粉末焼結積層造形法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

粉末焼結積層造形法(ふんまつしょうけつせきそうぞうけいほう)は、選択的に粉末樹脂、粉末金属を焼結することによって立体形状を作成するラピッドプロトタイピング3Dプリンタにおける造形方式の一つ。2014年2月に基本特許の保護期間が終了した[1]

原理[編集]

熱可塑性樹脂粉末や合金粉末をレーザー放電で溶かし焼結させることで立体形状を作成する。オーバーハングの形状を出力する場合に熱溶解積層法光造形法のようなサポート材が不要で複雑な形状の物体を出力する事ができる。原理的には加熱により軟化する素材であれば良く、比較的の素材の選択の自由度が高い。

レーザー焼結法[編集]

合成樹脂のような比較的融点の低い素材からタービンに使用される耐熱合金のような高融点の金属材料にまで対応する。高出力のレーザーを照射して加熱により成形する[2]

放電焼結法[編集]

導電性の合金粉末を焼結するために使用される。金属材料のみに適用可能。比較的寸法精度の高い物が形成できる。

特徴[編集]

積層による作成のため、成形品とまったく同じ物性を得ることはできないが近い物性を得ることは可能であるため、作成物の用途は非常に広い。

脚注[編集]

外部リンク[編集]