レーザー脱毛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レーザー脱毛(レーザーだつもう)とは、レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を用いた、脱毛方法の一つ。一般的に固体レーザーが用いられる。

概要[編集]

原理
黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛する[1][2]。また、毛のライフサイクル(毛周期)のうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれる。これは、毛根に対して十分な熱量が与えられるのがこの期間に限られるからである。
表層に出ている毛は15~20%程度であり、80~85%は休眠状態である。
照射回数
毛周期にもよるが、適切な熱量・間隔で照射した場合、3回の照射で50%程度、5回の照射で70%程度、10回の照射で90%程度を脱毛できるといわれる(一回ごとに表層に出ている20%を脱毛して、休眠している80%程度の密度になるよう想定して照射していった場合、100% → 80% → 64% → 51% → 41% → 33% → 26% → 21% → 17% → 13% → 11%)。この事から考えても、全くの無毛にはならず、産毛は残ることになる。見た目に無毛に近い状態にしようと思えば、15回以上の照射が必要になる。
身体の場合には、2〜3ヶ月に1回のペースで5〜12回程度を目安に照射していくことが望ましい。男性の顔ヒゲなどの場合には、少し短いサイクルで1~2ヶ月に一度、10〜12回程度の照射をすることが多い。
照射周期
毛周期のサイクルの下で脱毛する必要があり、また肌の回復を待つ必要があるため、身体の場合には2~3ヶ月ごと、顔ヒゲの場合には1ヶ月ごとの周期でする必要がある。保湿を怠ったり、日焼けなどをしてしまった場合には、この限りではない。
毛が抜ける時期
レーザーの種類にもよるが、おおむね2週間(1~4週間)ほどかけて、少しずつ抜けていく。自然に抜けていくため、自分で引っ張ったりする必要はない。
その他
稀にではあるが、レーザー脱毛をすることで刺激され、部分的に太くなった毛が生えてくる場合がある(硬毛化)。

処置[編集]

処置時間
実際の処置時間は、広く使用されているアレキサンドライトレーザーの場合、準備・待ち時間など全て含めて、ビキニライン全体で40分程度、顔全体で60分程度、手全体で60分程度、足全体で120分程度である。蓄熱式レーザー(ダイオードレーザー)はおよそこの半分程度の時間になる。
痛み
一般的に「輪ゴムで軽く弾いたよう」と形容される。蓄熱式レーザーは、じわじわ温まるイメージ。
麻酔
麻酔テープ、麻酔クリーム、笑気ガス等。
針脱毛との違い
これまでの針脱毛と比べれば痛みが少なく、短時間で済ませることが出来る。また。針脱毛は1本単位でのピンポイント脱毛であり、レーザー脱毛は面単位での脱毛になる。

処置前後[編集]

処置前
脱毛の照射日には、前日の夜か当日の朝に毛を剃って来院し、カウンセリング後に脱毛を始めることが多い。
処置後
照射当日は、入浴や飲酒は避けることが望ましい。

種類[編集]

レーザー脱毛にはいくつか媒体が使用されている。

  1. ルビーレーザー
    • 波長:694nm
  2. アレキサンドライトレーザー
    • 波長:755nm
  3. ダイオードレーザー
    • 波長:800nm(可変である)
  4. YAGレーザー
    • 波長:1064nm(NdYAG)

医師法との関係[編集]

針脱毛やレーザー脱毛は医療行為とされ、医師のいないエステティックサロンでの営業には法的問題があった。また、高額な内容であるにもかかわらず、その場ですぐに契約させようとするといった問題もあった。厚生労働省が、2001年に『医師免許の無い者がレーザー脱毛をすることは医師法違反』と通達した厚生労働省の通達のを受け、各エステティックサロンは、業界団体の再編やそこでの検討を経て、レーザーの出力を一定値以下に抑えるなどして対応している。

しかし、2009年には、神戸市をはじめ近畿・中国地方の西日本地区に店舗を展開するエステティックサロンチェーンが、医師免許を持たない従業員にレーザー脱毛を行わせていたことが判明し、兵庫県警が医師法違反容疑で捜索を行っている。この店の利用者の中には、火傷などのトラブルに見舞われた者もいるという。

2012年3月にはエアフール(大阪府大阪市北区茶屋町)女性社長とエアフール梅田店店長、従業員の3人は、2011年7月に、医師免許がないのに20代の女性に脱毛する医療行為をして、医師法違反で6日、大阪府警生活環境課と曽根崎署に逮捕された。続いて同年6月には山形市のエステ店で医師免許を持たずに医療行為の「光脱毛」を行ったとして、山形県警生活環境課と山形署は29日、同店を経営する「ブラッサム」社長ら3容疑者を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。

2014年4月にも、姫路市のエステサロン「ハニーフラッシュ」の経営者(50)と元店長の合わせて3人が医師法違反の疑いで逮捕された。同店では8年前から客に対して同様の脱毛行為を行い、これまでに少なくとも310人の客が店側に健康被害を訴え出ていたとのこと。[3]

またさらに2014年8月6日共同通信より、厚生労働省研究班が調査した結果によると、エステの利用後に健康被害を訴える人が相次いでいることが判明。火傷した患者324人の内41%が、エステ脱毛による火傷を負っていることが明らかにされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黒色から濃茶色ではない体毛(脱色した体毛・金髪・白髪など)の脱毛は苦手とする
  2. ^ 肌の地色が濃い場合は、そちらにも反応してしまうため、一般的には施術を避ける
  3. ^ 医師の資格持たずに"光脱毛"経営者ら逮捕 兵庫(14/04/08) 2014年4月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]