ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』(The Sopranos)は、HBO製作のアメリカ合衆国のテレビドラマ。同局の大人向け看板番組。1999年から2007年にかけて全6シリーズ86話で完結し日本では、WOWOWで放送された。また、スーパー!ドラマTVでも放送されている。

概要[編集]

ストレス社会に生きるイタリア系マフィアのボスとその周囲の人々の人間模様を描いたテレビドラマである。マフィアを時に生々しく、時にユーモラスに描き、バイオレンス、過激なセリフ、性描写によって全米では子供の視聴を禁じる成人指定になった。ニュージャージー州を実際に仕切っているデカヴァルカンテ一家DeCavalcante crime family)がモデルとされ、主人公のトニーはヴィンセント・"ヴィニー・オーシャン"・パレルモを元にしたとされている。

裏社会の過激なドラマが描かれる一方で、夫婦や親子など家族のリアルで複雑な人間模様が展開することやこのドラマの1話あたりの制作費に2億円をかけ従来のハリウッド方式に従わず、物語の舞台であるニュージャージーで撮影を敢行して本物の空気、迫力を表現した。このことからマスコミから現代的でリアル、そしてより多くのテーマを扱っていると絶賛され高い視聴率を得た。6シーズンというロングランヒット、2007年で最終回を迎えた。

また、放送開始以来、エミー賞を96個のノミネート、通算17回受賞した。しかも2004年には、ネットワーク局以外のチャンネルが初めてシリーズ作品賞を受賞している。

あらすじ[編集]

主人公、アンソニー・ソプラノ(通称、トニー)は、ニュージャージーを縄張りとしたマフィア、ソプラノファミリーの初代ボスジョニー・ソプラノの長男。血筋も実力も十分にあるMafioso(マフィア)であるが、欠点もあった。ごくたまにではあるが医学的には解明出来ない原因不明のパニック症候群に悩まされ、隣人でありファミリードクターであるDr.クザマーノの勧めで精神科医に通いだすことからストーリーは始まる。

トニーは最初は警戒心を働かせながらも、精神科医とのセラピーの中で徐々に自分自身の悩みや生い立ちを話していく。そのひとつとしてRICO ACT(日本で言う暴対法)から来るプレッシャーを話し始める。『ゴッドファーザー』や『グッドフェローズ』といった映画で見られるマフィアの華やかな時代とは違い、RICO法が施行されてからはどんな小さな犯罪もしくじればFBIのターゲットになってしまい、長い懲役が待っている。またFBIは次々と平気で司法取引を強行し、トニーの同業者に盗聴器を身に付けさせマフィアの力を削いでいく。

トニーの悩みは本業にとどまらず、実の母の一風変わった性格やわがままのせいで多くの問題が生まれる。また、カトリックで古く保守的な考えを持ったトニーにとって家族は彼のすべてであり、父親としては精一杯のことをしようというスタンスを持っていることもあり、教養のある精神科医に真剣に家族との関係についても相談する。

そんな悩み多きトニーではあるが、それでもマフィアのサラブレッドとして生まれ育ち、四十代前半にして豪邸を持ち、父や叔父よりも財政的にもはるかに上回っており、リーダーシップもあり実質上ボスとして周りには信頼されている。しかし、表向きにはCAPO(キャプテン=幹部の一人)として、FBI対策にも万全を期している狡猾さも持ち合わせている。

登場人物[編集]

※右はシーズン1のソフト版のみの日本語吹替えキャスト

ソプラノ家[編集]

