セヴン・アーツ・プロダクションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セヴン・アーツ・プロダクションズ
Seven Arts Productions
市場情報 消滅
略称 セヴン・アーツ
設立 1957年
事業内容 映画製作
代表者 レイ・スターク
主要株主 レイ・スターク
エリオット・ハイマン
関係する人物 ジャック・ワーナー
テンプレートを表示

セヴン・アーツ・プロダクションズSeven Arts Productions)は、かつて存在したアメリカ合衆国映画製作会社である。

略歴・概要[編集]

1957年(昭和32年)、レイ・スタークエリオット・ハイマンが創業した。同社は、メジャースタジオのために製作することが多く、ユナイテッド・アーティスツのためにつくった『荒馬と女』(1961年)、20世紀フォックスのためにつくった『ジゴ』(1962年)、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーのためにつくった『ロリータ』(1962年)、パラマウント映画のためにつくった『パリは燃えているか』などが代表的な作品である。

やがて下請け製作会社から脱却し、投資できる体力と撮影スタジオを持つ映画会社へと転進しようと企図し、多くの企画で、イギリスの伝説的ホラー映画会社ハマー・フィルム・プロダクションと提携作を生んだ。パラマウント映画が配給した『五月の七日間』(1964年)や『のぞき』(1965年)が代表作である。

1967年(昭和42年)、同社はジャック・ワーナーが保有していたワーナー・ブラザースにおける支配的利権を3,200万ドルで取得し、結果、ワーナーと合併し、「ワーナー・ブラザース=セヴン・アーツ」となる[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ Warner Sperling, Cass (Director). (2008). The Brothers Warner (DVD film documentary) Archived 2016年2月17日, at the Wayback Machine.. Warner Sisters, Inc..