サイドターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランソワ・デュバルが駆るシトロエン・クサララリーカーヘアピンカーブをサイドターンで攻める様子。
車両の向きは大きく変わっているが、最初の2コマではフロントタイヤが中立位置のままである。
(※:写真は2007年ドイツラリー)

サイドターン (: Handbrake Turn)は、モータースポーツ用語ハンドブレーキ(サイドブレーキ)を使用し、リアタイヤロックさせてスリップさせることにより、ステアリングをフルに切った時に旋回できる半径(最小回転半径)よりさらに小さな半径で自動車を旋回させるテクニック。俗にスピンターンともいわれる。

概要[編集]

車両の最小旋回半径の話題から逸れて車速を上げていくと、このテクニックはドリフト走行に繋がっている。またジムカーナにおいて必要不可欠なテクニックの一つでもある。

このテクニックを最速で決める為には、フロントのグリップ限界を超えてはならない(アンダーステアと同様、旋回半径が広がってしまう上、失速してしまう)ので、結局コーナリングの基本から外れることはない。

関連項目[編集]