何がジェーンに起ったか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
何がジェーンに起こったか?
What Ever Happened to Baby Jane?
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 ルーカス・ヘラー
原作 ヘンリー・ファレル
製作 ロバート・アルドリッチ
製作総指揮 ケネス・ハイマン
出演者 ベティ・デイヴィス
ジョーン・クロフォード
音楽 フランク・デ・ヴォール
撮影 アーネスト・ホーラー
編集 マイケル・ルチアーノ
製作会社 セヴン・アーツ・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年10月31日
日本の旗 1963年4月27日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $980,000
テンプレートを表示

何がジェーンに起ったか?』(なにがジェーンにおこったか、What Ever Happened to Baby Jane?)は、1962年アメリカ合衆国で上映された映画。ロバート・アルドリッチ監督。ベティ・デイヴィスジョーン・クロフォードの競演が話題を呼んだ。

ストーリー[編集]

1917年のこと、ジェーン・ハドソンはわずか6歳にして、すでに人気者であった。ヴォードヴィルの舞台に立って愛らしい姿と歌で客を楽しませる、「ベイビー・ジェーン」として喝采を浴びていたのだ。

しかし、その輝くような舞台を羨望と嫉妬で見る目があった。姉のブランチである。ジェーンは舞台上だけでなく、そこを降りた後も家族から特別な扱いを受けるが、ブランチは公私にわたって妹の影に隠れ、誰にも省みられない。

しかし大人になったころ、ジェーンとブランチの立場は大きく変っていった。映画の時代になると、ブランチは実力派の女優としての評価を得るが、ジェーンの人気は遠い過去のものとなり、俳優としても能力が無く、素行にも問題があるとされて仕事から外されていくようになったのだ。大スターの姉と、仕事もなく酒びたりの妹、二人の立場は完全に逆転していた。

そんなころ、嫉妬にとらわれた姉妹の間にその痛ましい事件は起きた。殺意に満ちた自動車が相手を轢こうとして猛り、結局は狙った側も狙われた側の運命をも引き裂いてしまった。間一髪で難を逃れたブランチではあったが、この事件で背骨に傷を受けて歩くことが出来なくなり、ジェーンはその責めを負うかたちで姉の面倒を見ることになった。

こうして表舞台から消え、二人だけの世界に入った姉妹だったが、しかし姉に対するジェーンの呪詛は何年が経ようと消えず、やがて姉の人生を支配する醜く陰湿な暴君へと変貌していく。

ジェーンは、ブランチの可愛がっていた小鳥を昼食として供したのを皮切りに、ネズミを食事に出すなどしてブランチを精神的に追いつめる。そして、ジェーンの留守中にブランチが隠れて医者に電話で助けを求めたことからジェーンの怒りが爆発、ブランチを部屋に監禁する。更にジェーンは監禁に気付いた家政婦のエルヴァイラを殺害し、遺棄してしまう。芸能界への復帰という妄想を抱き始めていたジェーンは、売れないピアニストのエドウィンを雇っていたが、その彼もブランチの監禁に気付いてしまう。追いつめられたジェーンは瀕死の状態にあるブランチを連れて車で逃げ出す。エルヴァイラの死体が見つかり、ジェーンがブランチを連れ出して行方不明になっていることが新聞やラジオで報道される。そのころ、ジェーンは海辺で子供のように遊んでいた。ブランチは息も絶え絶えにかつての自動車事故の真相をジェーンに語る。

実は、あの事故はブランチをパーティでバカにしたジェーンをブランチが轢き殺そうとして起きたもので、ジェーンは咄嗟によけて無傷だったがブランチの運転していた車は柱に激突し、そのために下半身が不随となったのである。ジェーンは恐怖から咄嗟に逃げ出し、ブランチは車から這い出たところを発見されたため、ジェーンが犯人にされ、ブランチは酔っていたジェーンに事故当時の記憶がないことをいいことにジェーンの起こした事故としていたのだった。ブランチがジェーンに詫びると、ジェーンは穏やかな表情で「アイスクリームを買ってあげる」と言って売店に向かう。その帰りに警官に見つかったジェーンは、自分を取り囲む人々を前に子供の頃のように軽やかに踊りだす。警官は瀕死のブランチをようやく見つける。

キャスト[編集]

  • ジェーン・ハドソン - ベティ・デイヴィス: かつての子役スター。
  • ブランチ・ハドソン - ジョーン・クロフォード: かつての映画スター。ジェーンの姉。
  • エドウィン・フラッグ - ヴィクター・ブオノ: 太った売れないピアニスト。
  • エルヴァイラ・スティット - メイディー・ノーマン: ハドソン家の家政婦。ブランチを心配する。
  • ベイツ夫人 - アンナ・リー: ハドソン家の隣人。ブランチのファン。
  • デリラ・フラッグ - マージョリー・ベネット: エドウィンの母。子離れできない。

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

映画祭・賞 部門 対象者 結果
アカデミー賞 主演女優賞 ベティ・デイヴィス ノミネート
助演男優賞 ヴィクター・ブオノ ノミネート
撮影賞(白黒) アーネスト・ホーラー ノミネート
衣裳デザイン賞(白黒) ノーマ・コック 受賞
音響賞 ジョゼフ・D・ケリー ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) ベティ・デイヴィス ノミネート
助演男優賞 ヴィクター・ブオノ ノミネート
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ロバート・アルドリッチ ノミネート
英国アカデミー賞 海外女優賞 ベティ・デイヴィス ノミネート
ジョーン・クロフォード ノミネート

外部リンク[編集]