マチルド・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マチルド・ボナパルト

マチルド=レティツィア・ヴィレルミーヌ・ボナパルトフランス語: Mathilde-Létizia Wilhelmine Bonaparte, 1820年5月17日 - 1904年1月2日)は、ナポレオン1世の末弟ジェローム・ボナパルトの長女。母はジェロームの2度目の妻、ヴュルテンベルク王女カタリーナナポレオン・ジョゼフ・シャルル・ポール・ボナパルト(ナポレオン公)の姉。フランス第二帝政時代にはウジェニー皇后と対立関係にあった。

生涯[編集]

伯父ナポレオン1世死去の前年の1820年トリエステに生まれる。1835年、15歳のときに父ジェロームに連れられて、27歳の従兄ルイ=ナポレオン(後のナポレオン3世)と出会う。当時は色白のすらりとした美少女だった。互いに惹かれあい婚約するが、翌1836年にルイ=ナポレオンはストラスブールで反乱を起こし、逮捕されてしまう。これで婚約は破談になり、その後、政略結婚ロシアの大富豪アナトーリー・デミドフに嫁いだが、夫の暴力に耐えかねて別居状態になった。ロシア皇帝ニコライ1世(母カタリーナの従兄に当たる)のはからいで巨額の慰謝料を得て、パリで愛人とともに自由な生活を送り、またサロンを開いた。1848年にナポレオン3世と再会したときには肥満していたので(「全てを食らう」と言われた祖父、ヴュルテンベルクフリードリヒ1世遺伝の可能性が考えられる)、両者に性的関係はなかったものの仲がよく、彼が結婚するまでは皇后代理を務めていた。

マチルドのサロンでナポレオン3世とスペイン貴族の娘ウジェニーは知り合い、交際するようになった。ウジェニーを軽視していたために当初は気にしなかったが、1853年に2人が結婚すると激怒し、別の社交界を作って対抗した。皇后の悪口はたいていはここから生まれた。

デミドフ公が1870年に死去すると、1873年に美術家で詩人のクロディウス・ポプランと再婚した。

マチルドは1904年、パリにて83歳で死去した。

参考文献[編集]

  • 鹿島茂『怪帝ナポレオンⅢ世 第二帝政全史』