台鉄捷運化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台灣交通系列
台湾の交通関連項目

交通部
 公路総局
 電信総局
 民用航空局
 国道高速公路局
 台湾鉄路管理局
 桃園国際機場公司

道路
鉄道
海運
航空

国道(高速道路)
省道県道、市道郷道
港湾
空港

中華郵政

台湾の交通史

台湾のバス交通
台湾高速鉄道
捷運
台鉄捷運化

関係法令:
郵政法中華郵政条例
公路法
鉄路法大衆捷運法
航業法
海商法船舶法
商港法漁港法
民用航空法

関連項目:
台湾糖業鉄道
国光汽車客運
台湾鉄路貨運
台湾バス事業者一覧
台湾のIC乗車カード・電子マネー一覧

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 歴史

台鉄捷運化(たいてつしょううんか)とは台湾の国鉄に相当する台湾鉄路管理局台湾政府が進めている、同局の短距離旅客輸送の改善計画の総称である。

概略[編集]

捷運は日本でいう都市の通勤路線や地下鉄に相当し、捷運化とは台湾国鉄をそのような日常の用に使いやすいものにする事を意味する。

例えば、従来台湾鉄路管理局のダイヤは長距離の優等列車貨物列車を中心に組まれており、その隙間を埋める普通列車は発車間隔が一定せず、途中駅で待避のために長時間停車し、そもそも列車本数が少なく利用しにくかった。これに対して1990年代に整備された捷運は、パターンダイヤを基調とし、頻繁に発着しその利便性から国民に好評だった。このような捷運の特徴を国鉄に導入するのが鉄道レベルで見た捷運化の発想である。より広い意味では、政府の国土開発の新十大建設の一つとして、台湾西側を複数の主要な都市とそれを取り囲む生活圏に再編する開発案でもあり、どちらの意味でも使われる。

人口が比較的密集している西部幹線沿線を主要な都市を核とした北部、中部、南部生活圏に分化させる。ハード面では各生活圏で暮らす人の動線に合うように路線および駅を新設し、2007年に開業した台湾高鉄との接続も向上させる。既存の路線も地下化などで改善する。新型車両を導入・集中増備して通勤時間帯の輸送需要に応えつつ所要時間も短縮する。ソフト面では上述のようなダイヤ合理化のほか、運賃体系を台北捷運にならった距離に応じたものとし、列車等級ごとに細分化された従来の運賃体系も見直す。

陳水扁政権時の新十大建設(下記一覧で「」と表記)、馬英九政権時の「愛台十二大建設」(下記一覧で「」)を経てもなお未着手のものは、大半が蔡英文政権での前瞻基礎建設計画(下記一覧で「」)に受け継がれた。

現在行われている主要な工事[編集]

  1. 浮洲駅南樹林駅北新竹駅三姓橋駅南科駅仁徳駅などの新設計画(営業開始)
  2. 高雄市内の軌道地下化(営業開始)
  3. 新北市汐止区の軌道高架化、七堵駅汐科駅間の三線化(営業開始)
  4. 鶯歌駅桃園駅間の三線化(計画中)
  5. 七堵駅、山佳駅、桃園駅、新豊駅湖口駅楊梅駅香山駅竹南駅苗栗駅彰化駅沙鹿駅斗六駅大林駅民雄駅などの改築工事(営業開始)
  6. 台湾高速鉄道との連絡駅および連絡ルートとして新左営駅新烏日駅(新設)、沙崙線六家線(営業開始)
  7. 電車検収基地(富岡車両基地)増設(稼働開始)

進捗[編集]

註:愛=zh:愛台十二建設(2009-2016)、前=前瞻基礎建設計画(2017-2024)[1][2][3]

県市 線名 区間 距離





F/S 総合計画 都市
計画
変更
入札







開業
(予定)














































