さよならをもう一度 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さよならをもう一度
Goodbye Again(英語題名)
Aimez-vous Brahms?(フランス題)
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 サミュエル・テイラー
原作 フランソワーズ・サガン
ブラームスはお好き
製作 アナトール・リトヴァク
出演者 イングリッド・バーグマン
イヴ・モンタン
アンソニー・パーキンス
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 アルマン・ティラール
編集 バート・ベイツ
製作会社 アーガス・フィルム
マーキュリー・プロダクション
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1961年6月29日
フランスの旗 1961年6月29日
日本の旗 1961年10月25日
上映時間 120分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
テンプレートを表示

さよならをもう一度』(さよならをもういちど、原題:: Goodbye Again: Aimez-vous Brahms?)は、1961年フランスアメリカ合作映画。フランスの作家フランソワーズ・サガンの小説『ブラームスはお好き』(Aimez-vous Brahms? )を映画化したもの。初公開は1961年6月29日。日本での公開は10月25日ブラームス交響曲第3番第3楽章(ポコ・アレグレット)の甘美なメロディが様々にアレンジされ、各場面で効果的に使われている。

第14回カンヌ国際映画祭においてアンソニー・パーキンス男優賞を受賞している。

ストーリー[編集]

ヒロインに迫る年下男の名前が「シモン」からアメリカ人の「フィリップ」に変えられている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]