タイム・ワーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイム・ワーナー・インコーポレイテッド
Time Warner Inc.
Time Warner wordmark.svg
種類 public
市場情報 NYSETWX
略称  
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市
設立 1990年
業種 情報・通信業
事業内容 映画、エンターテイメント、テレビ、出版
代表者 ジェフリー・ビュークス 会長・CEO
売上高 増加 469億8000万ドル(2008年)[1]
営業利益 66.05億(2013)
純利益 36.91億(2013)
純資産 679.94億ドル(2013年)
総資産 299.04億ドル(2013年)
従業員数 34,000 (2013年12月)
決算期 12月末日
主要株主 テッド・ターナー
主要子会社 ワーナー・ブラザース
ターナー・ブロードキャスティング・システム
外部リンク timewarner.com
テンプレートを表示

タイム・ワーナー (Time Warner Inc.) はアメリカの総合メディア企業。映画会社「ワーナー・ブラザース」、ニュース専門チャンネル「CNN」などを擁する複合企業体(メディア・コングロマリット)である。

1990年、Warner CommunicationsとTIME Inc.の両者が合併し、タイム・ワーナーが設立される。その後AOLM&Aによって2000年に「AOLタイム・ワーナー(AOL Time Warner)」となるが、ITバブル崩壊などの影響により、AOL部門の業績が悪化し、影響力が低下したことによって2002年に現社名に戻している。

沿革[編集]

ニューヨークのタイム・ワーナー・センター
ワーナー・ブラザース本社(バーバンク)
  • 1923年 - ワーナー・ブラザースが設立される。
  • 1923年 - タイム誌が創刊される。
  • 1967年 - セヴンアーツがワーナー・ブラザースを買収。
  • 1969年 - レンタカー会社「キニー・ナショナル・サービス」がセヴンアーツを買収。
  • 1972年 - キニーがワーナー・コミュニケーションズと改名。
  • 1989年 - クオンタム・コンピューティング・サービス社がAOLサービスを開始。
  • 1989年3月4日 - タイム社とワーナー·コミュニケーションズの合併を発表。
  • 1990年1月10日 - タイム社とワーナー・コミュニケーションズの合併が完了し、タイム・ワーナーとなる。
  • 1991年 - クオンタム・コンピューティング・サービス社がアメリカ・オンラインと改名。
  • 1995年 - タイム・ワーナーがテッド・ターナーがオーナーであるターナー・ブロードキャスティング・システム(TBS, Inc.)及びその傘下のCNN等を買収
  • 2000年 - AOLとタイム・ワーナーが合併し、AOLタイム・ワーナーとなる。
  • 2002年 - AOLタイム・ワーナーが社名をタイム・ワーナーに戻す。
  • 2008年5月21日 - タイム·ワーナーとタイムワーナーケーブル社が分離に同意。
  • 2009年2月19日 - タイム·ワーナーがタイムワーナーケーブル社の分離・スピンオフを完了。
  • 2009年5月 - タイム・ワーナーがAOL部門の分離・スピンオフを決定。
  • 2013年3月6日 - タイム・ワーナーが独立した株式公開企業としてタイム社の売却を発表。
  • 2016年10月 - 米大手通信業者AT&Tがタイム・ワーナー社に850億㌦(約8兆5000億円)の合併提案。

主な子会社[編集]

手放した子会社[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]