宗道臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宗道臣

宗 道臣(そう どうしん、1911年明治44年)2月10日 - 1980年昭和55年)5月12日)は、日本人、日本の元陸軍軍人日本武道家、思想家、教育者、冒険家、運動家。日本の武道の一つである少林寺拳法の創始者であり、北少林義和門拳第21代正統継承者(事実上の嵩山少林寺少林武術最後の正統継承者)。姓名は中野 理男(なかの みちお)[1]中野 道臣(なかの みちおみ)を経て宗 道臣を名乗るようになった。少林寺拳法を通じて、日本の青少年育成を目指した教育家でもあった。金剛禅運動の提唱者でもあり、その目的は「人の質」を変えることにあった。通称「喧嘩坊主」「亀仙人」

経歴[編集]

 明治44年2月10日、中野理男は福岡県出身の税関吏の長子として、母・𠮷野の実家がある岡山県英田郡江見村(現、英田郡作東町)で生を受ける。

 大正8年、8歳で父を亡くした理男は、幼いながらも懸命に母と妹二人のために働くが、人生苦に陥った母は天理教に入信してしまう。母はその後、天理教の勧めにより本部の天理教校に入り、理男と二人の妹は母の実家に身を寄せることになる。

 大正12年、理男(12歳の折)は家出をする。下関へ向かう事もあり、帝都で丁稚奉公の最中大地震に見舞われる事もあり、樺太を目指し北海道で放浪も経験するが、最後には連れ戻され再び岡山に戻る。

 大正14年、14歳の折に父方の祖父(宗重遠)がいる奉天へ渡るため再び家出をする。宗重遠は、玄洋社頭山満黒龍会内田良平と親交がある武道家としても知られた人物で、大陸浪人が憧れの時代に於いて、満洲へ単身渡ってきた理男は、重遠によって武道的にも人脈的にも寵愛されることになる。

 大正15年3月、理男は祖父の下で奉天中学校を卒業する。しかし、5月に母危篤の報を受け内地へ帰省するが、母はその3日後に天理教の教会で、天理教の指導により医療を受けることができず死去。その後二人の妹も続けて亡くし、更に祖父重遠も亡くしたため、理男はこの僅か一年余りの内に天涯孤独となる。更に理男も病(盲腸炎)に罹る事になるが、内田良平の世話により入院と手術を受けることができる。退院後、頭山満邸にて居候となり、その後、中柴恵洲邸で居候となる。この頃は、度重なる恐慌による社会不安等の為昭和維新が叫ばれる時代であり、理男は頭山邸や中柴邸で板垣征四郎石原莞爾土肥原賢二大川周明と縁合するようになる。 

 昭和3年1月(理男18歳)、未曽有の国難を打破するため、陸軍土肥原機関要員として満洲行きを志願する。大陸へ渡った理男は、東宮大尉等が進める張作霖打倒工作への参加に必要な教育の為、土肥原機関と協力関係にある宗教的秘密結社「在家裡」の長老であり北少林白蓮拳の師父・陳良老子に弟子入りする。その際、陳老師と起居を共にしながら拳法の技を体得していく。(この期間、石原莞爾金井章次大川周明等から諸事を学ぶ)

 昭和4年、任務の終了により、理男は陳老師等と軍事用地誌と各地の組織との連絡任務を受ける。この任務は満蒙の大旅行であったが、陳老師の人脈により東北各地にいた秘密結社の頭目や師父達から、当時消滅されつつあった様々な拳技を習う。しかし、過酷な旅は理男の身心を病ませチフスに罹ることになり、治癒はしたがスランプに陥ると内地へ帰還する事を決断する。

 昭和5年12月、理男19歳の折、帝国陸軍各務原第一飛行隊へ入隊する。しかし翌年心臓弁膜症と分かり兵役免除を言い渡される。

 昭和6年10月、死を覚悟し行くところも無い理男は、陳老師を訪ねる為3度目の渡満をする。老師と再会した理男は、関東軍嘱託、奉天陸軍土肥原機関の機関員として北支工作に関連して北京へと潜入することになる。理男はそこで死をも厭わず、自ら危険な任務を次々と請け負うが、見かねた老師の経脈医法により病は治癒する。

 昭和8年、陳老師の紹介で、北京に隠棲していた老師の師である北少林義和門拳の師父・文太宗老師に弟子入りし、その寵愛を受ける。

 昭和10年、理男は内地にて高田とよ子と結婚し、その後二女が生まれる。

 昭和11年秋、文老師、陳老師に伴って、祖師(達磨)の遺跡のある嵩山へ傳法の儀式の為入山する。そして、理男は当時荒れ果てていた少林寺初祖殿にて、老師の旧友恒林和尚の立ち合いの下、北少林義和門拳第21代を継承する。

 昭和12年初、‎満洲国濱江省の警務庁特務視察(鉄道警察官)に就き、満洲鉄道の鉄路警護隊員としてソ連との国境の町・綏芬河に配属される。しかし、7月には盧溝橋事件が発生する。

 昭和13年、ソ連国境で張鼓峰事件が発生する。これら事件の立て続けに起こる緊迫した国際情勢によって、国境任務の理男は多忙を極める。

 昭和14年6月、北辺振興計画に基づいて新設された綏陽県の県長・根本龍太郎(後の衆議院議員)から請われ、物動計画に参画する。

 昭和15年、綏陽県長・根岸龍太郎は、新設した商工股(課)の股長に理男を登用する。

 昭和16年1月、理男30歳、妻・とよ子と離婚する。 

 昭和18年、県公署を退職し、民間の綏陽商工会事務局長に就く。8月には真鍋美千代と結婚する。

 昭和20年8月9日、理男34歳、東満洲国境の町綏陽にいたが、未明突如としてソ連軍の爆撃を受ける、その夜明けにソ連軍の機械化部隊の綏陽への突入を確認し脱出するが、この時、関東軍の転進と称した住民や在留邦人を見捨てる光景や、その後続くソ連軍の徹底した略奪による過酷な現実に対して、秩序が乱れた時の極限に追い込まれた人間の赤裸々な本性を知り人生観が変わる。

 昭和21年5月初旬、信頼できる帮の同志の助けを得て、奉天まで脱出していた理男は、米軍が発した中華民国側の日僑管理処経由の引き揚げ指令によって、引き揚げ部隊の中隊長となる。そして6月中旬、長崎県佐世保港へと入港し帰国する。夢にまで見た祖国に対し期待を胸に抱いていたが、敗戦後のGHQ占領下の日本は荒廃の極みにあり、加えて三国人の暴虐は目に余るものである中、大阪で闇屋を営みながら何とか生計を立てる。

 昭和22年、36歳。工業製品のブローカーとなっていた理男は、香川県多度津町に移住し、この年10月に祖国復興の為、かつて自らが所属していた帮の形を参考に、日本北派少林寺拳法会を創立する。猶この時、釈尊の正法と祖師の傳法をする者に相応しく、名を中野道臣と改めている。

 以後の余生を、再び誇り高き日本民族の幸せを取り戻す為、一人の日本人として、日本国の祖国復興運動に従事する。

著書[編集]

主人公とした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宗由貴『「強さ」とは何か。』2012年、文春新書、27ページ。

関連項目[編集]