光共振器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光共振器(ひかりきょうしんき)は光の定在波をつくりだすための光学ミラーの配置である。光共振器はレーザーを構成する主要部分であり、レーザー媒質を光共振器内におくことによりレーザーを得る。また、一部の干渉計にも使われる。

 レーザー光はレーザー媒質を励起することにより反転分布を起こし、媒質に光を入射して誘導放出させることにより得られるが、現実的に1回の誘導放出で得られるレーザー光は非常に弱い。そのため、たとえばパルスレーザーでは高い強度を得るために、光共振器内でレーザー光を往復させ、ある程度のエネルギーになったところでレーザー光を出すような技術が開発されている(Qスイッチ) 。CWレーザーでは、共振器の出力側のミラーに「反射率99%、透過率1%」といった特別なミラーを使用することにより、共振器内で多くの光を往復させ、その一部をレーザー光として取り出している。