テレンス・ウィンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テレンス・ウィンター
Terence Winter
生年月日 (1960-10-02) 1960年10月2日(58歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区
職業 脚本家テレビプロデューサー映画プロデューサーディレクター
活動期間 1995年 - 活動中
テンプレートを表示

テレンス・パトリック・ウィンターTerence Patrick Winter, 1960年10月2日 - )は、アメリカ合衆国脚本家テレビプロデューサーである。『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』、『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』で知られ、エミー賞の受賞経験もある。

生い立ち[編集]

ニューヨークブルックリン区で生まれる。大学はニューヨーク大学へ通い、学士を受けた。その後セント・ジョンズ大学法学部に通った。2年間弁護士をした後、1991年にロサンゼルスへ移って脚本家となる。

キャリア[編集]

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』以外では『ジーナ』、『フリッパー』 、『Dr.マーク・スローン』や2005年の映画『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』の脚本を書いている。

ザ・ソプラノズ[編集]

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』では25話分の脚本を書いている。また、第6シーズン第17話「孤独」("Walk Like a Man")では監督も務めた[1]。2001年、第3シーズン第11話「逃亡」により全米脚本家組合賞エドガー賞を受賞した。2004年には製作総指揮を務めたことにより、エミー賞ドラマシリーズ賞を、さらに第5シーズン第12話「引鉄」("Long Term Parking")によりドラマシリーズ脚本賞を受賞した。2006年には「錯乱」("Members Only")で3たびエミー賞を受賞し、さらに2007年の「孤独」("Walk Like a Man")で2度目となる全米脚本家組合賞と4度目となるエミー賞を獲得した。 2008年には「臨界」("The Second Coming")で3度目の全米脚本家組合賞受賞を果たした[2][3][4]

ボードウォーク・エンパイア[編集]

2010年より開始された『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』では、企画、製作総指揮を務めた上、主要なエピソードの脚本を担当している。第1シーズンでは第1話「禁酒法時代の幕開け」("Boardwalk Empire")[5]、第2話「波紋」("The Ivory Tower")[6]、第12話 "A Return to Normalcy" の脚本を書いた[7]

2010年の全米脚本家組合賞では新シリーズ脚本賞を受賞し、ドラマシリーズ脚本賞にもノミネートされた[8]。また同番組は第68回ゴールデングローブ賞で3部門で候補に挙がり、ドラマシリーズ賞とドラマシリーズ主演男優賞(スティーヴ・ブシェミ)を受賞した[9]。さらにアメリカ映画協会の2010年のテレビ・トップテン・リストに入った。さらに同番組は第17回全米映画俳優組合賞でドラマシリーズキャスト賞とドラマシリーズ男優賞を受賞し、第1話を監督したマーティン・スコセッシ全米監督協会賞のドラマシリーズ監督賞を受賞した。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

製作[編集]

番組名 役割 備考
2010 ボードウォーク・エンパイア 欲望の街
Boardwalk Empire
製作総指揮 第1シーズン
2007 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
The Sopranos
製作総指揮 第6シーズン、Part II
2006 第6シーズン、Part I
2004 第5シーズン
2002 共同製作総指揮 第4シーズン
2001 製作統括 第3シーズン、第7-13話
製作 第3シーズン、第1-6話
2000 製作 第2シーズン、第7-13話
共同製作 第2シーズン、第1-6話
The PJs 共同製作 第2シーズン
1998 Soldier of Fortune 企画コンサルタント 第2シーズン
Sister, Sister 共同製作 第4シーズン
1997
1996 Flipper 共同製作 第2シーズン
1995

脚本[編集]