トニー・ソプラノ
演 - ジェームズ・ガンドルフィーニ、日本語吹替 - 池田勝 / 渡瀬恒彦
主人公でマフィアのボス。ストレスと悩みで精神科にカウンセリングを受ける。ニューヨークとは友好関係を保っている他、議員ともコネがあるなど顔は広い。カウンセリングのきっかけが庭のプールに住み着いていた鴨が飛び立ってしまったという事であり、動物が好き。
カーメラ・ソプラノ
演 - イーディ・ファルコ、日本語吹替 - 藤生聖子 / 野沢由香里
トニーの妻。ソプラノ家を支える妻だが子育てや夫との関係でストレスを抱えている。
メドウ・ソプラノ
演 - ジェイミー・リン・シグラー英語版、日本語吹替 - 大原さやか / 小島幸子
ソプラノ家の長女で成績は優秀の優等生だったが・・・。
アンソニー・ソプラノ・ジュニア
演 - ロバート・アイラー英語版、日本語吹替 - 石田彰 / 喜田あゆ美
ソプラノ家の長男でメドウの弟。通称「AJ」。悪ガキで学校の成績も悪い。
コラード・ソプラノ・ジュニア
演 - ドミニク・チアニーズ英語版、日本語吹替 - 塚田正昭 / 石森達幸
トニーの叔父。通称「アンクル・ジュニア」。偏屈な性格でトニーとよく揉める。
ジャニス・ソプラノ
演 - アイダ・タトゥーロ
トニーの姉。トラブルメーカーであり、トニーの頭痛の種の一つ。
リヴィア・ソプラノ
演 -ナンシー・マーシャン、日本語吹替 - 瀬畑奈津子 /
トニーの母。認知症のせいか偏屈な性格で、トニーたちと折り合いが悪い。
バーバラ・ギグリオーネ
演 - ニコール・バーデット、ダニエル・ディベッキオ
トニーの妹。
ジョニー・ソプラノ
演 - ジョセフ・シラヴォ
トニーの父親。故人のため回想でのみ登場する。

ソプラノ・ファミリー[編集]

シルヴィオ・ダンテ
演 - スティーヴン・ヴァン・ザント、日本語吹替 - 楠大典 / 廣田行生
トニーの右腕で彼の相談役。トニーたちが溜まり場にしているストリップクラブ「Bada Bing!」のオーナー。
ポーリー・ガルティエリ
演 - トニー・シリコ、日本語吹替 - 諸角憲一 / 稲葉実
通称「ウォルナット」。ファミリーの幹部。融通の利かない堅物で、よくクリスと衝突する。
クリス・モルティサンティ
演 - マイケル・インペリオリ、日本語吹替 - 加藤亮夫 / 大川透
トニーの甥。血の気が多く先走った行動が多い。早く正式なメンバーになりたい。
ビッグ・プッシー・ボンペンシエロ
演 - ヴィンセント・パストーレ、日本語吹替 - 乃村健次 / 北川勝博
トニーの幼馴染で、ファミリーのメンバー。FBIとの内通疑惑がある。
ジャッキー・アプリール
演 - マイケル・リスポリ
トニーの幼馴染で前ボス。シリーズ序盤に癌で死去する。
リッチー・アプリール
演 - デヴィッド・プローヴァル
ジャッキーの兄。トニーのゴミ回収事業を利用してコカインを捌き、彼と対立する。
ボビー・バカラ
演 - スティーヴン・R・シリッパ
アンクル・ジュニアの世話役で、ジュニアの自宅軟禁中は彼の世話をしていた。
フリオ・ジュンタ
演 - フェデリコ・カステルッチオ
トニーがナポリから呼び寄せた兵隊。トニーの運転手も勤めている。
ラルフィ・シファレット
演 - ジョー・パントリアーノ
遊歩道の工事を仕切っている組織の稼ぎ頭。トラブルメーカーで、トニーには幹部の器ではないと思われている。
パッツィ・パリシ
演 - ダン・グリマルディ
もともとはジュニアの部下だったが、トニーに引き抜かれる。
ヴィト・スパタフォーレ
演 - ジョセフ・R・ガナスコーリ
ラルフィの部下。後に出世するが、ゲイ疑惑が浮上する。
ユージーン・ポンテコルヴォ
演 - ロバート・フナーロ
ラルフィの部下。ヴィトの同格として登場。
ベニー・ファジオ
演 - マックス・カセラ
組織の準構成員。クリスの仲間。
ジジ・セストーネ
演 - ジョン・フィオーレ
幹部になった直後に心臓発作で死ぬ。
カルロ・ジェルヴァーシ
演 - アーサー・J・ナスカレッラ
組織の幹部。後に組合を仕切る。
ラリー・バリーシ
演 - トニー・ダロウ
組織の幹部。シーズン1の最後に逮捕される。
レイモンド・クート
演 - ジョージ・ロロス
幹部。FBIと内通している。
フィーチ・ラマンナ
演 - ロバート・ロッジア
80年代の一斉検挙で逮捕された一人。70年代は大物で街の顔役だった。
アルバート・バリーシ
演 - リチャード・マルドーネ
ラリーのいとこ。彼が逮捕された後はクルーの代理幹部を務める。
リトル・ポーリー・ゲルマーニ
演 - カール・カポトート
ポーリーの甥。あまり気の強い方ではない。
マイキー・パルミーシ
演 - アル・サピエンザ
ジュニアの相談役だったが、失敗したトニー暗殺計画の落とし前として始末される。
ジミー・アルティエリ
演 - ジョー・バダルコ
幹部。FBIと内通していたためシルヴィオとクリスに始末される。
ジェームズ・ザンコーネ
演 - レニー・ヴェニート
通称「マーマー」。クリスにくっついている組織の舎弟。
トニー・ブランデット
演 - スティーヴ・ブシェミ、日本語吹替 - 多田野曜平
トニーの従兄弟。通称「トニーB」。80年代の一斉検挙で逮捕された一人。出所後は堅気になろうとしている。

