水上機場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水上機場線(すいじょうきじょうせん)は、かつて存在した台湾鉄路管理局鉄道路線嘉義駅より分岐後、西に向かって水上空港に至る路線であった。開業日と廃止日については不明。

1945年の米軍地図。右上が嘉義市街と嘉義駅、左下が水上基地で、南西方向に延びる鉄道が縦貫線。
1945年米軍地図。右上が嘉義市街と嘉義駅、左下が水上基地で、南西方向に延びる鉄道が縦貫線。


関連項目[編集]