ピラニア軍団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピラニア軍団
Namba betuin.jpg
ピラニア軍団の結成式が行われた御堂会館
真宗大谷派難波別院内)
基本情報
職種 俳優
業種 芸能人
詳細情報
適性能力 演技
就業分野 映画テレビドラマ
関連職業 タレント
テンプレートを表示

ピラニア軍団(ピラニアぐんだん)は、日本の俳優集団。東映所属の大部屋俳優を中心に1975年に結成され、映画・テレビドラマで斬られ役・殺られ役・悪役敵役を演じた俳優たちの通称。

概要[編集]

1960年代後半、東映京都撮影所製作のヤクザ映画時代劇を中心に、キャストクレジットに名前が登場しない脇役・斬られ役として出演していた大部屋俳優で、岩尾正隆川谷拓三志賀勝らが忘年会をやろうということになり、志賀が「ピラニア会」と名付けたのが始まりである[1]。やがてほかの脇役や東映ニューフェイス出身でまだ芽が出ていなかった室田日出男小林稔侍片桐竜次成瀬正孝らが加入し[1]、飲み会を行っていた。これらをまだ若手だった渡瀬恒彦が束ねて発起人となり「東映ピラニア軍団」が結成された。

ピラニア軍団を映画監督深作欣二中島貞夫脚本家倉本聰らが面白いと目をつけ始め、深作・倉本・中島らが加入するスタッフ組を「村民」とした(渡瀬や橘麻紀といった俳優組の一部も村民となっている)。村民が手掛けた映画『仁義なき戦いシリーズ』やテレビ『前略おふくろ様』などに多くキャスティングされ、いち早く川谷拓三・室田日出男らが表舞台に登場した。彼らと同じく他の俳優も徐々に注目され始め、ピラニア軍団ブームが訪れるなど注目を浴び、最終的に20人ぐらいになった[1]

1975年に軍団の結成式が大阪市御堂会館で催され、千葉真一・渡瀬恒彦・深作欣二も立会った[2]。千葉は舞台に上がらず、カメラ片手に客席からメンバーに声をかけて、場を盛り上げていた。川谷拓三は千葉に感謝し「ワシ、生まれて初めてこんな派手なスポットライトを浴びましたわ、ホンマおおきに!」と号泣していた[2]1976年にはピラニア軍団の俳優が主要キャストを務めた『暴走パニック 大激突』、『狂った野獣』が公開され(共に主演は渡瀬恒彦)、1977年には三上寛のプロデュースでLP『ピラニア軍団』もリリースした。これは坂本龍一村上秀一かしぶち哲郎後藤次利斎藤ノブら一流ミュージシャンが参加している。同年には軍団総出演の映画『ピラニア軍団 ダボシャツの天』が公開された。

しかし、映画の不入りや当時の映画界の斜陽もあってブームは短命に終わる。1980年日本テレビ系列で放送され、軍団を中心にキャスティングされたドラマ『大激闘マッドポリス'80』と続編の『特命刑事』が終了すると、志賀が軍団を脱退、その他のメンバーも揺れ始める。すでに軍団に所属していた俳優が個々としても活躍できるほどに成長していた事情に加え、映画会社一社との専属契約という形式を取る時代では無くなっていたことや、映画からテレビに流行が移っていたこともあり、1980年代に入ると映画俳優集団としてのピラニア軍団は自然消滅した。

メンバー[編集]

スタッフ組(村民)[編集]

エピソード[編集]

後に八名信夫が結成した悪役集団「悪役商会」などの原型となった集団とも言える。

なお、志賀勝はフジテレビクイズ・ドレミファドン!』の「ドッキリ扉」コーナーで「ピラニアマン」役で出演していた。由来はピラニア軍団である。

松方弘樹の買ったばかりのベンツにトランクから何から軍団20人で乗り込んでクッシャクシャにした[3]

備考[編集]

  •  藤子不二雄A著『プロゴルファー猿』12巻「富士城カントリー」の挿話で主人公の猿がボールを借りるのを断る富士城カントリーの研修生・四蛾(志賀勝がモデル)の強面(こわもて)の人相を見て「わっ!ピラニア軍団みたいな顔!!」と叫んだ後に「フフフ………、よくもはっきりいってくれたな」と四蛾に殴られた猿が弟の中丸からニューボールを受け取って「みてろっ!!ピラニア軍団め!!」とティを挿す場面やその後、四蛾の放ったティーショットを見て「まるで大砲のような威力を持つボール!!このピラニア軍団、顔もすごいが腕もすごいやつや!!」と感心する場面が描かれている。。

脚注[編集]

  1. ^ a b c テリー伊藤 (2016年11月1日). “ピラニア軍団結成のきっかけは何!?”. 天才テリー伊藤対談. Asagei plus. p. 2. 2017年3月23日閲覧。
  2. ^ a b ロビン前田杉作J太郎植地毅 「ピラニア軍団」『東映スピード・アクション浪漫アルバム』 杉作J太郎・植地毅、徳間書店〈浪漫アルバム〉(原著2015年9月30日)、第一刷、231頁。ISBN 978-4-19-864003-3
  3. ^ en-taxi 2005年9月号、扶桑社、p75