ルパータッチ・ファミリー[編集]

ジョン・サクリモーニ
演 - ヴィンセント・カラトーラ
通称「ジョニー・サック」。ニューヨークの幹部。ニュージャージーとの橋渡し的役割を担っており、トニーとの関係も深い。
カーマイン・ルパータッチ
演 - トニー・リップ
ニューヨークのボス。ニュージャージーとは長年に渡り友好関係を築いてきた。
リトル・カーマイン・ルパータッチ
演 - レイ・アブルッツォ
カーマインの息子。フロリダで商売をしている。トニーには友好的な面が多い。
フィル・レオタルド
演 - フランク・ヴィンセント
80年代の一斉検挙で逮捕された一人。出所後はトニーたちと揉め、敵対関係に。
ビリー・レオタルド
演 - クリス・カルドヴィーノ
フィルの弟。いつも兄にくっついて歩いているチンピラ。
ジミー・ペトリール
演 - ヴィニー・ヴェラ
ジョニー・サックの相談役。
アンジェロ・ガレペ
演 - ジョー・サントス
80年代の一斉検挙で逮捕された一人。トニーBのムショ仲間で、彼を息子のように慕っている。
ラスティ・ミリオ
演 - フランキー・ヴァリ
ニューヨークの幹部。
ジョセフ・ペパレーリ
演 - ジョー・マルッゾ
通称「ジョー・ピープス」。ジョニーの手下で彼が目をかけている。
ドク・サントロ
演 - ダニエル・コンテ
ニューヨークの幹部。
ジェリー・トチアーノ
演 - ジョン・ビアンコ
フィルの部下。
ブッチ・デ・コンチーニ
演 - グレッグ・アントナッチ
フィルの部下。ギョロっとした目が特徴。

その他[編集]

