服部昇大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服部 昇大(はっとり しょうた、1982年8月10日 - )は、岡山県津山市出身の日本漫画家イラストレーター、同人作家。

経歴[編集]

人物[編集]

厚揚げ照英が大好き。照英ウォッチャーとしてイベントに出演したり、インターネット上で漫画レビューを連載したり、幅広い分野で活躍する。

得意料理はチリビーンズ

口癖は「いいんじゃないすか。」。

アンダーグラウンド日本語ラップにも造詣が深く、CDジャケットイラスト・デザインを手掛けることもある。

特徴[編集]

  • 1970年代から1980年代少女漫画の技法を逆手に取ったような絵柄と不条理なギャグを組み合わせた、特異な作風が特徴である。

6代目『日ペンの美子ちゃん』[編集]

2017年より6代目『日ペンの美子ちゃん』の作画を手がけている。服部はその数年前から、日本語ラップをテーマにした『日ペンの美子ちゃん』のパロディ的漫画『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』をウェブや同人誌で発表しており、パロディを書いていた作家が本家を担当するという異例の形となった。担当者から最初に「一度会ってお話したい」とメールが来た時は、てっきり「怒られるのかな」と思ったという[3]

作品[編集]

その他の活動[編集]

  • 2006年12月23日リリースのアンダーグラウンドヒップホップコンピレーションアルバム「JUNK BEAT TOKYO / "J.B.T. WALKER VOL.1"」のブックレットに『EXCLUSIVE COMIC「JUNK BEAT TOKYO」(原作・COMA-CHI)』を掲載。
  • 不定期で、ミュージックフリーペーパー『UNGA!』に、漫画「れげ★とん」を掲載。
  • その他アンダーグラウンド系ミュージックに関するフライヤーやイラストを多数発表。
  • 週刊アスキー「オフ喜利」のイラストを担当。
  • 創作同人誌『ペロペロコミック』のメンバーでもある。
  • ビデオキャスト『ちょっぴりエッチなクラブ学 横山美雪のこんなの初めてっ!(FLOOR net Podcast)』の番組ロゴを制作。
  • ピコピコカルチャージャパン」にて漫画レビューコラム『墓場の漫画Digger』を連載。
  • 月刊誌『サイゾー』にてコラム「服部昇大の流行解明3分間」を連載。

師匠[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]