狂った野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狂った野獣
監督 中島貞夫
脚本 中島貞夫
大原清秀
関本郁夫
出演者 渡瀬恒彦
室田日出男
川谷拓三
片桐竜次
志賀勝
音楽 広瀬健次郎
主題歌 三上寛「小便だらけの湖」
撮影 塚越堅二
編集 神田忠男
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1976年5月15日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

狂った野獣』(くるったやじゅう)は、1976年5月15日東映系で公開された日本映画。主演:渡瀬恒彦、監督:中島貞夫東映京都撮影所製作、東映配給。併映『ラグビー野郎』(主演:矢吹二朗、監督:清水彰)。

概要[編集]

東映が同じ1976年に渡瀬恒彦主演で『暴走パニック 大激突』(深作欣二監督)と共に二本だけ製作した"カーアクション"をメインとした映画である[1][2][3]。本作は、'70s東映プログラムピクチャーの魅力が炸裂する"和モノB級パンク・ムービーの傑作"とも評される[4][5]。主演の渡瀬は凄まじい身体能力で過激なカーアクションを全て自ら演じた[6][7]。またこの頃、人気が急上昇していた川谷拓三ピラニア軍団[6]、渡瀬と命懸けのノー・スタントに挑んでいる[4][8]

ストーリー[編集]

テスト中の事故でテストドライバーをクビになった速水伸は、恋人・美代子と大阪の宝石店から8500万円相当の宝石類を強奪し、京都市内を走る路線バスで逃走中。ところが銀行強盗に失敗した谷村と桐野がそのバスをジャックし乗客全員を人質にとる。速水のふてぶてしい強面ムードに谷村と桐野はピリピリしまくりだが、それ以上にヤバかったのが心筋梗塞の持病を隠すバスの運転手。彼は緊張状態が続くと発作が起きる危険人物だった。暴走バスは京都市内を猛スピードで疾走。危険が充満したバスを発見しようとバス会社と京都府警は厳重体制に入った[1][5][9]。  

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作経緯[編集]

企画[編集]

カーアクションをメインとした渡瀬主演・深作欣二監督の『暴走パニック 大激突』と『狂った野獣』は同じ着想から生まれた映画である[1][2][3]。『暴走パニック 大激突』の方は物量で押す『バニシングin60″』風に対して『狂った野獣』は、ほぼ全編がバス内という密室劇の構造を持つ"走る『狼たちの午後』"といった趣きである[2][10]1975年夏の『トラック野郎』の大当たりで波に乗る東映は、暴走路線に弾みが付いており[11]、この1976年に『暴走パニック 大激突』『狂った野獣』『爆発! 暴走遊戯』という深作欣二、中島貞夫、石井輝男という三人の鬼才による"暴走映画"の三大傑作を生んだ[11]。また東映はこの年、柳町光男監督の自主映画ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』を買い取って公開し大ヒットさせた[11]。"スピード"と"暴走"はこの時代のキーワードだった[11]

演出・脚本[編集]

監督の中島は初め、岡田茂東映社長から本作の併映「『ラグビー野郎』をやれ」と言われた[3][12][13]。中島はラグビーは好きで企画書を作る段階まではやったが話が噛み合わず[13]、そこから逃げて手が空いてるときに、トラブルがあって番組に穴が空きそうになり「渡瀬主演、予算2000万円、とにかく間に合わせればいい」といった条件を言われ本作の製作を承諾した[3][12][14]。『ラグビー野郎』は『日本の首領』の企画を通すため、日下部五朗プロデューサーが裏技で東映館主会のボスに岡田の説得を頼んだために、その成功と引き換えに無理やりこのボスに製作を強要された映画だった[15][16]。中島は「京都を舞台にしたバスジャック」という構想が既に持っており、その頃京都は3箇所くらい道路を作っていて、そこを使えれば撮れると踏んでいた[3]。またこの4~5年前に京都のバスの運転手が運転中に意識不明になってひっくり返った事件があり、この題材でいけるというプランがあった[13]。時間がないため大原清秀関本郁夫に頼み脚本を手分けして書いた[13]。本作の題名は準備稿では『激突!バス・パニック』だったが、岡田社長が『狂った野獣』に変更した[3]。その由来について中島は「なんか知りませんわ。もう岡田さんがタイトル言った時には、何の抵抗もしなかった。言ったってダメだから」と話している[3]。     

