戦国自衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戦国自衛隊』(せんごくじえいたい)は、日本SF小説作家半村良中編小説として『SFマガジン1971年の9月号・10月号に連載した。本作を直接の原作あるいは原案として映画劇画テレビドラマなど、『戦国自衛隊』を冠した作品が様々なジャンルで作られている(#派生作品)。

概説[編集]

「近代兵器で武装した現代の軍隊」と「弓矢や刀で武装した戦国時代の鎧武者軍団」が戦ったらどうなるのか?」という疑問に対して、あくまで現実的な回答を用意したSF小説の金字塔であり、架空戦記の元祖的作品である。

1974年刊行の中短編集『わがふるさとは黄泉の国』(早川書房)に収録され、1975年ハヤカワ文庫版の際に初めて表題作となって刊行された。のちに角川文庫(1978年)、ハルキ文庫(2000年)からも再刊されている。

ストーリー[編集]

近代兵器を装備した自衛隊が、日本海沿岸一帯で大演習を展開していた。新潟県富山県の県境に第十二師団第一師団海上自衛隊が集結し、臨時の補給施設が設けられたが、そのうちの30名あまりを突如、「時震」が襲った。伊庭義明(いば よしあき)・三等陸尉を中心とするその一団は、大量の補給物資や近代兵器とともに、いつの間にか戦国時代へタイムスリップしていた。戦国武将の1人である長尾景虎(後の上杉謙信)と邂逅した伊庭たちは、否応なく合戦三昧の世の中へ組み込まれていく。

やがて、伊庭たちはこの戦国時代に正史とは微妙なズレが生じていることや、斎藤道三織田信長が存在していないことを知る。伊庭は景虎と手を組み、現代の兵器と戦術を用いることで戦国時代を勝ち続け、川中島の戦いを経て天下統一すら間近にするが、「我々が知る歴史と異なる歴史を持つこの世界における自らの役割は何か?」という疑問を拭えずにいた。

物語終盤、伊庭たちは京の妙蓮寺に宿泊していたところを細川藤孝に叛乱を起こされ、次々に殺されていく。燃え盛る炎の中で最期を悟り、自決するべく拳銃をこめかみに定めて戦国の日々を回想した伊庭は、引き金を引く瞬間に「この世界は我々が知る世界とは異なる歴史を持とうとしていたが、自らがこの世界へ来て(信長らの代役となったことで)、タイムパラドックスを修正してしまった」という皮肉な事実に気付かされるのだった。

登場兵器[編集]

派生作品[編集]

映画[編集]

戦国自衛隊[編集]

アクション監督主演千葉真一監督斎藤光正製作角川春樹事務所配給東宝東映洋画系で1979年に封切り公開された日本映画興行収入23億円のヒットを記録した[1]

戦国自衛隊1549[編集]

主演:江口洋介、監督:手塚昌明、製作:角川映画株式会社、配給:東宝による2005年公開の日本映画。福井晴敏プロットを作り、1979年の映画のリメイク的、また続編的作品として製作された。福井による小説も書かれている。

劇画[編集]

田辺節雄により『戦国自衛隊』のタイトルで『プレイコミック』(秋田書店)に1975年から1976年まで連載され、原作に忠実に劇画化されている。田辺のオリジナルのストーリーによる続編『続・戦国自衛隊』が、2000年から2008年にかけて書き下ろしで刊行された。『続・戦国自衛隊』では関ヶ原の戦い大坂の陣島原の乱における自衛隊員たちの戦いが描かれている。また、『続・戦国自衛隊』は宇治谷順によってノベライズもされている。

上記とは別に、森秀樹による新たな劇画版『戦国自衛隊』が『コミック乱ツインズ 戦国武将列伝』(リイド社)に2013年から連載されている。

テレビドラマ[編集]

『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』は、日本テレビ系列DRAMA COMPLEX』枠で2006年1月31日・2月7日に放送された、前後編からなる長時間ドラマである。題名通り、関ヶ原の戦いを舞台とするが、劇画とは異なる独自のストーリーである。また、映画などの続編的要素もない。

演劇[編集]

劇団ゲキハロ第11回公演『戦国自衛隊』として、2011年9月から池袋サンシャイン劇場シアターBRAVA!にて上演されている。

Berryz工房℃-uteのメンバーが、「月光組」と「風雲組」に分かれて公演を実施し、「月光組」は脚本・演出を大人の麦茶塩田泰造が担当し、「風雲組」は脚本を林誠人、演出をTBSテレビ鈴木早苗が担当する[2]

