台南捷運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台南捷運
各種表記
繁体字 臺南捷運
拼音 Táinán Jiéyùn
注音符号 ㄊㄞˊ ㄋㄢˊ ㄐ|ㄝˊ ㄩㄣˋ
発音: タイナンジェユン
台湾語白話字 Tâi-lâm chiat ūn
日本語漢音読み たいなんしょううん
英文 Tainan Metropolitan Area MRT System
テンプレートを表示
台南市政府が2016年5月に公布した「先進運輸系統」路線圖(全案は行政院未承認)
その後固まった優先整備区間の路線図

台南捷運(たいなんしょううん、正体字: 臺南捷運)は、台湾台南市で計画中の捷運である。正式名称は台南都会区大衆捷運系統臺南都會區大眾捷運系統)。

概要[編集]

1990年代に台湾政府によって計画されていた案では、紅線:台江 - 沙崙、藍線:中洲寮 - 億載金城、緑線:新化 - 台南機場、の3路線であった。 しかし、予算の都合上建設には至らなかった。費用対効果を加味して紅線の代替として台鉄沙崙線の建設が2005年に決定し、2011年に開業した。

当初は「軽軌」としつつもライトレールによる路面電車路線計画だったが、2015年台南市交通局の提案により交通量や道路幅の関係上、道路上の専有面積が少ない全線高架の跨座式モノレール(現地では輕軌捷運單軌捷運と表記される。)方式が有力視され[1]、2017年に細部設計の完成、2018年に着工の方針を示した。 また、高雄捷運紅線の岡山路竹延伸線をさらに台南市域に延伸させることについて、高雄市側とそれぞれの市域内を自己負担することで合意している[2]

2016年5月、交通局は台南市長頼清徳に正式な路線計画を提出することになった。総事業費は3-400億台湾ドル程度と見込まれており、市政府の承認後[3][4][5]、10月に優先整備路線網の藍線と緑線のフィジビリティスタディ(F/S)報告を交通部に提出した[6]

2017年3月、緑線と一部の藍線(台鉄大橋駅 - 巴克礼公園/台鉄林森駅の東側)が中央政府の前瞻基礎建設計画リストに組み込まれ、整備が確定しているほか、それぞれの延伸線と橘線などの実現可能性調査費用に補助金が支給されている[7]11月24日、交通局傘下に「捷運工程処準備処」を設立[8]2018年10月23日、正式に台南市政府捷運工程処中国語版が発足、藍線と緑線の実現可能性調査の審査がそれぞれ国家発展委員会と交通部で通過した[9]

早ければ2019年に藍線の東側区間が着工される予定[10]

路線一覧[編集]

[11]

緑線(府城横貫線)[編集]

駅一覧

永華市政中心 - 華平路 - 健康三街口 - 平豊路口 - 億載金城 - 安億橋転運駅 - 安平国中 - 文平路口 - 民生転運駅 - 民生金華路口 - 民生西門路口 - 公園国小 - 台南転運駅(台鉄台南駅) - 成大医学院 - 小東林森路口 - 平実転運駅

藍線[編集]

駅一覧
  • 本線

永華市政中心 - 建平十七街 - 西湖街 - 和維路 - 海安路 - 北安路 - 六甲頂 - 奇美医院 - 大橋駅 - 中山南路 - 中華二路口 - 兵仔市場 - 平実転運駅 - 国賓影城 - 南紡夢時代 - 関帝庁 - 中華東門路口 - 崇徳路口 - 巴克礼公園 - 大同中華東路口 - 国民路 - 南区公所 - 新和路 - 安平工業区 - 新興国中 - 永華市政中心

  • 支線

中華東門路口 - 東門富農路口 - 仁徳転運駅(仁徳機廠)

実現可能性調査(F/S)
  • 2018年5月30日 - 交通部修正後通過同意[12]
  • 2018年
  • 10月 - (緑線)交通部で第1期区間の初回F/S審査通過[13]
  • 10月22日 - (藍線)国家発展委員会が第1期区間のF/S承認[9]

