カンファレンス (カレッジスポーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国カレッジスポーツにおけるカンファレンス (conference) とは、いくつかのスポーツチームで構成されるリーグのことである。

ここでは全米大学体育協会の第一部 (Division I) に所属するカンファレンスのみを述べる。カレッジスポーツの全カンファレンスのリストについては、英語版 Wikipedia の List of college athletic conferences を参照のこと。

概要[編集]

日本で言えば野球東京六大学東都大学野球リーグアメリカンフットボール関東学生アメリカンフットボールリーグ関西学生アメリカンフットボールリーグなどのリーグにあたる。

カンファレンスやその構成校を統括する組織として、全米大学体育協会 (National Collegiate Athletic Association, NCAA) があり、大半のカンファレンスが所属している。小規模な学校のみのカンファレンスの中には、National Association of Intercollegiate Athletics (NAIA) に所属しているものもある。これらは日本で言えば体育会にあたる。全米大学体育協会に所属する各カンファレンスはその構成校の規模や強さによってさらにディヴィジョン (division) に分かれる。これは日本の体育会で第一部、第二部などと分かれているのとほぼ等しい。

多くのカンファレンスは大学スポーツの全てをカバーしているが、中にはバスケットボールのみのカンファレンス、ホッケーのみのカンファレンスなども存在する。同じ大学でもスポーツによって所属カンファレンスが異なることもある。

日本の大学リーグと比べると、カンファレンス間の大学の移籍や、カンファレンス同士の合併、カンファレンスの解散などが比較的高い頻度で行われている。時には成績不振や不祥事等を理由としたカンファレンスからの追放も行われることがあり、その場合当該大学は一時的にどのカンファレンスにも所属しない「独立校」となる。また伝統的な理由で、一部もしくは全部の種目について、あえてどのカンファレンスにも所属せず独立校を貫く大学もある(詳細は後述)。

Division Iの中での階層化[編集]

フットボールは他のカレッジスポーツに比べて階層化が著しく、Division I の中でもさらにボウル・サブディビジョン(FBS/旧I-A/メジャー)とチャンピオンシップ・サブディビジョン(FCS/旧I-AA/マイナー)に分かれる。さらに、FBSもボウル・チャンピオンシップ・シリーズ(Bowl Championship Series, BCS)に属するカンファレンスとそれ以外とのカンファレンスで階層が分かれている。BCS所属カンファレンスは全米屈指の強豪校・実力校を揃えるメジャー中のメジャーであり、その優勝校が4大ボウル(ローズフィエスタシュガーオレンジ)のいずれかへの出場権を必ず得られるという特権を持っている。

なお、フットボール以外のスポーツにおいては、FBS/FCSの区別はなく(FBS, FCSのFはFootballのFである)、全て Division Iとして扱われる。

Division I FBS[編集]

BCS所属カンファレンス[編集]

ノートルダム大学のフットボールチームは、いずれのカンファレンスにも所属していないが、過去の実績が高く、毎年ミシガン大学南カリフォルニア大学等のBCS校と対戦しているため、9勝以上を条件に4大ボウルへの出場権を得られる。なお、同校はフットボールにおいてのみ無所属であり、他のスポーツではアトランティック・コースト・カンファレンスに所属している。

それ以外のカンファレンス[編集]

2004年シーズンにおいて、当時MWC所属だったユタ大学はシーズン全勝を記録しランキング6位という優秀な成績を残したため、非BCS所属カンファレンスの所属校として初めてとなる4大ボウル(2005年フィエスタボウル)出場が認められた。
  • サン・ベルト・カンファレンス (Sun Belt Conference)
  • ウェスタン・アスレチック・カンファレンス (Western Athletic Conference, WAC)
  • 独立校
    陸軍士官学校のフットボールチームは2004年シーズン後にカンファレンスUSAから脱退。他のスポーツではパトリオット・リーグに所属している。
    海軍兵学校のフットボールチームは、いずれのカンファレンスにも所属していない。他のスポーツではパトリオット・リーグに所属している。

Division I FCS[編集]

IVYとはもともとInter-Varsity を縮めたものであり、ツタの絡まる歴史ある名門大学、という意味ではない。しかし時代が経つにつれて本来のカレッジスポーツ・カンファレンスとしての意味が弱まり、東部名門8大学そのものを指すようになった。
サウスウェスタン・アスレチック・カンファレンスは解散したサウスウェスト・カンファレンス(後述)とは別物である。

バスケットボールのみのカンファレンス[編集]

上記のカンファレンスは、ゲートウェイ・フットボール・カンファレンス、グレート・ウェスト・フットボール・カンファレンス、パイオニア・フットボール・リーグの3カンファレンスを除き、全てバスケットボールのカンファレンスでもある。以下に述べるのはバスケットボールのみのカンファレンスである。

ホッケーのみのカンファレンス[編集]

その他各種スポーツに特化したカンファレンス[編集]

消滅したカンファレンス[編集]

現在はビッグ12カンファレンスとなっている。かつてはBig Six、Big Sevenというカンファレンス名だったこともあった。
上記2カンファレンスは合併してカンファレンスUSAとなった
現在はビッグ・ウェスト・カンファレンスとなっている。
テキサス州内の主要大学8校で構成されていた。現在のBCS所属カンファレンスに相当する主要なカンファレンスであったが、相次ぐ構成校の不祥事によってカンファレンス運営が困難となり1996年に解散した。当時の構成校のうちテキサス大学テキサスA&M大学テキサス工科大学ベイラー大学の4校はビッグ・エイト・カンファレンスに加入し、ビッグ12カンファレンスを構成した。それ以外の"Forgotten Four"(忘れられた4校)と呼ばれる各校は非BCS所属カンファレンスに回され、テキサスクリスチャン大学を除く3校は未だに不振にあえいでいる。特に南メソジスト大学は規則違反が酷かったため、1987年に同年の試合キャンセル、翌年までのホームゲームキャンセル、2年間のテレビ放映禁止などを含む「死刑」(The "Death Penalty")と呼ばれる、カレッジフットボール史上最も厳しい処分がNCAAによって下された。同校のフットボールチーム、マスタングスはカンファレンスUSAに所属しているが、Division I-A最弱校のひとつに数えられていた時期が続いた。「死刑」後に初めてボウルゲームに出場、勝利したのは2009年であり、そこまでの復活には実に22年もの歳月を要した。
アトランティック・テン・カンファレンスに吸収合併された。