海生館線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海生館線
基本情報
 台湾
起点 車城駅
終点 龍鑾館駅
駅数 5
開業 未定 (計画中)
運営者 台湾鉄路管理局
路線諸元
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 非電化
テンプレートを表示
海生館線
各種表記
繁体字 海生館線
簡体字 海生馆线
拼音 Hăishēngguăn xiàn
注音符号 ㄏㄞˇ ㄕㄥ ㄍㄨㄢˇ ㄒ一ㄢˋ
発音: ハイシェングヮンシェン
台湾語白話字 Hái-sing-kuán suànn
日本語読み: かいせいかんせん
英文 National Museum of Marine Biology & Aquarium Line
テンプレートを表示

海生館線(かいせいかんせん)は、台湾鉄路管理局が計画中の鉄道路線

2000年に開業した国立海洋生物博物館(略称:海生館)への交通の利便性向上を目的に恒春線の計画の際に支線として計画され、後にトラムトレインが乗り入れ可能な併用軌道とすることを計画している。屏東県の年間観光客数の8割を当地の墾丁国家公園が占め、これまで道路交通が全てを賄っていた県外アクセスと県内アクセスを軌道交通に振り分ける、より環境に適した計画として推進される[1]

歴史[編集]

運行形態[編集]

使用車両[編集]

  • 未定

駅名[編集]

駅名 駅番号 累計
キロ
等級 備考 所在地
車城駅   0.0 招呼 恒春線分岐駅 屏東県 車城郷
海生館駅   2.0    
後湾港駅(仮称)      
白砂駅(仮称)     恒春鎮
龍鑾潭駅(仮称)     LRT鵝鑾鼻支線(計画中)

関連項目[編集]

出典[編集]