、営業区間のみ)
  • 電化区間:無
  • 複線区間:無

歴史[編集]

深澳線は日本統治時代に運行を開始している。当時は基隆市濱町(八尺門)から、八斗子、深澳を経て水湳洞に至る経路であり、軽便鉄道規格(軌間:762mm)の金瓜石線中国語版と呼ばれる台湾鉱業株式会社(1937年、持株会社・日本鉱業株式会社の金瓜石鉱山事務所に改称)の私鉄であった。戦後、金銅礦物局(1955年zh:臺灣金屬鑛業股份有限公司に改称)に接収された。

当線は他の路線とは全く接続しない独立路線だったが、その後台湾鉄路管理局が深澳火力発電所中国語版の石炭輸送のために瑞芳駅に分岐施設を設置し、八斗子~深澳間が四線軌条に改築され、1961年4月8日貨物線深澳線として開通した。その後地元住民の要望により、1967年10月31日には水湳洞(後に濂洞と改称)まで延伸され、旅客取扱を開始した。同日、並行路線となる金瓜石線廃止。1967年8月25日、八斗子駅を八斗駅に改称。

北部「浜海公路」(台2線)の建設により海浜、濂洞両駅は1977年12月1日に営業を停止した。海浜駅は翌年1月11日に営業を再開したが、自動車との競争に敗れ、1989年8月21日に一般営業を停止した。わずかに瑞芳~深澳火力発電所間の石炭輸送のみが行われていたが、2007年9月6日発電所改築の為に貨物取扱も廃止された。なお、2007年9月28日に瑞芳~深澳火力発電所間で、メディア向けさよなら運転・「深澳線最後一班列車」を行った。

2008年海洋科技博物館が八斗子に開館することから、瑞芳から4.2kmの区間を海科館線として運行することが計画されていたが、2013年12月30日に博物館の主題館(テーマ館)がプレオープンとして基隆市民に無料開放され、全国民に開放される[1]のにあわせ、2014年1月9日に一部区間で旅客営業を再開することとなった。[2][3]

当初海科館で列車は折り返していたが、駅周辺の住民から騒音や排気の苦情が相次ぎ、同年1月24日から0.4km先の八斗子駅跡まで回送し、そこで折り返すこととなった[4][5]。 同年7月16日より平渓線との直通運転を開始[6]

八斗子駅は2016年内完工の予定でホームの再設置工事が行われ、12月28日に旅客駅として再開業した[7][8]

深澳線レールバイク[編集]

八斗子~深澳間1.3kmがレールバイクとして再生され、2018年12月28日にプレ開業(18-27日までは旅行業者限定、28日以降は一般予約可能)を迎え、2019年1月18日に正式開業する[9][10]。台湾では旧山線レールバイクに次いで2例目となる。

駅一覧[編集]

背景色がグレーの駅は現在営業をしていない駅を示す。

駅名 駅番号 駅間
キロ
営業
キロ
等級 接続路線・備考 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
瑞芳駅 瑞芳車站 Ruifang Station 089 - 0.0 一等 宜蘭線 新北市 瑞芳区
海科館駅 海科館車站 Haikeguan Station 291 4.2 4.2 招呼 2014年1月9日開業 基隆市 中正区
八斗子駅 八斗子車站 Badouzi Station 292 0.5 4.6
4.7
招呼 旧名八斗駅。2016年12月28日再旅客化。
レールバイク起点駅
基隆市中正区
新北市瑞芳区[7][11]
深澳駅 深澳車站 Shen'ao Station   1.4 6.0 廃止 旧三等駅・手前で深澳火力発電所中国語版への引込線が分岐する。レールバイク終点駅 新北市 瑞芳区
瑞浜駅 瑞濱車站 Ruibin Station   1.5 7.5 廃止  
海浜駅 海濱車站 Haibin Station   1.1 8.6 廃止  
濂洞駅 濂洞車站 Liandong Station   3.7 12.3 廃止  

脚注[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)國立海洋科技博物館>票價資訊
  2. ^ (繁体字中国語)暢遊海科館 深澳支線元月復駛
  3. ^ (繁体字中国語)海洋彩繪列車 台鐵深澳支線1月9日通車
  4. ^ (繁体字中国語)“八斗子站復駛 美麗的錯誤”. 人間福報. (2015年3月31日). http://www.merit-times.com.tw/NewsPage2.aspx?unid=394695 2015年7月17日閲覧。 
  5. ^ (繁体字中国語)“「最美的臨海線」 爭取延駛八斗子站”. 聯合報. (2014年1月28日). https://archive.is/61IDX 2014年2月3日閲覧。 
  6. ^ (繁体字中国語)平溪、深澳線串聯 菁桐玩到海科館《自由時報》
  7. ^ a b (繁体字中国語)(聯合報/2016年7月26日)八斗子車站 海天一線景致盡現
  8. ^ (繁体字中国語)「北台灣最美」 八斗子車站復駛2016年12月28日,聯合報
  9. ^ 北東部の海岸線沿い走るレールバイク 廃線「深澳線」に新たな命/台湾2018-12-16,フォーカス台湾
  10. ^ 鉄道の廃線跡を利用したレールバイクに乗って風光明媚な北海岸をサイクリング!2018-12-18,台北ナビ
  11. ^ ホーム上に両市の境界があるが、再開業時の駅名標には新北市瑞芳区と記されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]