台英関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台湾ーイギリス関係
TaiwanとUnited Kingdomの位置を示した地図

台湾

イギリス

台英関係では、主に中華民国イギリスの二国間関係について記述する。1950年以降、両国に国交はない[1]

歴史[編集]

鄭氏政権鄭経と、東インド会社は鄭氏政権の終わりまで貿易協定を締結した[2]。1947年5月9日、両国との航空運送協定を調印[3]:8351。同年7月23日には南京で締結した[3]:8388国共内戦での中国国民党の敗北後、中国国民党は中国大陸を去り、台湾へ渡り、国民政府を再編成する一方、イギリスとは1950年1月6日、大陸の中華人民共和国承認を機に同年同月日に国交断絶するが、新北市の領事館を通しての交流は1972年まで続き、閉鎖後も貿易などの関係はある[4][5]。1991年8月22日、王立協会科技部が台英の科学協力覚書を締結[6]。1999年4月7日にその台英の科学協力覚書を更新した[6]。1999年9月21日、台湾大震災が起きた際に、イギリスは6人の緊急救助隊を派遣して救助を行わせた[7][8]。2008年2月15日には再び、台英の科学協力覚書を更新した[9]。2015年5月27日にはイギリスの在台機関である「英国貿易文化弁事処」が「英国在台弁事処」に名称が変更された[10]

要人の往来[編集]

台湾政府要人のイギリス訪問

1997年、許水徳中国語版考試院院長がイギリスを訪問[11]。1998年、銭復中国語版国民大会議長がイギリスを訪問[12]。1999年、王志剛中国語版経済部長がイギリスを訪問[13]。そして、2000年には、李登輝前総統、連戦前副総統、趙怡中国語版新聞局長、王光宇新聞局長、馬英九台北市長(後の総統)がイギリスを訪問する[14]。2011年は馬英九総統夫人の周美青と、頼浩敏中国語版司法院長が訪問した[15]

イギリス政府要人の台湾訪問

2001年にアラン・ジョンソン貿易産業省閣外大臣が台湾を訪問[16]。2011年にはステファン・グリーン英語版貿易投資担当国務大臣と、ナイジェル・エバンス英語版下院副議)が台湾を訪問した[15]

貿易関係[編集]

台湾貿易センターがロンドンにある[17]。 双方ともに電子電気機械の輸出入が多い[18]

大使館・総領事館[編集]

台北経済文化代表処をロンドンに置く[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 《中華民國105年外交年鑑》〈第三章 對外關係〉”. 中華民國外交部}. 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ 頼永祥 (1965). 臺灣鄭氏與英國的通商關係史. 《臺灣文獻》. http://www.laijohn.com/works/articles/wa1.pdf. 
  3. ^ a b 李新 總主編,中國社會科學院近代史研究所中華民國史研究室 編,韓信夫、姜克夫 主編, ed (2011年7月). 《中華民國史大事記》. 北京: 中華書局. 
  4. ^ a b 《中華民國104年外交年鑑》〈第二章 對外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  5. ^ 《中華民國88年外交年鑑》〈附錄五、我國與世界各國關係一覽表〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  6. ^ a b 條約協定查詢系統”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  7. ^ [內政部消防署統計]中時新聞資料庫,1999/10/5
  8. ^ [國際搜索隊陸續離台]工商時報,1999/09/24
  9. ^ 《中華民國97年外交年鑑》〈第二章 對外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  10. ^ U.K. renames representative office in Taiwan, retains functions”. focustaiwan.tw. 2018年12月6日閲覧。
  11. ^ 《中華民國86年外交年鑑》〈第三章 中外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  12. ^ 《中華民國87年外交年鑑》〈第三章 中外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  13. ^ 《中華民國88年外交年鑑》〈第三章 中外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  14. ^ 《中華民國89年外交年鑑》〈第三章 中外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  15. ^ a b 《中華民國100年外交年鑑》〈第二章 對外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  16. ^ 《中華民國90年外交年鑑》〈第三章 中外關係〉”. 中華民國外交部. 2018年12月6日閲覧。
  17. ^ 外貿協會全球據點”. 中華民國對外貿易發展協會. 2018年12月6日閲覧。
  18. ^ 歐洲地區”. 中華民國國際經濟合作協會. 2018年12月10日閲覧。


関連項目[編集]