ジェニファー・メルフィ
演 - ロレイン・ブラッコ、日本語吹替 - 永井美奈子風間舞子 / 唐沢潤
精神科女医でトニーのカウンセラー。トニーを診察するうちに自分でもカウンセラーにかかるようになってしまう。
アドリアーナ・ラセルヴァ
演 - ドレア・ド・マッテオ、日本語吹替 - 桜澤凛 /
クリスの恋人。後にクリスが借金のカタに奪った店を任されるが、そこでの麻薬売買が原因でFBIに目をつけられる。
アーティ・ブッコ
演 - ジョン・ヴィンティミリア
トニーの幼馴染。イタリアンレストラン「ベスビオ」を経営している。
シャーメイン・ブッコ
演 - キャサリン・ナルドゥッチ
アーティの妻。トニーたちマフィアが店に出入りする事を快く思っていない。
ハーマン・ラブキン
演 - ジェリー・アドラー
通称「ヘッシュ」。トニーの父の代からの相談役だが、ユダヤ人なので正式な組員ではない。
ロザリー・アプリール
演 - シャロン・アンジェラ
ジャッキーの妻。カーメラとは仲良し。
ジャッキージュニア・アプリール
演 - ジェイソン・セルボーン
ジャッキーの息子。父親は彼が堅気になる事を望んでいたが、本人はチンピラたちとつるんでいる。
ガブリエラ・ダンテ
演 - モーリーン・ヴァン・ザント
シルヴィオの妻。
ファーザー・フィル
演 - ポール・シュルツ
神父だが、人妻遊び(ただし肉体関係はなし)が好きでトニーたちからは影で貶されている。
ドワイト・ハリス
演 - マット・セルヴィット
FBI特別捜査官。アドリアーナの内通を担当。
グロリア・トリロ
演 - アナベラ・シオラ
メルフィのカウンセリングに来ている事でトニーと知り合う。自動車ディーラー勤め。
エリオット・カプファーバーグ
演 - ピーター・ボグダノヴィッチ
メルフィのカウンセラー。メルフィが抱えるマフィアの患者に興味津々。

エピソード一覧[編集]

シーズン一覧[編集]

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
1 13 1999年1月10日 (1999-01-10) 1999年4月4日 (1999-4-4)
2 13 2000年1月16日 (2000-01-16) 2000年4月9日 (2000-4-9)
3 13 2001年3月4日 (2001-03-04) 2001年5月20日 (2001-5-20)
4 13 2002年9月15日 (2002-09-15) 2002年12月8日 (2002-12-8)
5 13 2004年3月7日 (2004-03-07) 2004年6月6日 (2004-6-6)
6: Part 1 12 2006年3月12日 (2006-03-12) 2006年6月4日 (2006-6-4)
6: Part 2 9 2007年4月8日 (2007-04-08) 2007年6月10日 (2007-6-10)
トータル 86 1999年1月10日 (1999-01-10) – 2007年6月10日 (2007-6-10)

シーズン1 (1999年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日
1 1 家族 The Sopranos David Chase 1999年1月10日 (1999-01-10)
2 2 受難 46 Long ダン・アティアス 1999年1月17日 (1999-01-17)
3 3 報復 Denial, Anger, Acceptance Nick Gomez 1999年1月24日 (1999-01-24)
4 4 秘密 Meadowlands John Patterson 1999年1月31日 (1999-01-31)
5 5 真相 Pink Cupcakes Allen Coulter 1999年2月7日 (1999-02-07)
6 6 悪夢 Pax Soprana アラン・テイラー 1999年2月14日 (1999-02-14)
7 7 宿命 Down Neck Lorraine Senna Ferrara 1999年2月21日 (1999-02-21)
8 8 伝説 The Legend of Tennessee Moltisanti ティム・ヴァン・パタン 1999年2月28日 (1999-02-28)
9 9 露見 Boca Andy Wolk 1999年3月7日 (1999-03-07)
10 10 標的 A Hit Is a Hit Matthew Penn 1999年3月14日 (1999-03-14)
11 11 殺意 Nobody Knows Anything Henry J. Bronchtein 1999年3月21日 (1999-03-21)
12 12 幻想 Isabella Allen Coulter 1999年3月28日 (1999-03-28)
13 13 憎悪 I Dream of Jeannie Cusamano John Patterson 1999年4月4日 (1999-04-04)

