齋藤磯雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

齋藤 磯雄(さいとう いそお、1912年5月26日 - 1985年9月3日)は山形県庄内出身の仏文学者

経歴[編集]

山形県東田川郡清川村生まれ。戸籍上は4月26日生まれ。実家は大庄屋格。幼少時より漢籍と文語聖書に親しんで育つ。

旧制酒田中学校在学中から仏文学を志す。辰野隆の教えを受けるつもりで、1929年法政大学予科に入学。当時既に辰野は法政を退職していたために望みは果たせなかったが、戦後初対面した折にボードレール『悪の華』の完訳を激賞された。法政で豊島与志雄漢詩阿藤伯海(あとう・はくみ)に師事。同級に安藤鶴夫と近藤光治がおり、「三藤」と称して親しく交際した。在学中からプルーストヴィリエ・ド・リラダンを翻訳して発表。1934年法政大学仏文科卒業したが、1953年までいかなる職も持たず、実家から仕送りを受けつつ、リラダンやボードレール、及びそれらに関連するフランス音楽の研究に没頭した。

1950年に、かねてより私淑していた日夏耿之介を訪問し、以後親交を結ぶ。1953年日夏耿之介佐藤正彰らの世話により明治大学文学部非常勤講師となる。1956年から明治大学文学部専任講師1962年から1983年まで明治大学文学部教授を務めた(教授を定年退職した後は没年まで非常勤講師として勤務)。交遊関係も幅広く、文芸評論家の唐木順三中村光夫、詩人・フランス文学者窪田般彌宇佐見英治、哲学者矢内原伊作、画家堀内規次(肖像画がある)翻訳家の大久保康雄などと親交があった。

1938年初刊の『残酷物語』(三笠書房)に始まるヴィリエ・ド・リラダンの翻訳は、三島由紀夫が激賞した[1]。改訳や推敲を経て『ヴィリエ・ド・リラダン全集』(全5巻、1974年1976年)に至った。齋藤の文業から影響を受けた澁澤龍彦[2]は、齋藤の文体を「自国語を鍛えに鍛えて、外国作家の思想の良導体たらしめた」「みごとに『経済の法則』に合致した、短い、凝縮された、簡潔な文体」と称讃した[3]。また、齋藤は戦後の国語改革による日本語表記を「雲助文法馬丁文字」と呼んで憚らなかった[4]

係累[編集]

祖母・辰の実兄は幕末の志士・清河八郎(辰は八郎の死後、齋藤家を継承)。姉・栄子の夫は直木賞作家の柴田錬三郎。縁戚に相良守峯がいる[5]

著作一覧[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

※ラ・ロシュフーコー、ラ・ブリュイエール、プルースト、クローデルは『著作集』に未収録
  • セシェ=ベルトゥ 『ボードレールの生涯』 立風書房〈立風選書〉、1972年(初刊は改造文庫、1940年/三笠書房、1953年)

脚注[編集]

  1. ^ 三島由紀夫『文章読本』(中公文庫で新版)収録の「翻訳の章」より。三島の年少時の愛読書だった、1968年に、生涯一度だけ齋藤に面会した。『齋藤磯雄著作集 第4巻 日記』にその記載がある。
  2. ^ 澁澤自身は、齋藤とは書簡のやり取りのみで面識が終生無く、齋藤が肺癌により没し葬儀後に遺族宅を訪問している。澁澤龍彦「お目にかかっていればよかったの記 齋藤磯雄追悼」より。遺著『都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト』(立風書房、1990年)に収録。他に東京創元社版『リラダン全集(1)』月報に寄稿している。
  3. ^ 澁澤龍彦「思想の良導体-齋藤磯雄氏の翻訳について」(初出はバベルプレス刊『翻訳の世界』1980年4月号。『城と牢獄』青土社、『新編 ビブリオテカ澁澤龍彦 城と牢獄』白水社、『澁澤龍彦全集17』河出書房新社、『澁澤龍彦日本作家論集成』河出文庫に収録)。
  4. ^ 『齋藤磯雄著作集 第4巻』(東京創元社1993年)、292頁参照。
  5. ^ 相良守峯『茫々わが歳月』(郁文堂、1978年)、285頁参照。

参考文献[編集]