男の子女の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男の子女の子
郷ひろみシングル
初出アルバム『男の子女の子』
B面 夢をおいかけて
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 岩谷時子筒美京平
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 8位(オリコン
  • 1972年度年間51位(オリコン)
  • 郷ひろみ シングル 年表
    男の子女の子
    (1972年)
    小さな体験
    (1972年)
    テンプレートを表示

    男の子女の子」(おとこのこ おんなのこ)は、1972年8月にリリースされた郷ひろみのデビュー・シングルである。

    解説[編集]

    キャッチフレーズは「フォーリーブスの弟」。新御三家の中で歌手デビューは一番遅かったが、オリコンでのBEST10入りは最初であり、野口五郎(「オレンジの雨」)・西城秀樹(「情熱の嵐」)は翌1973年になってからだった。

    1972年末の「第14回日本レコード大賞」では新人賞を受賞した(但し最優秀新人賞は、麻丘めぐみの「芽ばえ」)。さらにその1年後、1973年末の「第24回NHK紅白歌合戦」へも、同曲で自身初出場を果たしている。

    2001年に発売したアルバム『MOST LOVED HITS OF HIROMI GO VOL.1 〜Heat〜』で2001年バージョンが収録され「GO・GO」のコーラスも入っている。

    評価[編集]

    ジャニーズ事務所は郷の中性的なルックスを前面に押し出して売り込むべく、その魅力を象徴する本曲をデビュー曲に選んだ。この時イメージとして選んだのは、1960年代に流行したグループサウンズの中でも特にアイドル的人気を誇ったオックスであり、オックスの曲を数多く制作した筒美京平を迎えた。本曲は、オックスの楽曲「ダンシング・セブンティーン」の影響を受けていると評されている[1]

    収録曲[編集]

    1. 男の子女の子(HEY,GO GO)(2分56秒)
    2. 夢をおいかけて(CHASING MY DREAM)(3分03秒)
      • 作詞:岩谷時子/作曲・編曲:筒美京平

    カバー[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 矢野, pp. 68-75.

    参考文献[編集]

    • 矢野利裕 『ジャニーズと日本』 講談社現代新書、2016年12月20日。ISBN 978-4-06-288402-0

    関連項目[編集]