サン=ジュリアン=シャトゥイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Saint-Julien-Chapteuil
Blason Saint-Julien-Chapteuil 43.svg
Saint-Julien-Chapteuil Vue générale1.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) オート=ロワール県Blason département fr Haute-Loire.svg
(arrondissement) ル・ピュイ=アン=ヴレ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 43200
郵便番号 43260
市長任期 アンドレ・フェレ[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Meygal
人口動態
人口 1873人
2012年
人口密度 66人/km2
住民の呼称 Capitolien
地理
座標 北緯45度02分09秒 東経4度03分42秒 / 北緯45.0358度 東経4.0617度 / 45.0358; 4.0617座標: 北緯45度02分09秒 東経4度03分42秒 / 北緯45.0358度 東経4.0617度 / 45.0358; 4.0617
標高 平均:?m
最低:771 m
最高:1408m
面積 28.26km2
Saint-Julien-Chapteuilの位置(フランス内)
Saint-Julien-Chapteuil
Saint-Julien-Chapteuil
テンプレートを表示

サン=ジュリアン=シャトゥイユSaint-Julien-Chapteuil)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏オート=ロワール県コミューン

地理[編集]

サン=ジュリアン=シャトゥイユとシュク

中山間地にあるコミューンで、標高1000mを超える山であるシュク(suc)が面積内に点在し、そこはメイガル山地の一部となっている。

歴史[編集]

サン=ジュリアンの集落は11世紀終わりにできた小修道院の周りで成長した。この小修道院はベネディクト会派の聖職者たちによってつくられ、ラ・シェーズ=デュー出身者がシャトゥイユの領主となった。

1733年、ジャン・ピエール・ド・シュレルがサン=ジュリアンの封土を獲得し、彼の家系がフランス革命まで領地を保持し続けた。1790年にコミューンになり、1794年にサン=ジュリアンとシャトゥイユが合併した[2]

国民公会時代のコミューン名は、モン=メガル(Mont-Mégal)であった[3]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1762 1646 1499 1569 1664 1804 1877 1873

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[4]、2004年以降INSEE[5][6]

史跡[編集]

ファサード
内陣
翼廊の柱頭

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Liste des maires de la Haute-Loire sur le site de la préfecture (consulté le 28 août 2014).
  2. ^ Chapteuil sur le site Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui de l'EHESS
  3. ^ Saint-Julien-Chapteuil sur le site Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui de l'EHESS, consulté le 20 juillet 2012.
  4. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=18005
  5. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  6. ^ http://www.insee.fr