スポーツ刈り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツ刈り(スポーツがり)とは、の角を残し、なめらかにつなげるように刈り、前髪を少し長めにする男性の髪型。角を四角く残した刈り方は、角刈りとして区別される。野球などのスポーツをする学生を中心に流行ったので、この名で呼ばれていた。ブロースの変形。

洗いやすく、清潔さを保ちやすいことから職人・料理人、ヘルメットや防護マスクを着用する事の多い消防吏員などを中心に未だに、根強く支持されている。1980年代の男児の定番の髪型であったが、近年はソフトモヒカン等が登場し、スポーツ刈りは減少傾向にある。

慎太郎刈り[編集]

1956年(昭和31年)に流行した、スポーツ刈りの類型。前髪を更に長くするもので、石原慎太郎が『太陽の季節』(映画版)に出演した際この髪型だった為、某紙(東京新聞とされるが未詳)の記者にこう呼ばれるようになった。当時、石原が通っていた逗子市の「塩沢理容店」の店主・塩沢茂一が考案したカットである。石原自身は、自分の名前が呼び捨てにされることから、「慎太郎刈り」という名称を嫌っていたという。これが原因で、日本人男性が帽子を被る習慣が廃れ、国内の帽子メーカーは苦戦を強いられたと言われる。

関連項目[編集]