中華民国中央銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華民国中央銀行
中央銀行
本店
本店
本店 台北市中正区羅斯福路一段2号
設立 1928年
総裁 彭淮南
中華民国の旗 中華民国台湾
通貨 ニュー台湾ドル
TWD (ISO 4217)
ウェブサイト www.cbc.gov.tw
中華民国中央銀行
Central Bank of China (0176).JPG
台北市にある本行(本店)ビル
左:国庫局ビル 右:業務局ビル
各種表記
繁体字 中華民國中央銀行
簡体字 中华民国中央银行
拼音 Zhōnghuá Mínguó Zhōngyāng Yínháng
英文 Central Bank of the Republic of China (Taiwan)
テンプレートを表示

中華民国中央銀行(ちゅうかみんこくちゅうおうぎんこう)は、中華民国台湾)の中央銀行。同国唯一の政府銀行であり、金融の発展、物価安定の維持、台湾元の価値の維持等の重要な役割を持つ。

歴史[編集]

中華民国中央銀行は1928年11月1日上海で設立され、1949年に中華民国政府の台湾移転に伴い、台湾へ移された。しかしながら、台湾での中央銀行の役割は台湾銀行が代行しており、実際には有名無実であった。実際の業務開始は1961年6月27日に「中央銀行復業案」が発せられた後の7月1日であり、その際に台湾銀行が代行していた業務が移管された。1979年11月には「中央銀行法」に基づき総統府から行政院の下へ改組、金融安定や銀行業務管理、国内外における台湾元の安定を主要な役割とするようになる。

ただし発券業務については、既に台湾元(新台幣)が安定的に流通していることから、台湾銀行が引き続き委託業務を行うこととなった。中央銀行が発券業務を行うのは、2000年の紙幣改定に伴い台湾元(新台幣)を国家の正式通貨と定めてからのことである。

組織[編集]

  • 監事会、理事会
    • 総裁
      • 副総裁(2名)
  • 業務局
  • 発行局
  • 外匯局
  • 国庫局
  • 金融業務検査処
  • 経済研究処
  • 秘書処
  • 会計処
  • 情報室
  • 人事室
  • 政風室
  • 法務室
  • ニューヨーク代表弁事処
  • ロンドン代表弁事処
  • 中央印製廠
  • 中央造幣廠

歴代総裁[編集]

  姓名 着任 退任
1 徐柏園 1960年7月 1969年5月
2 兪国華 1969年5月 1984年5月
3 張継正 1984年6月 1989年5月
4 謝森中 1989年6月 1994年5月
5 梁国樹 1994年6月 1995年3月
6 許遠東 1995年3月 1998年2月
7 彭淮南 1998年2月 2018年2月
8 楊金龍 2018年2月 現任

関連項目[編集]

外部リンク[編集]