白色テロ (台湾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白色テロ
繁体字 白色恐怖
簡体字 白色恐怖
英文表記
(意味)
White Terror

台湾中華民国)において白色テロ (はくしょくテロ、中国語: 白色恐怖)とは、二・二八事件以降の戒厳令下英語版における国民党政府による反体制派に対する政治的弾圧のこと[1][2][3]1987年に戒厳令が解除されるまでの期間、反体制派とみなされた多くの国民が投獄・処刑された。戒厳令が解除された後、台湾政府は正式に謝罪をし、犠牲者に対する補償のための財団を設立した。二二八和平公園緑島人権文化園区中国語版といったメモリアルも造られた。また、二・二八事件やその後の白色テロ時代を描写した芸術作品も数多く発表されている。

白色テロ時代[編集]

「白色テロ」という語は広義には1947年の二・二八事件から1987年に戒厳令が解除されるまでの期間を指す[4]。台湾では二・二八事件以降、中国国民党(国民党)により国民は相互監視と密告が強制され、反政府勢力のあぶり出しと弾圧が徹底的に行われた。白色テロの期間、蒋介石率いる国民党に対して実際に反抗するか若しくはそのおそれがあると認められた140,000名程度が投獄され、うち3,000名から4,000名が処刑されたとされる[5][6]。大半の起訴は1950年から1952年の間に行われた。訴追された者のほとんどは中国共産党のスパイを意味する「匪諜中国語版」のレッテルを貼られ罰せられた。

国民党支配に反抗したり共産主義に共鳴したりすることを恐れ、国民党は主に台湾の知識人や社会的エリートを収監した[5]。例えば、 台湾再解放連盟は1947年に設立された台湾独立運動の組織であるが、国民党はこれを共産主義者の統制下にあるとして、その構成員を1950年に拘束した。台湾独立建国連盟は同様の理由で政府により迫害された。しかしながら、このような明白な理由付けはなされない政治的迫害もあった。1968年には柏楊ポパイの漫画の翻訳における言葉の選び方を理由に収監された。 白色テロの犠牲者には外省人も多数含まれる。外省人の多くが国民党のおかげで台湾に避難することができたのだが、同伴者を伴わずに台湾に到着すると、現地の台湾人と比べていいように使い捨てられることがしばしばあった。柏楊李敖のように白色テロを生き延びた外省人の多くは民主化運動や国民党改革を推進するようになっていった。1969年に後に台湾総統となる李登輝は、「共産主義運動」に参加したとされ、台湾省警備総司令部中国語版により1週間以上も留置され尋問を受け、「お前を殺すことは蟻を踏み潰すくらい簡単だ。」と言われたという[7]

戒厳令解除後[編集]

1987年の戒厳令解除とともに二・二八事件や白色テロの話題に触れることを人々は次第に恐れなくなっていった。1995年には李登輝総統による謝罪がなされ、犠牲者やその遺族に対して補償をするための二二八事件記念基金会が設立された。2008年には台北で馬英九総統により白色テロの犠牲者追悼式が行われた。馬は犠牲者とその遺族に対して政府を代表して謝罪し、台湾が同様の悲劇を二度と経験することがないように望むと表明した[8][9]

関連作品[編集]

1991年公開の映画『悲情城市』(ホウ・シャオシェン監督)は、二・二八事件を台湾国内で初めて取り上げた作品である。ヴェネティア国際映画祭金獅子賞を受賞した[10][11]。ホウ監督は1995年公開の映画『好男好女』においても二・二八事件と1940~50年代の白色テロの時代を取り上げている。1991年公開の映画『牯嶺街少年殺人事件』(エドワード・ヤン監督)は、1960年代の白色テロの時代を背景としている。2012年公開の映画『GF*BF』では白色テロ末期の1985年が舞台の1つになっている。

複数の台湾系アメリカ人作家が二・二八事件を題材とする作品を執筆している。ジュリー・ウー英語版の『The Third Son』は二・二八事件とその余波を台湾人少年の視線で描いている[12]ジェニファー・J・チョウ英語版の『The 228 Legacy』は、チョウの夫とその親戚が二・二八事件について語った内容に基づき執筆され、ロサンゼルス在住の台湾系家族が3世代にわたって過去の事件に左右される様を描く[13][14]ショーナ・ヤン・ ライアン英語版の『GREEN ISLAND』は二・二八事件を生き延びた医師とアメリカに渡ったその末娘を描いている[15]

2017年台湾のゲーム・ディベロッパーの赤燭遊戯は『返校』というSteam向けのサバイバルホラーゲームを発売した。ゲームでは戒厳令下の1960年代台湾が描かれ、台湾文化に基づいた宗教的要素も取り入れられている。評論家からは好意的な評価を受けており、Rely On Horrorのレビューでは「作品のあらゆる側面が、周囲の世界をかき消しながら、避けることの出来ない悲劇に向かって密集行進のように進んでいく[16]と評され、10点満点中9点の評価を得た[16][17][18][19]

