台湾民族主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

台湾民族主義 (繁体字: 臺灣民族主義簡体字: 台湾民族主义拼音: Táiwān Mínzú Zhǔyì) は 台湾の住民が国家として一体化するために行う民族主義的政治運動である。台湾人ナショナル・アイデンティティの議論の中で起きている、「中国統一英語版」、「台湾独立」それぞれの支持者による論争、そして中国との政争中の台湾の政治的地位の問題などの現在の政治的、社会的分裂を解消することを目的とする。これは台湾独立と密接に関わっているが、台湾独立運動は中華民国から分離独立した「台湾共和国」を建国し国際連合に加盟、主権国家体制として国際的な承認を得ることを目的としているのに対し、台湾の民族主義者は中国民族主義から独立した台湾人のアイデンティティ英語版を確固たるものとし、台湾人としての意識を高めることを目的としており、必ずしも「中華民国」から「台湾共和国」へと公式名を変化させることを提唱してはいない。

台湾民族主義や台湾のアイデンティティの議論は複雑な歴史や未だ解決を見ない政治的法的地位英語版の問題に端を発している。

従ってこれらの経緯より、台湾の民族主義者は台湾の住民を台湾人のアイデンティティや祖先に象徴される、台湾という国家において一体化させることを目的としている。また、台湾独立運動の支持者はさらに一歩踏み込んで「中華民国」という公式名称を「台湾共和国」に変更することを目的としている。台湾の民族主義者には泛緑連盟内の「浅緑」から台湾独立運動の支持者とされる「深緑」まで幅広い思想のものがいる。注意しておきたいのは、すべての台湾独立運動の支持者は台湾の民族主義者であるが、その逆は必ずしも成り立たない点である。つまり、台湾の民族主義者は必ずしも「台湾独立運動」の支持者というわけではなく、民族主義者の中には「現状」を支持し、公式国家名称を変えない現在の台湾の政治的地位に満足しているが、「台湾人」としてのアイデンティティは強く主張するといった者もいる。

台湾本土化運動英語版の役割については台湾内でも議論の的になっており、台湾の中華民族主義者英語版台湾の文化中華文化という大きな文脈の中で強調されているに過ぎないと主張する一方で、台湾の民族主義者は台湾内の中華文化は台湾の文化の一部にすぎないと主張している[1]


脚注[編集]

  1. ^ Ching Cheong, Xiang Cheng, Cheong Ching (2001). Will Taiwan Break Away: The Rise of Taiwanese Nationalism. ISBN 981024486X. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Tzeng, Shih-jung, 2009. From Honto Jin to Bensheng Ren- the Origin and Development of the Taiwanese National Consciousness, University Press of America. ISBN 0-7618-4471-6.