ウルフカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウルフカットとは、襟足をロングにしてその毛先にレイヤーを使用して髪の毛をそいだヘアスタイルである。

首筋にそって髪の毛の流れが美しいヘアスタイルで、襟足の長さなどによって色々なヘアイメージが表現される。

日本では1970年代前半に流行し、著名人では沢田研二石橋正次志垣太郎が挙げられる。

1990年代後半~2000年代半ばにウルフカットのリバイバルブームが起き、日本の若者の間で人気を博したこともあり、昨今のヘアスタイルの中でも代表的な髪型の一つとしても認知されている(リバイバル時は、ワックスで毛先に動きをつけた現代的なアプローチが見られた)。