※:前=前瞻基礎建設計画

路線 区間 距離 規格 車両基地





F/S 総合計画 入札











開業
(予定)









































  緑線中国語版 (府城横貫線) 平実転運駅 - 台湾鉄路管理局台南車站 - 安億転運駅 - 永華市政中心 11.9 中運量
跨座式モノレール
安平機廠
延伸線 平実転運駅 - 帰仁(大埔) 5.5
  藍線中国語版 中華環線 永華市政中心 - 奇美医院 - 平実転運駅 - 永華市政中心 27.3 仁徳機廠
支線 中華東門路口 - 東門富農路口 - 仁徳転運駅
延伸線 仁徳転運駅 - 帰仁 5.7
  紅線中国語版 (府城縦貫線) 和順転運駅 - 高雄捷運大湖駅 25.6
延伸線 和順転運駅 - 台湾鉄路管理局善化駅 14.9
  橘線 台南山手線 高鉄台南駅 - 帰仁 - 台湾鉄路管理局新市駅 18.5
  黄線 (新営横貫線) 台湾鉄路管理局新営車站-岸内糖廠 8.8
  棕線 (新営縦貫線) 天鵝湖公園-奇美医院柳営分院 5.8
  紫線 (新営環線) 台湾鉄路管理局新営車站 - 台紙 - 体育公園 5.9
  粉紅線 (佳玉線) 佳里 - 台湾鉄路管理局善化駅 - 玉井 37.7
  墨緑線 和順転運駅 - 岸内糖廠 32.9

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)“打造台南捷運 總統大選後揭曉”. 自由時報. (2015年9月18日). http://m.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1449023 2016年5月22日閲覧。 
  2. ^ (繁体字中国語)“〈南部〉高捷延伸台南 將高架避開台鐵路線”. 自由時報. (2015年11月19日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/933666 2016年5月22日閲覧。 
  3. ^ (繁体字中国語)“〈南部〉規劃2路線 捷運拚107年啟動”. 自由時報. (2016年5月17日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/990631 2016年5月22日閲覧。 
  4. ^ (繁体字中国語)“台南要蓋單軌捷運 遊客叫好 市民說不會坐”. Youtube/東森新聞網. (2016年5月17日). https://www.youtube.com/watch?v=KbfpB_CoDwo 2016年5月22日閲覧。 
  5. ^ (日本語)“高架式軽量モノレール」設置を推進、 台南公共交通網は間もなく完成”. 台南市政府. (2016年9月6日). http://www.tainan.gov.tw/tainanJ/page.asp?id={73FEC3EA-1D0F-4884-B5D0-822FB1F808F2} 2016年12月23日閲覧。 台南ニュース
  6. ^ (繁体字中国語)台南單軌捷運系統 交通局:上月已報交通部核定 2016年11月2日,自由時報
  7. ^ (繁体字中国語)〈南部〉溪北爭首條捷運 採高架跨座式 單軌 2017年5月30日,自由時報
  8. ^ (繁体字中国語)“先進臺南 前瞻啟航 臺南市捷運工程處籌備處正式成立”. 台南市政府交通局運輸管理科. (2017年11月24日). http://traffic.tainan.gov.tw/ActivitiesDetailC004110.aspx?Cond=b49483cd-7b06-43c7-b85b-77de214bc969 2017年12月5日閲覧。 
  9. ^ a b (繁体字中国語)南市「捷」報 第1期藍線可行性研究報告今獲國發會通過2018-10-23,自由時報
  10. ^ 南部・台南に大量高速輸送システム建設へ 2019年の着工目指す/台湾2017-11-08,フォーカス台湾
  11. ^ (繁体字中国語)台南高架輕量單軌路網公布 全台第一座 2016年8月25日,自由時報
  12. ^ (繁体字中国語)市議會第2屆第8次市長施政總報告(書面報告)”. 臺南市政府. p. 頁24. 2018年10月7日閲覧。
  13. ^ (繁体字中国語)台南捷運啟動 拚後年動工2018-10-23,中国時報