桃園 縦貫線地下化 鳳鳴駅 - 平鎮駅 17.95 2025年
台中 台中線5駅新設 ●2018年10月28日
台中線高架化 大慶駅 - 烏日駅 3.7
成追線複線化[4] 成功駅 - 追分駅 2.2 2019年9月
海線複線高架化 追分駅 - 大甲駅 23.5
甲后線新設 大甲駅 - 后里駅 13.4
彰化 台中線・縦貫線高架化 彰化駅周辺 9.5 2028年
田中支線建設 台鐵田中駅 - 高鐵彰化駅
雲林 縦貫線高架化 斗六駅周辺 5
嘉義 縦貫線高架化 嘉北駅 - 北回帰線駅 10.9 2026年1月
水上郷民雄郷延伸 約16.97 2027年9月
台南 縦貫線地下化 台南駅 - 南台南駅 8.23 2027年
縦貫線立体化 善化駅 - 大橋駅 11.05
高雄 縦貫線・屏東線地下化[5] 左営(旧城)駅 - 鳳山駅 15.37 ●2018年10月14日
屏東・台東 屏東線・南廻線電化 潮州駅 - 知本駅 111.8 2021年
屏東 恒春線新設 内獅駅 - 恒春駅 37.8
宜蘭 北宜直線鉄道新設 南港駅 - 頭城駅 53
花蓮・台東 台東線部分複線化 寿豊駅 - 南平駅瑞穂駅 - 三民駅 約21 ●2018年7月
台東線全線複線化 花蓮駅 - 台東駅 2026年

桃園市街地の軌道地下化[編集]

当初は高架化の予定で仮線切替まで完了したが2014年に当選した新市長の鄭文燦が地下化に変更し、再度中央政府が計画を審査中である。

台中市街地の軌道高架化[編集]

彰化市街地の軌道高架化[編集]

  • 彰化駅周辺の9.2kmを高架化[8]踏切4ヶ所、陸橋6か所、地下道2か所の撤去
  • 南彰化駅→中央駅など通勤2駅新設[8]
  • 海岸線・台中線・縦貫線南段の複々線高架化(大肚渓南側 - 大埔截水溝)[8]
  • 彰化機務段の南側移転(彰化扇形庫は現在地のまま)[8]
  • 2018年5月31日 - 実現可能性調査報告案が交通部の審議を通過[9]

員林市街地の軌道高架化[編集]

ホームで通勤電車を待つ旅客(大慶車站にて)

嘉義市街地の高架化計画[編集]

台南市街地の軌道地下化[編集]

さらに北側の善化駅付近まで立体化区間を延長する計画も動き出している。

高雄市街地の軌道地下化[編集]

(上記は2018年10月14日完了[15]。)

  • 前鎮調車場(高雄臨港線とともに2018年9月29日廃止[16])の移転と台鉄左営車両基地の新設

高雄-屏東(潮州)捷運化計画[編集]

(2015年8月23日複線電化・高架化[17]、10月15日完了[18]

東部鉄道快捷化計画[編集]

  • 台東線全線複線化(前)

内湾線改善計画[編集]

沙崙線計画[編集]

新設駅一覧[編集]

以下は台鉄捷運化計画の中で新設される駅名一覧である。名称に関しては仮称であり、開業時には変更される可能性がある。

駅名 駅名英語表記 所在区間 情況
縦貫線(北段)
三坑 Sankeng 基隆八堵 営業開始
百福 Baifu 七堵五堵 営業開始
汐科 Sike 汐止南港 営業開始
浮洲 Fuzhou 板橋樹林 営業開始
南樹林 South Shulin 樹林-山佳 営業開始
鳳鳴 Fengming 鶯歌桃園 計画中
中路 Guoji Road Station 桃園- 計画中
永豊 Yongfeng Road Station 計画中
中原 Chung Yuan Christian University Station 計画中
平鎮 Pingzhen 埔心 計画中