シーズン2 (2000年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日
14 1 再生 Guy Walks into a Psychiatrist's Office... Allen Coulter 2000年1月16日 (2000-01-16)
15 2 拒絶 Do Not Resuscitate Martin Bruestle 2000年1月23日 (2000-01-23)
16 3 野望 Toodle Fucking-Oo リー・タマホリ 2000年1月30日 (2000-01-30)
17 4 取引 Commendatori ティム・ヴァン・パタン 2000年2月6日 (2000-02-06)
18 5 困惑 Big Girls Don't Cry ティム・ヴァン・パタン 2000年2月13日 (2000-02-13)
19 6 賭博 The Happy Wanderer John Patterson 2000年2月20日 (2000-02-20)
20 7 選択 D-Girl Allen Coulter 2000年2月27日 (2000-02-27)
21 8 銃撃 Full Leather Jacket Allen Coulter 2000年3月5日 (2000-03-05)
22 9 生還 From Where to Eternity Henry J. Bronchtein 2000年3月12日 (2000-03-12)
23 10 証人 Bust Out John Patterson 2000年3月19日 (2000-03-19)
24 11 軟禁 House Arrest ティム・ヴァン・パタン 2000年3月26日 (2000-03-26)
25 12 絶望 The Knight in White Satin Armor Allen Coulter 2000年4月2日 (2000-04-02)
26 13 暗示 Funhouse John Patterson 2000年4月9日 (2000-04-09)

シーズン3 (2001年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
27 1 盗聴 Mr. Ruggerio's Neighborhood Allen Coulter 2001年3月1日 (2001-03-01) 1,126
28 2 禁忌 Proshai, Livushka ティム・ヴァン・パタン 1,135
29 3 儀式 Fortunate Son Henry J. Bronchtein 2001年3月11日 (2001-03-11) 837
30 4 衝動 Employee of the Month John Patterson 2001年3月18日 (2001-03-18) 796
31 5 制裁 Another Toothpick ジャック・ベンダー 2001年3月25日 (2001-03-25) 740
32 6 非情 University Allen Coulter 2001年4月1日 (2001-04-01)
33 7 共犯 Second Opinion ティム・ヴァン・パタン 2001年4月8日 (2001-04-08) 921
34 8 蠱惑 He Is Risen Allen Coulter 2001年4月15日 (2001-04-15) 860
35 9 密会 The Telltale Moozadell ダン・アティアス 2001年4月22日 (2001-04-22) 864
36 10 亡霊 ...To Save Us All from Satan's Power ジャック・ベンダー 2001年4月29日 (2001-04-29) 844
37 11 逃亡 Pine Barrens スティーヴ・ブシェミ 2001年5月6日 (2001-05-06) 879
38 12 破滅 Amour Fou ティム・ヴァン・パタン 2001年5月13日 (2001-05-13) 581
39 13 決断 Army of One John Patterson 2001年5月20日 (2001-05-20) 946

シーズン4 (2002年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
40 1 接触 For All Debts Public and Private Allen Coulter 2002年9月15日 (2002-09-15) 1,343
41 2 拘束 No Show John Patterson 2002年9月22日 (2002-09-22) 1,121
42 3 決意 Christopher ティム・ヴァン・パタン 2002年9月29日 (2002-09-29) 1,097
43 4 暗殺 The Weight ジャック・ベンダー 2002年10月6日 (2002-10-06) 1,067
44 5 憔悴 Pie-O-My Henry J. Bronchtein 2002年10月13日 (2002-10-13) 976
45 6 後悔 Everybody Hurts スティーヴ・ブシェミ 2002年10月20日 (2002-10-20) 1,046
46 7 告白 Watching Too Much Television John Patterson 2002年10月27日 (2002-10-27) 972
47 8 代償 Mergers and Acquisitions ダン・アティアス 2002年11月3日 (2002-11-03) 1,097
48 9 芝居 Whoever Did This ティム・ヴァン・パタン 2002年11月10日 (2002-11-10) 983
49 10 抹殺 The Strong, Silent Type アラン・テイラー 2002年11月17日 (2002-11-17) 1,068
50 11 予兆 Calling All Cars ティム・ヴァン・パタン 2002年11月24日 (2002-11-24) 1,112
51 12 決裂 Eloise James Hayman 2002年12月1日 (2002-12-01) 1,107
52 13 評決 Whitecaps John Patterson 2002年12月8日 (2002-12-08) 1,248

