大甲渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大甲渓
水系 大甲渓
延長 142 km
水源の標高 -- m
平均流量 31 /s
流域面積 1,244 km²
水源 台中市和平区
河口・合流先 台湾海峡(台中市大甲区大安区
流域 台中市
テンプレートを表示
大甲渓
各種表記
繁体字 大甲溪
簡体字 大甲溪
拼音 Dàjiă Xī
注音符号 ㄉㄚˋ ㄐㄧㄚˇ ㄒㄧ
発音: ダージャー シー
台湾語拼音 Tāi-khah-khe
テンプレートを表示

大甲渓(だいこう-けい)は台湾中部を流れる河川

大甲渓の源流は台中市和平区にあり、雪山山脈雪山および中央山脈大湖大山の間に源を発する。源流から台中市大甲区および大安区の河口まで、台中市北部を東西に横断する。標高差3,500m以上に対して延長は140kmあまりという急流河川で、平均斜度は2.6%である。豊富な水力資源を有しており、石岡ダム、徳基ダム、谷関ダム、天輪ダムなどのダムが用水の供給および水力発電を行っている。

大甲渓の上流部は良好な森林環境が保たれている。このため水中生物が多く住む水中環境が形成され、台湾の河川の中で最も多くの生物が生息している。内訳は、水生植物25種、巻貝21種、エビ7種、カニ4種のほか、魚類は30科59属65種、水生昆虫は少なくとも80種類以上、両生類4科4属65種、鳥類26種類以上となっている。

支流[編集]

  • 合歓渓
  • 志楽渓
  • 匹亜桑渓
  • 小雪渓
  • 鞍馬渓
  • 馬崙渓
  • 稍来渓
  • 良屏渓
  • 十文渓
  • 東卯渓
  • 横流渓
  • 阿寸渓
  • 麻竹坑渓
  • 石角渓
  • 中嵙渓
  • 沙連河

関連項目[編集]