台北栄民総医院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 臺北榮民總醫院
Chung-cheng Building, Taipei Veterans General Hospital 20050503.jpg
情報
正式名称 行政院國軍退除役官兵輔導委員會臺北榮民總醫院
英語名称 Taipei Veterans General Hospital
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、外科、肛門外科、脳神経外科、整形外科、伝統医学科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、神経科、急診科、麻酔科、放射線科、小児科、家庭医学科、栄養科、薬剤科
職員数 5,000
病院事業管理者 行政院国軍退除役官兵輔導委員会
開設年月日 1958年7月1日
所在地
11217
台北市北投区石牌路二段201号
PJ 医療機関
テンプレートを表示
当医院の夜のロビー

台北栄民総医院(たいぺいえいみんそういいん、正体字: 臺北榮民總醫院拼音: Táiběi Róngmín Zǒngyīyuàn)は中華民国台湾台北市にある最も大きな国立病院のひとつである。略称は台北栄総行政院国軍退除役官兵輔導委員会の直轄病院である。

台湾における医療衛生体制において、国立台湾大学付属病院、三軍総合医院、国立成功大学付属病院及び長庚紀念医院と同じく最高レベルの医療センターとして位置付けられている。また、22階建ての中正棟は石牌地区のランドマークの一つとなっている。

規模[編集]

開院当初は病床数約600の現役または退役軍人専用病院であったが、現在では一般にも開放されている。1日の外来患者は10,000人台、病床数約3,000、医師数960人強、看護師約2200人強をはじめ全職員数は5,000人を超える。病院は中正棟、思源棟、長青棟、第一、二、三門診ビル、致徳棟、神経再生センター、身障センター、動力センター等で構成され,敷地面積302,216ヘクタール,総建築面積は511,364平方キロメートルとなっている。

沿革[編集]

117号病室[編集]

117号病室は地理的な位置及び蔣介石一族の特別な関係から特殊病室といわれた。蔣介石一族のプライベートな病室であり、蔣介石一族の三代にわたり、健康診断、休養、治療を行ってきたといわれる。最近では1989年4月14日蔣孝文1991年7月1日蔣孝武1996年12月22日蔣孝勇、と三兄弟が共に当病室に搬送されたことから、この病室の神秘性が話題となった。

外部リンク[編集]