久坂部羊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久坂部 羊(くさかべ よう、1955年7月3日[1] - )は、日本小説家推理作家医師。本名・久家義之[1]。血液型AB型[1]

略歴[編集]

大阪府堺市生まれ[1][2][3]大阪府立三国丘高校(26期)[4][5]大阪大学医学部卒業[2]大阪大学医学部附属病院にて外科および麻酔科を研修。その後大阪府立成人病センターで麻酔科、神戸掖済会病院で一般外科に勤務[6]サウジアラビアオーストリアパプアニューギニア在外公館医務官として勤務し[1]、帰国後は在宅医療に従事[2]。同人誌『VIKING』での活動を経て、2003年に『廃用身』で作家デビュー。

第2作『破裂』は、単行本の帯に「医者は、三人殺して初めて、一人前になる」と衝撃的な文句がつけられ、現代版『白い巨塔』とも評される。

2014年、『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞[7]。2015年、『移植屋さん』で「第8回上方落語台本募集」(上方落語協会)優秀賞を受賞[8]

2015年現在は健診センターで非常勤医師として働き、大阪人間科学大学で講師を務めている[1]

人物[編集]

既婚者で、息子が1人と娘が2人いる[1]。また、父親も医師である[1]

医療崩壊に関連して「医師に労基法はそぐわない」「医師の勤務が労基法に違反している云々などは、現場の医師にとっては寝言に等しい」「医師に労基法を適用して、臨床研修制度が大きな矛盾を抱えたことは記憶に新しい。研修医に30万円程度の給料を保障したため、指導医のほうが安月給になったり、週末や当直明けを休みにしたため、研修医の一部が、医師のありようを学ぶ前に、休暇の権利を覚えたりするようになった」と発言している。[9]

若い頃はドストエフスキー三島由紀夫といった純文学が好きだったが、40歳を過ぎる頃からエンターテインメント性の高い大衆小説にも目を向けるようになり、高村薫桐野夏生らの作品を読んで「純文学よりはるかに面白い」と衝撃を受け、自身が執筆する作品も純文学から大衆小説へと方向転換した[1]。しかし文芸誌に応募しても芽が出ず、作家の山田詠美に「こんなに面白い題材で、よくこんなにつまらない小説が書けるものだ」と批判された[1]

著書[編集]

久家義之(くげよしゆき) 名義[編集]

  • 大使館なんかいらない(2001年3月 幻冬舎 / 2002年7月 幻冬舎文庫
  • 呆然!ニッポン大使館―外務省医務官の泣き笑い駐在記(2002年7月 徳間文庫
  • 老いて楽になる人、老いて苦しくなる人(2002年12月 ビジネス社

久坂部羊名義[編集]

医療系[編集]

  • 大学病院のウラは墓場 医学部が患者を殺す(2006年11月 幻冬舎新書
  • 日本人の死に時 そんなに長生きしたいですか(2007年1月 幻冬舎新書)
  • 思い通りの死に方(2012年9月 幻冬舎新書) - 中村仁一との共著
  • 医療幻想 「思い込み」が患者を殺す(2013年2月 ちくま新書)
  • 人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期(2014年9月 幻冬舎新書)

小説[編集]

  • 廃用身(2003年5月 幻冬舎 / 2005年4月 幻冬舎文庫)
  • 破裂(2004年11月 幻冬舎 / 2007年7月 幻冬舎文庫【上・下】)
  • 無痛(2006年4月 幻冬舎 / 2008年9月 幻冬舎文庫)
  • まず石を投げよ(2008年11月 朝日新聞出版
    • 【改題】糾弾 まず石を投げよ(2012年1月 朝日文庫
  • 神の手(2010年5月 NHK出版【上・下】 / 2012年5月 幻冬舎文庫【上・下】)
  • 第五番(2012年2月 幻冬舎) - 「無痛」続編
    • 第五番 無痛II(2015年8月 幻冬舎文庫)
  • 悪医(2013年11月 朝日新聞出版)
  • 嗤う名医(2014年2月 集英社
    • 収録作品:寝たきりの殺意 / シリコン / 至高の名医 / 愛ドクロ / 名医の微笑 / 嘘はキライ
  • 芥川症(2014年6月 新潮社
    • 収録作品:病院の中 / 他生門 / 耳 / クモの意図 / 極楽変 / バナナ粥 / 或利口の一生
  • いつか、あなたも(2014年9月 実業之日本社
    • 収録作品:綿をつめる / 罪滅ぼし / オカリナの夜 / アロエのチカラ / いつか、あなたも / セカンド・ベスト
  • 虚栄(2015年10月 KADOKAWA/角川書店)
  • 反社会品(2016年8月 KADOKAWA/角川書店)
    • 収録作品:人間の屑 / 無脳児は薔薇色の夢を見るか? / 占領 / 不義の子 / 命の重さ / 覗き穴 / 老人の愉しみ
  • 老乱(2016年11月 朝日新聞出版)
  • テロリストの処方(2017年2月 集英社)

アンソロジー[編集]

「」内が久坂部羊の作品

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l “久坂部羊氏、10月NHKとフジで小説Wドラマ化”. nikkansports.com. (2015年8月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1524608.html 2015年12月10日閲覧。 
  2. ^ a b c “死をみる仕事 久坂部羊(小説家、医師)”. msn産経ニュース. (2014年9月14日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140914/bks14091408300013-n3.htm 2014年9月24日閲覧。 
  3. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.366
  4. ^ 同級生交歓”. 文藝春秋WEB. 文藝春秋 (2015年1月21日). 2015年12月10日閲覧。
  5. ^ 高26回・久坂部羊氏の『破裂』が土曜ドラマに”. 三丘同窓会. 大阪府立三国丘高校 (2015年7月21日). 2015年12月10日閲覧。
  6. ^ 医療幻想―「思い込み」が患者を殺す”. 著作者について. 筑摩書房. 2015年12月10日閲覧。
  7. ^ 第3回日本医療小説大賞に久坂部羊さん”. BOOK.asahi.com (2014年4月1日). 2014年4月3日閲覧。
  8. ^ “小説家・久坂部羊さん、「上方落語台本募集」で優秀賞 :”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年12月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151209-OHT1T50015.html 2015年12月9日閲覧。 
  9. ^ 産経新聞2008年3月27日
  10. ^ 名物キャラ誕生予感!西島秀俊、神の眼持つ医師役でフジ系連ドラ主演”. SANSPO.COM (2015年8月5日). 2015年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]