区間車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
区間車
各種表記
繁体字 區間車
簡体字 区间车
拼音 qūjiānchē
注音符号 ㄑㄩ ㄐ|ㄢ ㄔㄜ
発音: チュージエンチャー
台湾語白話字 khu-kan-chhia
日本語読み: くかんしゃ
テンプレートを表示

区間車(くかんしゃ)は台湾鉄路管理局が運行する列車種別の一つである。

概要[編集]

台湾鉄路管理局は、台鉄捷運化計画に基づいて2006年11月1日非対号復興号及び通勤電車冷気柴客を統合し、日本の鉄道の普通に相当する区間車快速に相当する区間快車(くかんかいしゃ)を設定した。

2015年3月24日ダイヤ改正より、縦貫線でEMU500型電車を3編成連結した12両編成列車を運行開始した[1]。時刻表上では區間車(長編組)と表記されており、ホーム有効長が不足する三坑浮洲南樹林富岡北新竹三姓橋香山崎頂などの駅は通過扱いとなる。

2018年10月12日ダイヤ改正より、区間車の運行体系が大幅に見直され、多くのロングラン運用が設定された。

台湾鉄路管理局の主な長距離列車(2018年10月12日改正)
列車番号 走行区間 走行距離 備考
3157次 新竹→潮州 325.5km 逆行のみ設定。所要時間6時間41分
2164次 新営→瑞芳 319.9km 順行のみ設定。所要時間6時間23分
2163次 基隆→新営 314.7km 逆行のみ設定。所要時間6時間7分
3284次 屏東→新竹 314.4km 順行のみ設定。所要時間6時間45分
2233次他 瑞芳ー嘉義 297.0km 順行2本、逆行2本
2133次他 基隆ー嘉義 291.8km 順行11本、逆行11本
3128次他 潮州ー后里 263.6km 順行13本、逆行12本

使用車両[編集]

区間車[編集]

区間快車[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 台鐵今微幅改點 首開"長編組區間車"公視. 2015年3月24日 2017年5月25日閲覧。

関連項目[編集]