黄昭堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黄昭堂(2008年)

黄 昭堂(こう しょうどう、1932年9月21日 - 2011年11月17日)は、台湾政治活動家台湾独立建國聯盟主席、昭和大学名誉教授。

略歴[編集]

日本統治時代の台湾台南州(後の台南県、現在の台南市)生まれ[1]

台湾大学法学部卒業後、1958年東京大学大学院へ留学し社会学博士を取得。聖心女子大学、東京大学講師を経て、1976年から昭和大学の政治学教授となり、1998年まで務めた[2]

1992年、34年ぶりに台湾へ戻り、1995年には台湾独立建国連盟主席に就任した[2]

2011年11月17日、動脈剥離のため台北市内の病院で死去。79歳没[1][2]

主な著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 大中華主義はアジアを幸福にしない(草思社、1997年、ISBN 978-4794207630
  • 続・運命共同体としての日本と台湾―アジアを覆う中国の影(早稲田出版、2005年、ISBN 978-4898273098

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]