キャスティング[編集]

後年俳優としての名声を高める渡瀬恒彦だが、当時はようやく"添え物映画"の主役を張り始めたころ[17]。本作では自ら命懸けのカースタントを演じるが、「他の人やらないじゃない、こんなバカなこと。まあ車が好きだったこともあるし、そういうことしか能がないからね。体張るみたいな、そういうことでしか東映の中で生きていける術がなかった」などと述べている[17][18]。カーマニアである渡瀬は普段から撮影所の駐車場でスピンの練習をしていて[18]、自分の車だとタイヤが擦り減るからと、川谷拓三の車を無理やり借りて練習することもあったという[9]。渡瀬は本作撮影のために大型免許を取得したが、車両部が絶対間に合わないと言っていたのに、いとも簡単に一週間で取得した[19]。バスの運転手を演じる予定で渡瀬と一緒に大型免許を取りに行った俳優の白川浩二郎は試験に落ちた。このため白川が演じる予定だったバスの運転手は俳優ではなく、東映車両部のロケバスの運転手である[20]ピラニア軍団は前年から放送されたテレビドラマ前略おふくろ様』に、川谷拓三室田日出男が中島と倉本聰の関係から抜擢されて人気が出て[6][12][13]、この頃はピラニア軍団をフィーチャーした企画が通りやすかったという[21]。出演者のほとんどがピラニア軍団で重鎮俳優の出演もなく、相当な低予算で作られた[3]。ピラニア軍団は金が無いときは、中島貞夫がいるいないに関わらず、中島の家で酒を飲んでいて、本作も中島宅で「こういうのあるけどやる?」と聞いたら「やるやる」と出演が決まった[3]ラジオDJ役を演じる笑福亭鶴瓶は映画初出演。当時は無名で渡瀬も鶴瓶が本作に出演していることをずっと知らなかった[17][22]。またラストで三上寛が出演し『小便だらけの湖』を唄う[3]

撮影[編集]

カーアクション映画とはいっても『暴走パニック 大激突』とは違い低予算のため、撮影用に購入した車はバス1台とパトカー8台である[19]。払い下げのバスが50万円で足回りのメンテナンスに100万円[3]。パトカーは車検切れギリギリで10万円以下[3]。俳優のギャラは100万円以上は渡瀬だけで、他の役者は極端に安かった[3]。初めて大役に抜擢された片桐竜次は本作のギャラは不明だが、通常だと日当800円だったと話している[20]。ピラニア軍団でも川谷・室田以外の役者は、まだ夕方撮影所に戻って『銭形平次』とかのテレビ時代劇の撮影に参加して「御用だ御用だ!」と言っていたという[20]。バスの転倒シーンは、当初専門のスタントマン雨宮正信がやる予定だったが[20]、渡瀬が雨宮に「君、やったことあるの?」と聞いたら「ありません」というから渡瀬自ら買って出た[17][18]。「主役が怪我をしたら残りの撮影が出来ない」と監督と製作主任に止められたが、バスの転倒シーンが撮影の最後の方と分かり自らやることにした[17][23]。すると川谷や片桐竜次野口貴史らも乗ると言い出し、バスの中にカメラを仕掛けることになった[18]。渡瀬とバスに同乗したのはこの3人で志賀勝は逃げたという[20]。あとは人形である[20]松本泰郎がこのシーンとは関係のないシーンで居眠りして転倒し骨折した[3]。渡瀬が結構なスピードでバスで並走するバイクの後部座席に立ち、バスの窓から車内に入るシーンは練習なしの一発勝負[17]。バイクを運転する星野じゅんは芝居はヘタだが、運転が上手いと抜擢されたといわれるが[3]、渡瀬は星野の運転は上手くなくよく揺れたと話している[17]。本作で大抜擢されたのが片桐竜次[13][20]。片桐の見せ場である命綱なしでのヘリコプターへのぶら下がりは[5]、近所の公園の鉄棒で練習を重ねていたが、ヘリの足が凄く太くて慌てたという。リハーサルなしの一発撮りで、ヘリがどんどん上昇し、下はアスファルトで、あまりに怖くて足もかけたと話している[20]。こういうシーンには危険手当が1万円付いたので片桐は「5000円でやります」と積極的に手を挙げていたという[20]。片桐は本作を契機に若手の代表格として頭角を現し始めた[5]