番組 シーズン エピソード名 初回放送日 備考
2010 ボードウォーク・エンパイア 欲望の街
Boardwalk Empire
1 "A Return to Normalcy" 12 2010年12月5日
波紋
"The Ivory Tower"
2 2010年9月26日
禁酒法時代の幕開け
"Boardwalk Empire"
1 2010年9月19日
2007 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
The Sopranos
6 Part II 臨海
"The Second Coming"
19 2007年5月20日
孤独
"Walk Like a Man"
17 2007年5月6日
厄災
"Remember When"
15 2007年4月22日
末期
"Stage 5"
14 2007年4月15日
2006 6 Part I 調和
"Kaisha"
12 2006年6月4日 デヴィッド・チェイスマシュー・ワイナーと共同
聖者
"The Ride"
9 2006年5月7日
真偽
"Live Free or Die"
6 2006年4月16日 デヴィッド・チェイスロビン・グリーンミッチェル・バージェスと共同
祝宴
"Mr. & Mrs. John Sacrimoni Request..."
5 2006年4月9日
錯乱
"Members Only"
1 2006年3月12日
2004 5 引鉄
"Long Term Parking"
12 2004年5月23日
古傷
"Unidentified Black Males"
9 2004年5月2日 マシュー・ワイナーと共同
追憶
"In Camelot"
7 2004年4月19日
紛糾
"Two Tonys"
1 2004年3月7日 デヴィッド・チェイスと共同
2002 4 決裂
"Eloise"
12 2002年12月1日
予兆
"Calling All Cars"
11 2002年11月24日 原案: ウィンター、デヴィッド・チェイス、ロビン・グリーン、ミッチェル・バージェス
脚本: デヴィッド・フレボッティ、チェイス、グリーン、バージェス
抹殺
"The Strong, Silent Type"
10 2002年11月17日 ロビン・グリーンミッチェル・バージェスと共同
代償
"Mergers And Acquisitions"
8 2002年11月3日 原案
告白
"Watching Too Much Television"
7 2002年10月27日 ニック・サントラと共同
暗殺
"The Weight"
4 2002年10月6日
拘束
"No Show"
2 2002年9月22日 デヴィッド・チェイスと共同
2001 3 逃亡
"Pine Barrens"
11 2001年5月6日
非情
"University"
6 2001年4月1日 サルヴァトーレ・J・スタービルと共同
制裁
"Another Toothpick"
5 2001年3月25日
2000 2 軟禁
"House Arrest"
11 2000年3月26日
困惑
"Big Girls Don't Cry"
5 2000年2月13日
1998 Dr.マーク・スローン
Diagnosis Murder
6 "Till Death Do Us Part" 3 1998年10月1日
1998 ジーナ
Xena: Warrior Princess
3 "Vanishing Act" 20 1998年4月27日
1997 Sister, Sister 4 "Bring on Debate" 12 1997年1月8日
1996 ジーナ
Xena: Warrior Princess
2 "The Giant Killer" 3 1996年10月14日
Sister, Sister 4 "Kid-napped" 6 1996年10月9日
フリッパー
Flipper
1 "Missile Crisis" 13 1996年1月22日 アリソン・アドラーと共同
1995 ジーナ
Xena: Warrior Princess
1 "Cradle of Hope" 4 1995年9月25日
The Great Defender 1 "Def Poets Society" 4 1995年7月24日
The Cosby Mysteries 1 "Goldilocks" 17 1995年4月5日 リー・ゴールドバーグウィリアム・ラブキンと共同
"Big Brother is Watching" 15 1995年3月15日

監督[編集]

番組 シーズン エピソード名 初回放送日 備考
2007 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
The Sopranos
6 Part II 孤独
"Walk Like a Man"
17 2007年5月6日

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.hbo.com/sopranos/episode/season6/episode82.shtml
  2. ^ 2008 Writers Guild Awards Television & Radio Nominees Announced”. WGA (2007年). 2007年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月13日閲覧。
  3. ^ Perry, Byron (2007年12月12日). “WGA announce TV, radio nominees”. Variety. オリジナルの2012年12月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20121204181647/http://www.variety.com/awardcentral#TheWireHBO 2007年12月13日閲覧。 
  4. ^ HBO tops WGA awards list with five noms”. The Hollywood Reporter (2007年). 2008年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月13日閲覧。
  5. ^ "Boardwalk Empire". Martin Scorsese, Writ. Terence Winter. Boardwalk Empire. HBO. 9/19/2010放送. 1回,シーズン1.
  6. ^ "The Ivory Tower". Tim Van Patten, Writ. Terence Winter. Boardwalk Empire. HBO. 9/26/2010放送. 2回,シーズン1.
  7. ^ "A Return to Normalcy". Tim Van Patten, Writ. Terence Winter. Boardwalk Empire. HBO. 12/5/2010放送. 12回,シーズン1.
  8. ^ |url=アーカイブされたコピー”. 2012年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月11日閲覧。 |title=Television Nominations
  9. ^ |url=http://www.goldenglobes.org/nominations/%7Ctitle=Golden Globe Nominations and Winners

外部リンク[編集]