磺渓 (新北市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磺渓
磺渓 強薪周辺 2017年2月14日撮影
強薪周辺にて撮影
延長 13.5 km
平均の流量 780 [1] m³/s
流域面積 50.8 km²
水源 七星山北麓
水源の標高 約1120 m
河口・合流先 新北市金山区
流域 台北市新北市
テンプレートを表示

磺渓(huángxī こうけい)は台湾北部を流れる単独水系の河川。七星山北側の麓を水源とし、台北市士林区北投区新北市金山区を流れ、金山区で東シナ海に流入している。全長13.5km、流域面積50.8km2。主要な支流に清水渓西勢渓がある。[2]

なお、基隆河の支流に台北市士林区・北投区を流れる同名の川(磺渓 (台北市)もあるため、区別をするため基隆河支流を南磺渓、本河川を北磺渓と呼ぶ場合もある。

本河川の特徴[編集]

本河川は硫黄によって川床の岩石が黄褐色にそまっていることが特徴である。[1]磺渓流域には楓林瀑布八煙温泉馬槽温泉、河口部には金山温泉金山老街などの観光地がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 雙溪、磺溪”. 経済部水利署. 2017年5月8日閲覧。
  2. ^ 磺溪”. 経済部水利署. 2017年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]

經濟部水利署水利櫥窗-磺溪