興行[編集]

『暴走パニック 大激突』『狂った野獣』は、共に興行は振るわず[6][24]、"東映カーアクション路線"は二本のみで、その後は続かなかった[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『キネマ旬報』1976年5月下旬号、 34頁。
  2. ^ a b c #TSA、82-84頁、伴ジャクソン「70年代東映カーアクションの歩み -それは実録やくざ路線から始まった-」。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o #TSA、114-119頁、「中島貞夫インタビュー」。
  4. ^ a b #名作完全ガイド、172頁。
  5. ^ a b c d #Hotwax4、35、47頁。
  6. ^ a b c d e #TSA、94-97頁、伴ジャクソン「混沌と虚無を呼ぶ東映カーアクション2部作 -『暴走パニック 大激突』『狂った野獣』解題-」。
  7. ^ 渡瀬恒彦 狂犬NIGHTS/ラピュタ阿佐ケ谷NTV火曜9時 The Movie 〜70年代傑作アクションTV映画の源流とその後
  8. ^ 快楽亭ブラックの黒色映画図鑑「狂った野獣」
  9. ^ a b #トラック浪漫、170頁、植地毅・ギンティ小林・市川力夫「'70s東映スピード&メカニック路線+1徹底攻略」。
  10. ^ 樋口尚文 『ロマンポルノと実録やくざ映画 禁じられた70年代日本映画平凡社2009年、143-145頁。ISBN 978-4-582-85476-3
  11. ^ a b c d #名作完全ガイド、165頁。
  12. ^ a b c #遊撃、268-276頁。
  13. ^ a b c d e f #秘宝20099、63-65頁「中島貞夫ロングインタビュー」。
  14. ^ 『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第5回 / 全5回)” (2011年8月2日). 2015年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月19日閲覧。
  15. ^ 高橋賢 『東映実録やくざ映画 無法地帯』 太田出版2003年、242-244頁。ISBN 978-4872337549
  16. ^ 日下部五朗 『シネマの極道 映画プロデューサー一代』 新潮社2012年、107-108頁。ISBN 978-4103332312
  17. ^ a b c d e f g #TSA、106-111頁、「渡瀬恒彦インタビュー」。
  18. ^ a b c d 東映マイスター > vol9マイスター対談 渡瀬恒彦と東映京都撮影所”. 2015年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月19日閲覧。
  19. ^ a b #Hotwax4、58、59頁「中島貞夫インタビュー」。
  20. ^ a b c d e f g h i #TSA、120-124頁、「片桐竜次インタビュー」。
  21. ^ #深作山根、337頁。
  22. ^ 野上龍雄「内なる青春の行方 -シナリオライターの孤独な作業-」、『月刊シナリオ』、日本シナリオ作家協会、1975年9月号、 130-132頁。
  23. ^ 『私と東映』 x 中島貞夫&渡瀬恒彦 トークイベント(第2回 / 全2回)” (2011年10月25日). 2015年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月19日閲覧。
  24. ^ 深作欣二山根貞男 『映画監督深作欣二』 ワイズ出版2003年、336頁。ISBN 4-89830-155-X

参考文献[編集]

外部リンク[編集]