メモリアル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rubinstein, Murray A. (2007). Taiwan: A New History. Armonk, N.Y.: M. E. Sharpe. p. 302. ISBN 9780765614957. 
  2. ^ “台湾・戒厳令解除30年 「白色テロ」時代の解明ようやく一歩”. 産経新聞. (2017年7月13日). http://www.sankei.com/world/news/170713/wor1707130003-n1.html 
  3. ^ “数万人が投獄、処刑 戒厳令解除30年 解明進まず”. 毎日新聞. (2017年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20170713/k00/00m/030/120000c 2017年11月2日閲覧。 
  4. ^ Chen, Ketty (Winter 2008). “Disciplining Taiwan: The Kuomintang’s Methods of Control during the White Terror Era (1947-1987)”. Taiwan International Studies Quarterly 4 (4): 187. http://www.tisanet.org/quarterly/4-4-8.pdf. 
  5. ^ a b Huang, Tai-lin (2005年5月20日). “White Terror exhibit unveils part of the truth”. Taipei Times: p. 2. http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2005/05/20/2003255840 
  6. ^ 徐玄九 (2014年). “東アジアの冷戦体制形成期における住民虐殺 : 沖縄・台湾・済州島を中心に”. 専修人間科学論集 社会学篇 4 (2): 67-88. http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=6272&file_id=15&file_no=1. 
  7. ^ Tsai, Shih-shan Henry (2005). Lee Teng-Hui and Taiwan's Quest for Identity. New York: Palgrave Macmillan. pp. 101–103. ISBN 9781403970565. 
  8. ^ President Ma attends White Terror Memorial China Post July 16, 2006
  9. ^ The Memorial Foundation of 228”. THE 228 MEMORIAL FOUNDATION. 2017年11月3日閲覧。
  10. ^ A City of Sadness” (1989年10月21日). 2017年3月12日閲覧。
  11. ^ 丸川, 哲史 (2001年). “「台湾ニューシネマ」と台湾の脱植民地化、及び日本の脱帝国化について : 『悲情城市』と『多桑』を手がかりにして”. 一橋論叢 (日本評論社) 123 (3): 512-527. doi:10.15057/10534. 
  12. ^ Winterton, Bradley (5 7, 2014). “Book review: The Third Son”. Taipei Times. http://www.taipeitimes.com/News/feat/archives/2013/05/07/2003561643 11 14, 2014閲覧。 
  13. ^ Bloom, Dan (2013年8月19日). “US author probes 'legacy' of the 228 Incident in novel”. Taipei Times. http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2013/08/19/2003570059 2014年5月7日閲覧。 
  14. ^ An Interview with Jennifer J. Chow, Author of The 228 Legacy”. TaiwaneseAmerican.org. 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ Green Island by Shawna Yang Ryan - PenguinRandomHouse.com”. Penguin Random House. 2017年3月12日閲覧。
  16. ^ a b Review: Detention - Rely on Horror”. Rely on Horror. 2017年3月12日閲覧。
  17. ^ 韓テイテイ、陳俊華 (2017年1月21日). “白色テロ扱ったホラーゲームが話題に 台湾の「暗い歴史」呼び起こす”. 中央通訊社フォーカス台湾. http://japan.cna.com.tw/search/201701210005.aspx?q=%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0 2017年11月2日閲覧。 
  18. ^ 返校 -Detention- レビュー”. IGN Japan. 2017年11月2日閲覧。
  19. ^ 台湾の暗黒時代を背景にしたホラー「Detention」インタビュー”. IGN Japan. 2017年11月2日閲覧。
  20. ^ 日本統治時代建設の都市公園-二二八和平紀念公園”. 2017年11月2日閲覧。
  21. ^ a b 国家人権博物館設立準備処のご案内”. 国家人權博物館籌備處. 2017年11月2日閲覧。
  22. ^ 張雅晴; 福田隆眞 (2008年). “戦後の台湾の美術発展(1945-1971)における政治との関連” (PDF). 山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 (山口大学) 25: 109-121. http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/file/16332/20100507170812/B040025000010.pdf. 
  23. ^ 二・二八事件』 - コトバンク

参考文献[編集]

英語文献
中国語文献
  • 藍博洲『幌馬車之歌』時報文化、台北、1991年。
  • 藍博洲『白色恐怖』揚智、台北、1993年。
  • 呂芳上計劃主持『戒嚴時期台北地區政治案件相關人士口述歷史:白色恐怖事件查訪(上)』台北市文獻委員會、台北、1999年。
  • 任育德『從口述史看1950年代政治案件的女性受刑人,近代中國第154期』2003年。
  • 台灣省文獻委員會編『台灣地區戒嚴時期五零年代政治案件史料彙編(一):中外檔案』台灣省文獻委員會、南投、1998年。
  • 魏廷朝『台灣人權報告書,1949-1995』文英堂、台北、1997年。
  • 朱德蘭『崔小萍事件』省文獻會、南投、2001年。

関連項目[編集]