耳隠し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

耳隠し(みみかくし)は大正時代の女性に大流行した髪形で束髪の一種。

大正8年頃登場し、大正10年には当時の最先端であるパーマネントを導入した大正女性の憧れの髪型であったが、現代ではあまり結われない。

前髪を七・三に分けてサイドに流し、熱したコテを上下交互に髪に挟んで大きなウェーブをつける。サイドの髪を耳を隠すようにゆったりと後ろでまとめて、ごく低い位置にシニヨン(髷)を作って完成する。もっと時期が下ると、外国映画の流行で黒い髪をオキシフルで脱色、赤茶色にすることが流行した。