ソフトモヒカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソフトモヒカン(和製英語:soft Mohican)は髪型の一種。正面から見て頭部の中心となるラインの髪が、他の部位に比べて長い髪型。必ずしもサイドを剃ったり、段差をつけて短く刈り込む必要はない。

2002年に日韓共催で行われたFIFAワールドカップイングランド代表デビッド・ベッカムが当時この髪型をしており、日本国内におけるサッカーフィーバーやベッカムフィーバーとあいまって、この髪型が爆発的な人気となった。当初はそのまま「ベッカムヘア」とも呼ばれた。

日本人の頭の形をより立体的に見せるので、日本人男性の髪型スポーツ刈りの一種として定着している。「ソフモヒ」と略されることが多い。

関連項目[編集]