新富 Xinfu 富岡北湖 富岡車両基地が完成、職員の通勤駅として仮営業中
北湖 Beihu 富岡-湖口 営業開始
北新竹 North Hsinchu 竹北新竹 営業開始
三姓橋 Sanxingqiao 新竹-香山 営業開始
内湾線六家線
千甲 Qianjia 新竹-竹中 営業開始
新荘 Xinzhuang 営業開始
六家 Liujia 新線 営業開始
台中線
栗林 Lilin 豊原潭子 営業開始
頭家厝 Toujiacuo 潭子太原 営業開始
松竹 Songzhu 潭子-台中 営業開始
太原 Taiyuan 営業開始
精武 Jingwu 営業開始
五権 Wuquan 台中-烏日 営業開始
大慶 Daqing 営業開始
新烏日 Xinwuri 烏日-成功 営業開始
金馬 Jinma 成功 - 彰化 計画中
縦貫線(南段)
中央 Zhongyang 彰化-花壇 計画中
大村 Dacun 花壇-員林 営業開始
嘉北 Jiabei 民雄嘉義 営業開始
北回帰線 Tropic of Cancer 嘉義-水上 (廃止駅の復活)計画中
南科 Nanke 新市-永康 営業開始
永康工業区 * 新市-永康 建設中
大橋 Daqiao 永康-台南 営業開始
林森 * 台南-保安 建設中
南台南 Tainan South 建設中
仁徳 Rende 保安-中洲 営業開始
新左営 Xinzuoying 楠梓左営(旧城) 営業開始
内惟 Neiwei 左営-高雄 営業開始
美術館 Museum of Fine Arts 営業開始
鼓山 Gushan 営業開始
三塊厝 Sankuaicuo 営業開始
沙崙線
長栄大学 Chang Jung Christian University 中洲沙崙 営業開始
沙崙 Shalun 営業開始
屏東線
民族 Minzu 高雄-鳳山 営業開始
科工館 National Science And Technology Museum 営業開始
正義 Zhengyi 営業開始

備考[編集]

台鉄淡水線1988年に運行休止となったが、運行休止以前に通勤電聯車を運行することで捷運相当の輸送効果が得られるとの主張もあり、現在の台鉄捷運化の嚆矢であった。しかし淡水線は地上路線である上、単線であり、また狭軌を採用していたため、標準軌である捷運の他路線との直通運転が不可能なことより捷運建設が決定された。

出典[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)前瞻基礎建設計畫2017年4月11日,国家発展委員会(pdf参照)
  2. ^ (繁体字中国語)2026年通車 恆春觀光鐵路啟動2017年4月12日,台湾蘋果日報
  3. ^ (繁体字中国語)花東鐵路雙軌電氣化 交長:2026年完工2017年3月27日,台湾国際放送
  4. ^ (繁体字中国語)大台中山手線「成功-追分」雙軌 預計明年9月完工2018-08-23,聯合報
  5. ^ (繁体字中国語)高雄鐵路地下化 預計10/14凌晨通車2018-08-04,自由時報
  6. ^ 台湾・台中駅など16日に高架化、「地域分断」解消で発展に弾み2016-10-15,フォーカス台湾
  7. ^ (繁体字中国語)聯合報 (2018年10月26日). “台鐵台中新5站周日啟用 紀念票吸排隊潮”. https://udn.com/news/story/7325/3444246 
  8. ^ a b c d (繁体字中国語)有譜了!彰化市鐵路「原地」高架化 縣政府搬到車站特區2017-12-27,自由時報
  9. ^ 彰化鐵路高架化有影了 交通部通過可行性研究報告2018-06-01,聯合報
  10. ^ (繁体字中国語)員林鎮鐵路高架化今天通車2014-11-02,自由時報
  11. ^ (繁体字中国語)高鐵局:回應交通部前部長陳建宇2017-12-25,台灣蘋果日報
  12. ^ 台南地区の鉄道地下化 内務省都市計画委員会が承認/台湾2016年8月10日,フォーカス台湾
  13. ^ 建物の解体始まる=台南駅周辺の鉄道地下化工事/台湾2016年10月17日,フォーカス台湾
  14. ^ 鉄道地下化工事で起工式 2022年の完成目指す/台湾・台南2017-03-15,フォーカス台湾
  15. ^ 高雄、鉄道地下化区間が開通 記念乗車券求めて泊まり込むファンも/台湾2018-10-15,フォーカス台湾
  16. ^ 高雄臨港線さようなら 鉄道ファンが最終列車にお別れ/台湾2018-09-29,フォーカス台湾
  17. ^ 台湾鉄道・屏東線、23日に一部電化 新開通区間は所要時間15分短縮2015-08-18,フォーカス台湾
  18. ^ 台湾鉄道、10月15日にダイヤ改正 列車増発に所要時間短縮など2015-09-13,フォーカス台湾
  19. ^ (繁体字中国語)花東鐵路瓶頸段雙軌化 最後一哩6月通2018-05-15,聯合報
  20. ^ (繁体字中国語)花東線鐵路瓶頸路段雙軌化暨全線電氣化計畫2018-08-14,交通部鉄道局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]