関有一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 有一(せき ゆういち、1951年 - )は、日本総務官僚消防庁審議官や、総務省大臣官房審議官、総務省行政評価局長等を経て、中央大学総合政策学部教授

人物・経歴[編集]

群馬県出身[1]群馬県立渋川高等学校を経て[2]、1975年東北大学法学部卒業、行政管理庁入庁。1979年コーネル大学大学院政治学研究科修士課程修了[1]。行政管理庁行政監察局企画担当課長補佐総務庁行政管理局行政手続法制定準備室長等を歴任し[3]、行政手続法策定などにあたった[1]

1999年総務庁長官官房会計課長。2001年総務省中国四国管区行政評価局長。2002年総務省郵政企画管理局次長。2003年消防庁審議官。2004年総務省大臣官房審議官。2005年総務省関東管区行政評価局長。2007年総務省行政評価局長。2009年財団法人簡易保険加入者協会監事。2015年中央大学総合政策学部教授[3]

著書[編集]

脚注[編集]


先代:
熊谷敏
総務省行政評価局長
2007年 - 2009年
次代:
田中順一