志賀眞津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
志賀真津子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
しが まつこ
志賀 眞津子
本名 枝川 高子(旧姓:後藤)
生年月日 (1925-10-05) 1925年10月5日(94歳)
出生地 東京府東京市神田区
職業 女優
活動期間 1950年 -
配偶者 枝川弘
テンプレートを表示

志賀 眞津子(しが まつこ、1925年10月5日 - )は、日本女優志賀真津子の表記もある。本名:枝川高子(旧姓:後藤)。さち子プロ所属。

来歴[編集]

東京市神田区生まれ。

都立高等家政女学校を経て、1944年に東京YWCA家政部を卒業。終戦の翌年の1946年、疎開先から東京都内に生まれて間もない子供と共に帰ってくる。夫は疎開先で亡くなっている。その後、亡夫の家族と生活していたが、自立を考え、好きだった演劇の道に進むことを決意する。義父が作家の志賀直哉と親しく、女優になることを志賀直哉に相談したところ、小津安二郎監督を紹介される。志賀直哉が名付け親になり、芸名を「志賀眞津子」とする。松竹大船撮影所に小津監督を訪ね、撮影所の中庭で小津監督からカメラテストを受けた。

1950年、松竹演技課に入所。翌1951年、小津監督の映画『麦秋』で本格的にデビューする。以降、複数の小津監督作品をはじめ、数々の映画・テレビドラマに出演。

後年、女優業と共に、校正を学び出版社のアルバイトもしていたという(詳細時期は不明)。

1975年12月25日、枝川弘監督と再婚。2010年7月10日、夫の枝川と死別(枝川は93歳だった)。

2010年11月から12月まで放送されたフジテレビ系昼ドラマ花嫁のれん』に出演し、女優として健在ぶりを示している[1]

出演[編集]

映画[編集]

  • 女性三重奏(1950年、松竹
  • 奥様に御用心(1950年、松竹)
  • 麦秋(1951年、松竹)
  • あわれ人妻(1951年、松竹)
  • 我が家は楽し(1951年、松竹)
  • お茶漬の味(1952年、松竹)
  • 妻の青春(1953年、松竹)
  • 「めでたい風景」より 新婚天気図(1954年、松竹)
  • 君に誓いし(1954年、松竹)
  • 亡命記(1955年、松竹)
  • 次郎物語(1955年、新東宝
  • 悪魔の顔(1957年、松竹)
  • 家庭教師と女生徒(1957年、松竹)
  • 眼の壁(1958年、松竹)
  • オンボロ人生(1958年、松竹)
  • 黒い花粉(1958年、松竹)
  • 続・禁男の砂(1958年、松竹)
  • 恋愛裁判(1959年、松竹)
  • ある落日(1959年、松竹)
  • いたづら(1959年、松竹)
  • 斑女(1961年、松竹)
  • 流し雛(1962年、松竹)
  • 東京湾(1962年、松竹)
  • 求人旅行(1962年、松竹)
  • 九ちゃん音頭(1962年、松竹)
  • あの橋の畔で・第2部(1962年、松竹)
  • 秋刀魚の味(1962年、松竹)
  • あの人はいま(1963年、松竹)
  • 危い橋は渡りたい(1963年、松竹)
  • 五瓣の椿(1964年、松竹)
  • 嘘は底抜け(1964年、松竹)
  • 戦場の野郎ども(1964年、松竹)
  • この空のある限り(1964年、松竹)
  • 俺たちの恋(1965年、松竹)
  • 暖春(1966年、松竹)
  • 紀ノ川(1966年、松竹)
  • 恋と涙の太陽(1966年、松竹)
  • 男の顔は履歴書(1966年、松竹)
  • 火の太鼓(1966年、松竹)
  • 激流(1967年、松竹)
  • 花の宴(1967年、松竹)
  • 夜のひとで(1967年、松竹)
  • 初恋宣言(1968年、松竹)
  • スクラップ集団(1968年、松竹)
  • 男はつらいよ(1969年、松竹)
  • 喜劇 大激突(1969年、松竹)
  • 日も月も(1969年、松竹)
  • 美空ひばり・森進一の花と涙と炎(1970年、松竹)
  • 冠婚葬祭入門 新婚心得の巻(1971年、松竹)
  • 必殺仕掛人 梅安蟻地獄(1973年、松竹)
  • はだしの青春(1975年、松竹)
  • 八つ墓村(1977年、松竹)
  • 皇帝のいない八月(1978年、松竹)
  • 配達されない三通の手紙(1979年、松竹)
  • アニメちゃん(1984年、松竹)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大・大・大ベテラン女優、志賀眞津子さんを紹介 - 2010年フジテレビ系『花嫁のれん』公式サイトより

外部リンク[編集]