雑餉隈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑餉隈(ざっしょのくま)は、福岡県地名のひとつで、概ね福岡市博多区南部と大野城市西部にまたがる地域を通称として指す。全国随一の難読地名としてたびたび話題に挙げられる[誰によって?]。また、西鉄雑餉隈駅とJR南福岡駅に挟まれる地域は、飲食店や風俗店が多数建ち並んでいる。

歴史[編集]

名そのものの由来は、貝原益軒編纂の『筑前国続風土記』によると、その昔大宰府へ向かう人々を主な対象とした多くの店が連なっていた場所であったこと、または大宰府の官人の雑掌居があったことによる可能性がある。また同書によれば、同書の編纂期における雑餉隈は、那珂郡井相田村(現福岡市博多区井相田)に属する村と山田村(現大野城市山田)に属する村とで、西と東の二村に分かれていた。

現在[編集]

行政区名としての使用は大野城市の雑餉隈町(大野城市域北部、博多区との境界付近、1丁目から5丁目まで)に限られているが、広義には西鉄天神大牟田線雑餉隈駅の南側、JR九州鹿児島本線南福岡駅の東側に広がる街一帯(東雲町・春町・西春町・寿町・元町・相生町・銀天町・麦野)を指す通称として用いられることが多い。

この地には、銀天町商店街という商店街がある。また、かつては歓楽街であったが、営業地区が通学路などに重なっており、保護者からの苦情が多数あったことなどから、風営法の改正を機とした警察の取り締まり強化により、違法店舗が多く摘発され閉店し、ほぼ壊滅状態となった。

名が冠された事物[編集]

雑餉隈駅
  • 雑餉隈駅 - 西鉄天神大牟田線の駅。福岡市博多区内。
  • 雑餉隈保育園(公式)- 社会福祉法人千代福祉会運営の保育園。福岡市博多区内。
  • 雑餉隈恵比須神社 - 事代主神および火産霊神を祀る神社。大野城市内。
  • 雑餉隈公民館および老人憩いの家 - 大野城市雑餉隈街区の公民館、およびこれと一体になった老人憩いの家。雑餉隈恵比須神社の東脇に所在。
  • 西日本鉄道雑餉隈自動車営業所 - 西鉄バスの営業所。

このほか、JR南福岡駅は1966年まで雑餉隈駅と称していた。

関連項目[編集]