ゲーム[編集]

カードバトルゲーム『生還せよ!戦国自衛隊』が、モバゲーにて2011年12月7日より配信されている。

外伝小説[編集]

架空戦記作家吉田親司による外伝小説『自衛隊三国志』が、2008年に刊行されている。半村良の著作権管理者(本人は2002年に死去)の許諾を取り、『戦国自衛隊』と同じ世界観で描かれているが、この小説では自衛隊が三国志の時代にタイムスリップする。旧『戦国自衛隊』の中心メンバーだった伊庭三尉の娘や、『続・戦国自衛隊』の登場人物の息子が自衛官として登場する。

類似した設定を持つ作品[編集]

『戦国自衛隊』の発表後、似た世界観や設定を持つ架空戦記の小説や漫画が多く刊行された。

スーパー戦国記
中島徳博の漫画。1976年、『月刊少年ジャンプ』に連載された。
ジェット機に乗っていた高校生3人がジェット機ごと戦国時代にタイムスリップ。そこでは先にタイムスリップしていたアメリカ兵が今川義元に味方し、桶狭間の戦い織田信長を殺害していた。高校生3人は、信長、豊臣秀吉徳川家康の役割を担うことになってゆく。
地球から来た傭兵たち
ジェリー・パーネルの小説。1979年、アメリカ。
アンゴラ内戦に参加し、キューバ軍に追い詰められたアメリカ人傭兵たちが異星人に救われ、ローマ帝国や中世騎士道文化、ギリシア都市国家スコットランド高地人が混在する中世レベルの文明の惑星に連行され、ある仕事を強要される。
補給に限りがある現代兵器の使用をなるべく避け、先進的な戦術を用いて敵を撃破する」という点で小説『戦国自衛隊』に近い。
ファイナル・カウントダウン
1980年のアメリカ映画。
アメリカ海軍空母ニミッツ」が第二次世界大戦中にタイムスリップし、 F-14ゼロ戦が戦う。
タイムパラドックスをどう防ぐか試行錯誤する点で、『戦国自衛隊1549』に近い。
前年に公開された映画『戦国自衛隊』は『ファイナル・カウントダウン』の盗作ではないかとも言われたが、その原作の小説がさらに以前に発表されていたため、大きな問題とはならずに終息した。この件については、劇画版『戦国自衛隊』のコンビニコミック版単行本(下巻)のあとがきでも触れられている。
聖ミカエラ学園漂流記
高取英の戯曲・小説。1983年
私立ミカエラ学園の生徒達が、学園長が隠匿していた兵器を奪って過去へタイムスリップし、島原の乱で幕府軍を打ち破って歴史を変えてしまう。
異聞・ミッドウェー海戦―タイムパトロール極秘ファイル
豊田有恒の短編小説集。表題作『異聞・ミッドウェー海戦』(1987年)は、歴史改変を目論む未来人によって海上自衛隊護衛艦くらまが、ミッドウェー海戦の最中にタイムスリップするというもの。現代の軍艦が第二次世界大戦にタイムスリップする、歴史改変はならずに元の時代へ戻されるという点で、『ファイナル・カウントダウン』と設定が酷似している。
大逆説!PKO軍、関ヶ原合戦に突入す
志茂田景樹の小説。1992年
自衛隊がカンボジアPKO活動への派遣中、関ヶ原合戦直前にタイムスリップ。自衛隊員は佐々木小次郎らを配下にし、生き残りを賭けて戦い抜いていく。
戦国の長嶋巨人軍
志茂田景樹の小説。1995年
長嶋巨人軍が戦国にタイムスリップし、織田信長と共闘する。日高建男により『戦国の長縞GB軍』として漫画化されている(『コミック乱』連載、2013年)。
天軍
2005年韓国映画。
韓国軍・朝鮮人民軍の兵士が、李舜臣が存在する時代にタイムスリップ。両軍は李舜臣を守りながら、現代に帰る方法を探す。
ポスターが『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のポスターに似ていたり、内容も『戦国自衛隊』に似ていることから、一時的に騒動となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 60式自走無反動砲と混同されたのか、劇画では60式装甲車とジープ搭載型60式106mm無反動砲各1台に修正されている。
出典
  1. ^ 戦国自衛隊”. 作品データ. SF MOVIE DataBank. 2012年12月3日閲覧。
  2. ^ アイドルグループ「Berryz工房」と「℃-ute」の主演で、SF小説「戦国自衛隊」を舞台化(シアターガイド、2011年6月10日)

外部リンク[編集]