ミャンマーの鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界の鉄道一覧 > ミャンマーの鉄道

ミャンマーの鉄道(ミャンマーのてつどう)では、ミャンマーにおける鉄道について記す。

ミャンマーの鉄道(ミャンマー国鉄)で使われている気動車

概要[編集]

ミャンマー(旧称:ビルマ)における鉄道の大半はミャンマー国鉄(Myanma Railways)が運営しており、イギリス大英帝国植民地時代の1877年に、最初の路線(ヤンゴン - プローム間)が軌間1,000mm(メーターゲージ・狭軌)によって建設されたのを創始とする。この軌間を採用したのは、インドの鉄道において1,000mm軌間の鉄道を広軌の1,676mm軌間に変更する工事が行われ、その際に車両線路などの余剰品が発生し、それを流用したからである。 その後第二次世界大戦中には、日本陸軍によってタイバンコクからマンダレーまでを結ぶ軍用鉄道の泰緬鉄道が建設されたこともあったが、大戦後にミャンマー側の線路は撤去された。

ミャンマー国鉄の路線の他、シャン州のナムツ(Namtu)の鉱山鉄道、エーヤワディー地方域のチャンギン(Kyangin)のセメント工場の鉄道線なども存在する。

ミャンマー国鉄は2014年時点では、全国に約6100kmの路線を有している。その中核をなすヤンゴン - マンダレー線の路線延長は622kmである。元々が中古品で建設された鉄道であったこと、さらには整備・保守が行き届いていないことから、いずれも老朽化が進んでいて遅延も多く、乗り心地はお世辞でも良いとはいえない状況となっている。線路状態が悪い為、速度は最高でも60km/h程度しか出せない。近年まで蒸気機関車も現役で使われていて、また、後述の日本から多数の中古車両が輸出されていることから、それを目当てに日本から訪れる鉄道ファンも多く存在する。なお、鉄道施設を無断で写真撮影することは禁止されており、写真撮影にはミャンマー国鉄が発行する許可証が必要である。許可証は現地旅行社等を通して入手できる場合があるが、政情によっては入手できない場合や撮影対象が日本型車両のみに限定された許可証が発行される場合もある。

2000年代以降には、日本で不要となった中古車両が数多く譲渡されている。名古屋鉄道伊勢鉄道のと鉄道天竜浜名湖鉄道三陸鉄道甘木鉄道真岡鐵道平成筑豊鉄道北海道ちほく高原鉄道松浦鉄道樽見鉄道いすみ鉄道井原鉄道北海道旅客鉄道(JR北海道)・東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・四国旅客鉄道(JR四国)から譲渡された気動車のほかに、日本貨物鉄道(JR貨物)・北海道旅客鉄道(JR北海道)から譲渡されたディーゼル機関車北海道旅客鉄道(JR北海道)から譲渡された客車広島電鉄から路面電車が導入されている。

運行概要[編集]

ミャンマー国鉄の旅客列車は客車列車(貨車との混合列車を含む)と気動車で運行されている。 等級はアッパークラス(一等)とファーストクラス(二等)、オーディナリークラス(三等)の三種類で、アッパークラス車には寝台車も存在する。多くの路線では、各駅停車の列車と停車駅の少ない急行列車が運行されている。

メイン路線のヤンゴン - マンダレー間の急行列車でも、前述のように線路の状況が悪いため、同区間に約15時間(表定速度41.5km/h)以上を要する。また近年では、JR西日本から譲り受けたキハ181系気動車を改造し、ヤンゴンと南東部の観光地「チャイティーヨー・パゴダ」の最寄り駅チャイトーを結ぶ観光列車に導入した(現在は運行休止)。

ヤンゴンには環状運転を行う路線が存在しており、1周2時間半程度で走行している。ただ日本の山手線大阪環状線などとは異なり、環状線といっても環状運転となる列車は日に数本程度しか運行されず(区間列車も設定されている)、郊外には田園地帯を走る区間もある。

また、外国人に関してはこれまで正規運賃・料金の10倍近くにもなる外国人運賃・料金(ドル建て)が適用され、さらには二等車しか連結していない場合でも一等車の運賃・料金で計算されていた。しかし2014年4月から外国人運賃・料金は廃止され、外国人もミャンマー人と同様に正規のチャット払いの運賃で乗車する事ができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]