断捨離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

断捨離(だんしゃり)とは、

  1. 沖正弘が提唱したヨガの思想[1]
  2. 作家のやましたひでこが提唱する、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想の事(後述)。

概要[編集]

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは異なるものとされている。

やましたが2009年に出版した『新・片付け術 断捨離』(マガジンハウス)のヒットにより、一般に知られるようになる。その後、様々な著者によって、断捨離を扱った本が出版されるようになった。自分と物との関係だけでなく、仕事[2]人間関係にも断捨離を実践することをすすめる書物[3][4]も出版され、2010年には新語・流行語大賞にノミネートされ[5]、流行語となった。近年では断捨離を実践する人を「ミニマリスト」と呼ぶことがあるが、やましたは断捨離とミニマリストを明確に区別している[6]

また、断捨離を意識するあまり、勝手に同居する家族の所有物を捨ててしまう、売却してしまうことでトラブルになる例も多々有り、妻が夫の貴重なコレクションを同意無しに捨てる、子供が大切にしていた思い出の品を親が勝手に捨てるなどで、離婚問題に発展することもある。これについて、やましたは「家族を含めて他人のものを勝手に捨てるのは断捨離ではない」発言し、断捨離とは自分と自分の所有物に行うものであるとの立場を示している。

断捨離の用語の扱い[編集]

1976年に沖正弘の著書[7]で「断捨離」という言葉が使用されている。

2009年にやましたの著書(新・片づけ術「断捨離」)や公式ホームページで「断捨離の提唱者[8]」、ブログプロフィールでは「断捨離の言い出しっぺ[9]」、著書の内容紹介では「断捨離考案者[10]」と記載している。

断捨離の商標権[編集]

やましたは「断捨離」を商標登録しているが、やました以外の者であっても、「断捨離」の思想及びやましたの所有するブランド自身を説明する趣旨で「断捨離」の語を使用することに対して、いかなる場合でも商標権の権利の効力は及ばない[11]。やましたはウェブサイトで「断捨離」を商用利用する事を厳格に禁止したり、個人的に断捨離体験を語ることは認めているが、前述の通り商標法では、禁止も出来ないし、やましたが認める前に認められている。

なお、特許庁は、書籍や電子出版物などの商品において、「商標が…著作物の…一定の内容を明らかに認識させるものと認められる場合には、商品の「品質」を表示するものと判断する」[12](すなわち商標として保護が及ばない)としている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Oki yoga no kangaekata to shugyōhō. 1. Oki, Masahiro, 1921-1985., 沖, 正弘, 1921-1985.. 竹井出版. (1987). ISBN 4884740394. OCLC 674045906. https://www.worldcat.org/oclc/674045906. 
  2. ^ 田崎 (2010)
  3. ^ 向谷 (2011)
  4. ^ 婦人公論編 (2013)
  5. ^ 「現代用語の基礎知識・選 ユーキャン 新語・流行語大賞 第27回 2010年」”. 2019年8月2日閲覧。
  6. ^ 最小でも最大でもなく「最適」な量と関係で ~ダンシャリアンがミニマリストと違う理由(やましたひでこ) - 個人 - Yahoo!ニュース”. 2016年7月7日閲覧。
  7. ^ Oki yoga no kangaekata to shugyōhō. 1. Oki, Masahiro, 1921-1985., 沖, 正弘, 1921-1985.. 竹井出版. (1987). ISBN 4884740394. OCLC 674045906. https://www.worldcat.org/oclc/674045906. 
  8. ^ 断捨離® やましたひでこ公式サイト”. 断捨離® やましたひでこ公式サイト. 2019年6月16日閲覧。
  9. ^ 断捨離@やましたひでこさんのプロフィールページ” (日本語). profile.ameba.jp. 2019年6月16日閲覧。
  10. ^ Tatsumura, Osamu.; 竜村修. (2013). Densetsu no yoga masutā ga oshiete kureta kyūkyoku no ikiru chie. Yamashita, Hideko., やましたひでこ.. Tōkyō: Pīeichipīeditāzugurūpu. ISBN 9784569812588. OCLC 848599376. https://www.worldcat.org/oclc/848599376. 
  11. ^ 商標法第26条第1項第2号、第3号、第4号、第6号
  12. ^ 特許庁「商標審査基準第14版 第3条第1項第3号」” (日本語). 2019年8月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 鈴木淳子・川畑のぶこ『断捨離アンになろう! モノを捨てれば福がくる』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2010年、ISBN 4887598874
  • 田崎正巳『ビジネスパーソンのための断捨離思考のすすめ』同文館出版、2010年、ISBN 4495591517
  • 婦人公論編『断捨離で「母の呪縛」を解く』2013年、4/10号
  • 向谷匡史『50歳からの人断捨離』辰巳出版、2011年、ISBN 4777809722
  • やましたひでこ『新・片づけ術「断捨離」』マガジンハウス、2009年、ISBN 4838720521
  • やましたひでこ・中村究『断捨離 なぜ“捨てられない人”は「うつ」になりやすいのか?―モノ 人 執着 思い込み クセ』主婦の友社、2012年、ISBN 4072844284

関連項目[編集]