シーズン5 (2004年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
53 1 紛糾 Two Tonys ティム・ヴァン・パタン 2004年3月7日 (2004-03-07) 1,343
54 2 帰還 Rat Pack アラン・テイラー 2004年3月14日 (2004-03-14) 1,214
55 3 禁圧 Where's Johnny? John Patterson 2004年3月21日 (2004-03-21) 997
56 4 対立 All Happy Families... ロドリゴ・ガルシア 2004年3月28日 (2004-03-28) 1,011
57 5 接近 Irregular Around the Margins Allen Coulter 2004年4月4日 (2004-04-04) 969
58 6 背徳 Sentimental Education ピーター・ボグダノヴィッチ 2004年4月11日 (2004-04-11) 993
59 7 追憶 In Camelot スティーヴ・ブシェミ 2004年4月18日 (2004-04-18) 908
60 8 暗躍 Marco Polo John Patterson 2004年4月25日 (2004-04-25)
61 9 古傷 Unidentified Black Males ティム・ヴァン・パタン 2004年5月2日 (2004-05-02) 896
62 10 激情 Cold Cuts マイク・フィギス 2004年5月9日 (2004-05-09) 848
63 11 訃音 The Test Dream Allen Coulter 2004年5月16日 (2004-05-16) 953
64 12 引鉄 Long Term Parking ティム・ヴァン・パタン 2004年5月23日 (2004-05-23) 950
65 13 永訣 All Due Respect John Patterson 2004年6月6日 (2004-06-06) 1,098

シーズン6 (2006年 - 2007年)[編集]

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
Part 1
66 1 錯乱 Members Only ティム・ヴァン・パタン 2006年3月12日 (2006-03-12) 947
67 2 昏睡 Join the Club デヴィッド・ナッター 2006年3月19日 (2006-03-19) 918
68 3 重責 Mayham ジャック・ベンダー 2006年3月26日 (2006-03-26) 890
69 4 生命 The Fleshy Part of the Thigh アラン・テイラー 2006年4月2日 (2006-04-02)
70 5 祝宴 Mr. & Mrs. John Sacrimoni Request... スティーヴ・ブシェミ 2006年4月9日 (2006-04-09) 858
71 6 真偽 Live Free or Die ティム・ヴァン・パタン 2006年4月16日 (2006-04-16) 794
72 7 斜陽 Luxury Lounge Danny Leiner 2006年4月23日 (2006-04-23) 850
73 8 未遂 Johnny Cakes ティム・ヴァン・パタン 2006年4月30日 (2006-04-30) 854
74 9 聖者 The Ride アラン・テイラー 2006年5月7日 (2006-05-07) 850
75 10 苦悩 Moe n' Joe Steve Shill 2006年5月14日 (2006-05-14) 766
76 11 感傷 Cold Stones ティム・ヴァン・パタン 2006年5月21日 (2006-05-21) 764
77 12 調和 Kaisha アラン・テイラー 2006年6月4日 (2006-06-04) 842
Part 2
78 13 波紋 Soprano Home Movies ティム・ヴァン・パタン 2007年4月8日 (2007-04-08) 766
79 14 末期 Stage 5 アラン・テイラー 2007年4月15日 (2007-04-15) 740
80 15 厄災 Remember When Phil Abraham 2007年4月22日 (2007-04-22) 685
81 16 窮塞 Chasing It ティム・ヴァン・パタン 2007年4月29日 (2007-04-29) 716
82 17 孤独 Walk Like a Man Terence Winter 2007年5月6日 (2007-05-06) 720
83 18 葬送 Kennedy and Heidi アラン・テイラー 2007年5月13日 (2007-05-13) 650
84 19 臨海 The Second Coming ティム・ヴァン・パタン 2007年5月20日 (2007-05-20) 730
85 20 血戦 The Blue Comet アラン・テイラー 2007年6月3日 (2007-06-03) 802
86 21 哀愁 Made in America David Chase 2007年6月10日 (2007-06-10) 1,190

トリビア[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]