ラトビア銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラトビア銀行
Latvijas Banka (ラトビア語)
ダウガフピルスにある支店
ダウガフピルスにある支店
本店 リガ
設立 1922年9月7日
総裁 イルマールス・リムシェーヴィチス
ラトビアの旗 ラトビア
通貨 ラッツ
ISO 4217 コード LVL
ウェブサイト www.bank.lv
前身 国立貯蓄信用銀行

ラトビア銀行(ラトビアぎんこう、ラトビア語Latvijas Banka)はラトビア中央銀行。国内でも重要な公的機関のひとつであり、法令で定められた経済における役割を果たしている。ラトビア銀行の基本目的は、金融政策を実施して通貨を管理し、ラトビアの物価安定を維持することである。また通貨ラッツの硬貨・紙幣を発行している。

ラトビア銀行の本店はリガにおかれている。会計年度は1月1日を期首、12月31日を期末としている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「ラトビア銀行」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